時空の遭難者

東京ビックサイト

12月の中旬頃、私が『時空のおっさん』に関連すると思われる体験をした話をします。これは創作ではなく、確かに体験した実話です。

私はコスプレイヤーで、その日は友達と4人で地元のコスプレイベントに出掛けていました。会場は屋内と屋外を両方使えるようになっており、当日は大寒波で物凄く寒かったため、私たちは屋内で撮影を楽しんでいました。

お昼過ぎ、昼食をとることになり、私たち4人は受付へ向かいました。屋内では飲食禁止のため、外のテラスに出て昼食をとりました。友達はボーカロイドの併せに行くと言い、私は一人でテラスに残りました。

寒さにも慣れ、パックのジュースを飲みながら、レイヤーさんを眺めていました。しばらくして、写真を見ようと一眼レフを取り出しました。しかし、周りが異様に静かになっていることに気付きました。

近くにいたレイヤーさんもいなくなり、『みんな寒くて屋内に避難したのかな』と思いましたが、立ち上がると驚愕しました。空が緑色になっていたのです。全てが緑で、目の錯覚かと思いましたが、変わりませんでした。

あまりの非現実さに号泣しながら屋内に入りましたが、そこにも誰もいませんでした。椅子はさっきまで人が座っていたように動かされていて、更に恐怖を感じました。

こんなことがあるのかと思いながらスタッフルームへ向かうと、白いカーディガンに青いブラウスの女性が立っていました。右手首か二の腕に黄色い腕章を付けていて、サンバイザーを被っていました。

私が声を掛けると、女性は驚き、私に向かって「どうしたの!?何でここにいるの!」と言いました。女性は私をソファに座らせ、携帯で何やら話し始めました。「遭難者」「今年で6人目」と言っていて、私は混乱しました。

その後、女性は私の肩に手を当てた瞬間、目の前がバチッと弾けるような衝撃がありました。気が付くと、私は元いたテラスに座っていました。

友達は写真を撮っていて、私はその日の出来事を話すことができずにいました。後で友達に話してみると、「それ、時空のおっさんだよ!」と言われ、某掲示板のスレッドを教えてもらいました。友達は羨ましがりましたが、私にとってはただ怖い体験でした。

私が会ったのは時空のおっさんの仲間だったのかもしれません。美しい女性でした。

関連記事

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。 店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…

巨木(フリー写真)

巨木への道

この話は、俺が以前旅先で経験した事実に基づいて書かせて戴く。 N県の温泉へ車で2泊3日の旅行へ出かけた時の話。 移動の途中で『森の巨人たち100選』と書かれた標識が突如現れ…

担任が連れてきた女の子

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。 女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。 俺と母親が「…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。 オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。 東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

水の中の女

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。 当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。 薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。 私はその頃奇怪な体…

黒目

幼い頃の不可解な体験を書きます。 幼稚園に通っていたから4~6才の頃の記憶です。 小学校半ばまで住んでいたのは長屋みたいな建物で、小さな階段のある玄関が横並びに並んでました…

田舎の風景(フリー写真)

大きな馬

昭和50年前後の事です。 うちの祖父母が住んでいた家は、東京近郊の古い農家の家でした。農業は本職ではなく、借家でした。 敷地を円形に包むように1メートル程の高さの土が盛ら…

山遊び

子供の頃の話。 大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。 小学校が休みの日…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。 当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。 と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

地厄(じんやく)

今から25年前の小学3年生だった頃の話。 C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。 凄く明るくて元気一杯な女の子だったんで、こ…