なんまいしゃん

公開日: 不思議な体験

エアコン(フリー写真)

これは父親から聞いた、自分が子供の頃に体験した話。

自分が3歳の時、四十度以上の高熱を出したらしい。

その時、深夜23時50分頃。

熱に魘されて布団に寝ていた俺が突然飛び起き、エアコンの方向を指差して、

「そこになんまいしゃんがいる」

と言い出したらしい。

ちなみに『なんまいしゃん』とは、子供の頃に自分が言っていた幼児言葉で

『ナンマイダ→ナンマイさん→なんまいしゃん』

と、仏様を表していたみたい。

両親は、

「どこに居るんだ?」

とその方向を見るが、何も見えない。

しかし自分はずっと、

「なんまいしゃん、なんまいしゃん、なんまいしゃん」

と、手を合わせて拝んでいたらしい。

それが治まって10分程経った頃、突然電話が鳴る。

こんな時間に何だと取ってみると、父親の姉からで、

「息子が釣りに行って帰ってこない」

と言う。

この時ばかりは両親はゾッとしたそうな。

すぐさま親父や親戚一同が海に行き、海上保安庁や消防団と共に探したが、従兄弟は見つからなかった。

結局3ヶ月後、自分の居る長崎から遙か離れた四国の方に遺体が揚がり、ポケットに入っていた免許証から身元が判明したらしい。

どうも海流の流れに乗ってそこまで行ったそうだ。

余談だが、どうももうすぐ亡くなる人には、魚は釣れないらしいね。

従兄弟と共に釣りをしていた人は沢山釣れたが、従兄弟は全然釣れなかったらしい。

結局その人は先に帰り、魚の釣れない従兄弟がそのまま残って、そんな悲劇になったのだが…。

関連記事

真っ白ノッポ

俺が毎日通勤に使ってる道がある。田舎だから交通量は大したことないし、歩行者なんて一人もいない、でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。高校時代から27歳になる現在まで…

山の神様

俺が体験した不思議な話。母方の実家は山奥の大きな家なんだが、今その家には祖父母と叔父叔母と従兄弟(40近いおっさん)が住んでいる。うちからは少し遠いこともあって、なかな…

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。大抵の場合、じっとしてい…

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に「イトウって知ってる…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

隙間見た?

子供の頃に姉が、「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。今はもう剥げてきて…

切り株(フリー写真)

植物の気持ち

先日、次男坊と二人で、河原に蕗の薹を摘みに行きました。まだ少し時期が早かった事もあり、思うように収穫が無いまま、結構な距離を歩く羽目になってしまいました。視線を常に地べ…

夢(フリー素材)

神隠しの夢

もう10年以上前、俺が中学校の頃の話です。当時はしょっちゅう同じ夢を見ていまして。左右が田んぼの長い田舎道を、一人で歩いているんですよ。すると向こうの方から和服…