恋人との思い出

カップル(フリー素材)

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。

私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。

その時、隣に二人の女の子が座って来て「一緒にやってもいいですか?」と聞かれ、今までこんな事は無かったので少し驚きながらも一緒にゲームをしました。

そしてゲームが終わり、ナンパ目的ではなかったんですけど(金も全然なかったんで…)結局ナンパモードになり、上手いことカラオケに行って仲良くなりました。

家の方向も一緒らしいので、また遊ぼうとPHSの番号を交換し、その日はそのまま帰りました。

次の日、学校へ行くとKが「俺、昨日の娘好きになっちゃったよ」と相談を受けました。

俺もまんざらではなかったので早速「学校終わったら会おうよ!」と電話しました。

そして結構良い感じになってきて、それ以来は殆ど毎日遊ぶようになりました。

俺はすぐに俺のお目当ての娘と付き合い始めました。

Kも相当良い感じになってきて、4人で会う事より2人で会う事の方が多くなってきましたが、凄く楽しい日々でした!

ある時、4人で遊園地へ行く約束をして、結構楽しみにしていました。

でもKの相手の方から「私たち行けない」というメールが入り、理由が解らなかったので電話をしてみると、

「この番号は現在使われておりません」

とのメッセージが流れてきました。

ほんの数分前までメールしていた電話がいきなり加入者無し!

これはマジでビックリしました…。

それでKが相手の実家の番号を緊急のために聞いていたので掛けてみると、お父さんが出ました。

「○○さんの友達のKと申しますが、PHSが繋がらないので…」

と言うとお父さんが急に怒り始めたらしく、Kが困った表情になってきました。

それからどんどん顔色が悪くなってきて、

「で!でも俺達は…」

と、いきなり自分達の出会いから関係までをお父さんにべらべらと喋り始めました。

俺はおかしいなと思いながらも電話が終わるのを待ち、詳しく話を聞いてみると、俺の彼女もKの彼女も2ヶ月前に水難事故で亡くなっているとの事でした。

俺もKもそんな話ははっきり言って信じられなかったので、その時に聞いた住所に行って確かめてみました。俺の彼女の家にも行きました。

本当にもう居ませんでした。俺達が知り合う一ヶ月も前に亡くなっていました…。

俺の彼女の実家にも行き、お母さんに俺のPHSの履歴やメールを見せると、泣きながら最後のメールを見て

「この日に私が解約しに行ったんです」

と言ってくれました。

私もぼろ泣きでした…。

不思議と怖いという感情は無かったです。ただ辛くて切なくて…。

Kと二人で彼女達の事故現場へ行き、二人で無言で泣いてしまいました。

彼女は何かある度に涙を見せたり、ヤキモチを妬いたりと、今思い出しても本当に大好きでした…。

俺達は普通の恋人のように手も繋げば、キスも何度もしました。本当に普通の恋人のように…。

もっと前に彼女と知り合いたかったです。こんな形ではなく…。

これは俺とKと二人の不思議な体験です。

高校時代の大切な思い出でもあります…。

何だか怖くない話になりましたが、後にも先にも不思議な体験はこれしかありません。

関連記事

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

旅館での一夜

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

時空(フリー画像)

祖母のタイムスリップ体験

祖母が体験した不思議な話。まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出掛けたんだそうな。所々にバラック小屋が建っているだけの道を歩いていた時、急に辺りの様子が…

蛍(フリー写真)

赤ちゃんの声

何年前だったかは今はもう覚えていません。でも当時は凄く暑くて、扇風機を点けっ放しで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。熱帯夜というやつですね。暑いと本当に…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

病室

盛り塩

俺が足を怪我して入院していた時、俺より早くから入院していた奴と仲良くなった。ある日、消灯後に喫煙所でダベっていると「あ~、部屋帰りたくね~」と言う。俺と奴は病室が違う。…

オートロック

幽霊がいるって信じてないんだけど、一度だけ不思議な経験をしたことがある。今思ったら怖い体験なんだけど…。4年前、神戸に住んでいた時、警備会社でアルバイトしてた。大概夜勤…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。恐い場所だという先行イメージ…