恋人との思い出

カップル(フリー素材)

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。

私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。

その時、隣に二人の女の子が座って来て「一緒にやってもいいですか?」と聞かれ、今までこんな事は無かったので少し驚きながらも一緒にゲームをしました。

そしてゲームが終わり、ナンパ目的ではなかったんですけど(金も全然なかったんで…)結局ナンパモードになり、上手いことカラオケに行って仲良くなりました。

家の方向も一緒らしいので、また遊ぼうとPHSの番号を交換し、その日はそのまま帰りました。

次の日、学校へ行くとKが「俺、昨日の娘好きになっちゃったよ」と相談を受けました。

俺もまんざらではなかったので早速「学校終わったら会おうよ!」と電話しました。

そして結構良い感じになってきて、それ以来は殆ど毎日遊ぶようになりました。

俺はすぐに俺のお目当ての娘と付き合い始めました。

Kも相当良い感じになってきて、4人で会う事より2人で会う事の方が多くなってきましたが、凄く楽しい日々でした!

ある時、4人で遊園地へ行く約束をして、結構楽しみにしていました。

でもKの相手の方から「私たち行けない」というメールが入り、理由が解らなかったので電話をしてみると、

「この番号は現在使われておりません」

とのメッセージが流れてきました。

ほんの数分前までメールしていた電話がいきなり加入者無し!

これはマジでビックリしました…。

それでKが相手の実家の番号を緊急のために聞いていたので掛けてみると、お父さんが出ました。

「○○さんの友達のKと申しますが、PHSが繋がらないので…」

と言うとお父さんが急に怒り始めたらしく、Kが困った表情になってきました。

それからどんどん顔色が悪くなってきて、

「で!でも俺達は…」

と、いきなり自分達の出会いから関係までをお父さんにべらべらと喋り始めました。

俺はおかしいなと思いながらも電話が終わるのを待ち、詳しく話を聞いてみると、俺の彼女もKの彼女も2ヶ月前に水難事故で亡くなっているとの事でした。

俺もKもそんな話ははっきり言って信じられなかったので、その時に聞いた住所に行って確かめてみました。俺の彼女の家にも行きました。

本当にもう居ませんでした。俺達が知り合う一ヶ月も前に亡くなっていました…。

俺の彼女の実家にも行き、お母さんに俺のPHSの履歴やメールを見せると、泣きながら最後のメールを見て

「この日に私が解約しに行ったんです」

と言ってくれました。

私もぼろ泣きでした…。

不思議と怖いという感情は無かったです。ただ辛くて切なくて…。

Kと二人で彼女達の事故現場へ行き、二人で無言で泣いてしまいました。

彼女は何かある度に涙を見せたり、ヤキモチを妬いたりと、今思い出しても本当に大好きでした…。

俺達は普通の恋人のように手も繋げば、キスも何度もしました。本当に普通の恋人のように…。

もっと前に彼女と知り合いたかったです。こんな形ではなく…。

これは俺とKと二人の不思議な体験です。

高校時代の大切な思い出でもあります…。

何だか怖くない話になりましたが、後にも先にも不思議な体験はこれしかありません。

関連記事

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。 当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。 ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。 広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。 そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。 その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。 疲れていたのですぐ寝入るこ…

神に愛されるということ

私は占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。 「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず…

高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ。 6人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。 そしたら寝落ちした奴の枕元に女が居んの。枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。 …

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。 当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。 市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。 先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。 最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…

山道(フリー写真)

出られなくなる山道

車好きの友人(Aとします)から聞いた話です。 G県のある山中に、夜間は通行禁止にされている山道があるそうです。 夜間通行禁止の理由として、 『明かりが全く無い上に見通…

シロ

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。 兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があ…

柿の木(フリー写真)

拝み屋の不思議な子

うちの母方の家系はいわゆる拝み屋。元は神社だったのだけど、人に譲ってから拝み屋をやっていた。 拝み屋と言っても儲からない。お金は取っちゃいけないから兼業拝み屋。 でもひいじ…