恋人との思い出

カップル(フリー素材)

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。

私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。

その時、隣に二人の女の子が座って来て「一緒にやってもいいですか?」と聞かれ、今までこんな事は無かったので少し驚きながらも一緒にゲームをしました。

そしてゲームが終わり、ナンパ目的ではなかったんですけど(金も全然なかったんで…)結局ナンパモードになり、上手いことカラオケに行って仲良くなりました。

家の方向も一緒らしいので、また遊ぼうとPHSの番号を交換し、その日はそのまま帰りました。

次の日、学校へ行くとKが「俺、昨日の娘好きになっちゃったよ」と相談を受けました。

俺もまんざらではなかったので早速「学校終わったら会おうよ!」と電話しました。

そして結構良い感じになってきて、それ以来は殆ど毎日遊ぶようになりました。

俺はすぐに俺のお目当ての娘と付き合い始めました。

Kも相当良い感じになってきて、4人で会う事より2人で会う事の方が多くなってきましたが、凄く楽しい日々でした!

ある時、4人で遊園地へ行く約束をして、結構楽しみにしていました。

でもKの相手の方から「私たち行けない」というメールが入り、理由が解らなかったので電話をしてみると、

「この番号は現在使われておりません」

とのメッセージが流れてきました。

ほんの数分前までメールしていた電話がいきなり加入者無し!

これはマジでビックリしました…。

それでKが相手の実家の番号を緊急のために聞いていたので掛けてみると、お父さんが出ました。

「○○さんの友達のKと申しますが、PHSが繋がらないので…」

と言うとお父さんが急に怒り始めたらしく、Kが困った表情になってきました。

それからどんどん顔色が悪くなってきて、

「で!でも俺達は…」

と、いきなり自分達の出会いから関係までをお父さんにべらべらと喋り始めました。

俺はおかしいなと思いながらも電話が終わるのを待ち、詳しく話を聞いてみると、俺の彼女もKの彼女も2ヶ月前に水難事故で亡くなっているとの事でした。

俺もKもそんな話ははっきり言って信じられなかったので、その時に聞いた住所に行って確かめてみました。俺の彼女の家にも行きました。

本当にもう居ませんでした。俺達が知り合う一ヶ月も前に亡くなっていました…。

俺の彼女の実家にも行き、お母さんに俺のPHSの履歴やメールを見せると、泣きながら最後のメールを見て

「この日に私が解約しに行ったんです」

と言ってくれました。

私もぼろ泣きでした…。

不思議と怖いという感情は無かったです。ただ辛くて切なくて…。

Kと二人で彼女達の事故現場へ行き、二人で無言で泣いてしまいました。

彼女は何かある度に涙を見せたり、ヤキモチを妬いたりと、今思い出しても本当に大好きでした…。

俺達は普通の恋人のように手も繋げば、キスも何度もしました。本当に普通の恋人のように…。

もっと前に彼女と知り合いたかったです。こんな形ではなく…。

これは俺とKと二人の不思議な体験です。

高校時代の大切な思い出でもあります…。

何だか怖くない話になりましたが、後にも先にも不思議な体験はこれしかありません。

関連記事

手伝うよ

私が通学する駅は自殺の多い駅だ。そのせいか、電車の急停止が多い。急停止が多いあまり、学校や会社に遅れても「電車が」「自殺があって」と言えば遅刻扱いにならず、受験は余った…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…

ザキか?

ザキか? ザキなのか?実話です。小学生の時、友達の先輩に、ザキを使える人がいたらしいです。本人も怖くて封印しているそうなんですが、その友達が夕方先輩の家に遊びに行った時…

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…