不思議な預かり物

茶封筒

これは大学の先輩が体験した実話。

その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。

特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊していた。

受験するためなのになぜか2週間くらいの長期滞在だ。

ある日、試験を終えて試験会場からホテルに戻ると、フロントの人に呼び止められた。

フロント「A様でらっしゃいますよね」

先輩「はい。そうですが…」

フロント「実はA様宛に他のお客様よりお預かりものがあります」

先輩「えっ? 誰ですか、それ?」

フロント「さあ…他の従業員が対応しましたので判りかねます」

先輩は状況が理解できなかった。

なぜなら、実家の親以外は彼がこのホテルに宿泊していることは知らないはずなのだから。

先輩「人違いではないですか?」

フロント「いいえ。お客様はA様ですよね? でしたら間違いございません。確かにA様宛にお預かりしたものでございます」

先輩「他のAという名前の人ではないでしょうか?」

フロント「いえ、当ホテルでは現在A様という名前のお客様はあなた様だけですので」

先輩は訳が解らなかったが、取り敢えず自分宛だという謎の預かり物であるB5サイズの茶封筒を受け取った。

部屋に戻り、先輩は中身を開ける前に実家に電話してみた。

しかし当然実家の親はそんなもの知らないと言う。

やっぱり人違いでは…先輩はもう一度フロントに言いに行こうとしたが思い留まった。

先輩のA(ここでは名前は伏せるが)という名字は大変珍しい名前。

その名前で確かに届いていたのだから、他の誰かと間違うはずもない。

ついに恐る恐るその封筒を開いてみる。

すると中からは一枚のレポート用紙が出てきた。

そこにはサインペンで手書きの地図のようなものが描かれいた。

現在居るホテルから三つ先の駅から道が伸びており、簡略に描かれた道を順に辿って行くと…。

ある道の傍らに斜線で記された場所があり、そこに矢印がしてあって、その横に「ココ」と小さく書いてある。

封筒をもう一度覗くと、中には何やら家の鍵らしきものが一緒に同封されている。

先輩はもう完全に訳が解らない。

同時に物凄く恐くなり、その封筒に中身を戻すと、無理矢理フロントに押し返した。

もちろん、その地図の場所に行ってみようなんて気にはとてもなれない。

幸いにも受験校は翌々日の一校を残すのみであった。

しかしそのことが頭から離れず、試験に全く集中できなかったそうだ。

先輩はその試験を終えると、当初は東京見物をするためもう何泊かする予定であったが、それらをキャンセルして逃げるように沖縄に帰った。

実話だけにこれ以上のオチはありません。

でも、その先輩は今だにそのことは全くの謎であり、思い出しただけでも恐くなると言っています。

関連記事

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。 俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。 その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…

アケミくるな

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。 ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。 Sは仕事中だというのに…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。 川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。 15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

思い出のテトリス

祖母が亡くなった時の話。 祖父母4人の中で一番若い人で一番大好きな人だったから、ショックで数日経ってもまだ思い出しては泣いてた。 ある日の夕方、自室のベッドで横になってやっ…

ドアノブ

奇妙なセミナー

これは私が幼稚園の年長から小学校低学年の頃に体験した話です。 幼稚園年長の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えをさせられて車に乗せられた。 車は見た事もないような暗い裏道…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。 高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。 学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。 のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。 私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

心霊スポットの地下(長編)

6年位前、当時私がまだ十代だった時の事です。友人と私、それと2つ上の先輩の4人で深夜、地元で有名な心霊スポットに行くことになりました。 男4人で心霊スポット巡りと、なんともむさ苦…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。 俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

伊勢神宮参り(宮大工7)

オオカミ様のお社を修理し終わった後の年末。 親方の発案で親方とおかみさん、そして弟子達で年末旅行に行く事になった。 行き先は熱田神宮と伊勢神宮。 かなり遠い所だが、三…