不思議な預かり物

茶封筒

これは大学の先輩が体験した実話。

その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。

特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊していた。

受験するためなのになぜか2週間くらいの長期滞在だ。

ある日、試験を終えて試験会場からホテルに戻ると、フロントの人に呼び止められた。

フロント「A様でらっしゃいますよね」

先輩「はい。そうですが…」

フロント「実はA様宛に他のお客様よりお預かりものがあります」

先輩「えっ? 誰ですか、それ?」

フロント「さあ…他の従業員が対応しましたので判りかねます」

先輩は状況が理解できなかった。

なぜなら、実家の親以外は彼がこのホテルに宿泊していることは知らないはずなのだから。

先輩「人違いではないですか?」

フロント「いいえ。お客様はA様ですよね? でしたら間違いございません。確かにA様宛にお預かりしたものでございます」

先輩「他のAという名前の人ではないでしょうか?」

フロント「いえ、当ホテルでは現在A様という名前のお客様はあなた様だけですので」

先輩は訳が解らなかったが、取り敢えず自分宛だという謎の預かり物であるB5サイズの茶封筒を受け取った。

部屋に戻り、先輩は中身を開ける前に実家に電話してみた。

しかし当然実家の親はそんなもの知らないと言う。

やっぱり人違いでは…先輩はもう一度フロントに言いに行こうとしたが思い留まった。

先輩のA(ここでは名前は伏せるが)という名字は大変珍しい名前。

その名前で確かに届いていたのだから、他の誰かと間違うはずもない。

ついに恐る恐るその封筒を開いてみる。

すると中からは一枚のレポート用紙が出てきた。

そこにはサインペンで手書きの地図のようなものが描かれいた。

現在居るホテルから三つ先の駅から道が伸びており、簡略に描かれた道を順に辿って行くと…。

ある道の傍らに斜線で記された場所があり、そこに矢印がしてあって、その横に「ココ」と小さく書いてある。

封筒をもう一度覗くと、中には何やら家の鍵らしきものが一緒に同封されている。

先輩はもう完全に訳が解らない。

同時に物凄く恐くなり、その封筒に中身を戻すと、無理矢理フロントに押し返した。

もちろん、その地図の場所に行ってみようなんて気にはとてもなれない。

幸いにも受験校は翌々日の一校を残すのみであった。

しかしそのことが頭から離れず、試験に全く集中できなかったそうだ。

先輩はその試験を終えると、当初は東京見物をするためもう何泊かする予定であったが、それらをキャンセルして逃げるように沖縄に帰った。

実話だけにこれ以上のオチはありません。

でも、その先輩は今だにそのことは全くの謎であり、思い出しただけでも恐くなると言っています。

関連記事

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

DNA(フリー画像)

遺伝した記憶

数年前、実家で甥っ子や姪っ子たちとトトロを観ていた。「そういや、うちも昔はこんなお風呂だったよねぇ」と俺が言うと、何故か家族全員がきょとんとした顔をする。「ほら…

夜の病院(フリー背景素材)

深夜病棟の見廻り

3年程前の話です。私は地方の総合病院で看護師をしていました。準夜勤で消灯の準備をしていた時のことです。消灯の前には病室だけでなく、病棟全体を見廻る決まりでした。…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。途中、酒を買い求めて車を走らせる。渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

桜(フリー写真)

五回目の人生

俺には高校時代からの親友Aがいる。高校時代の当時、Aの自宅には、Aの従兄弟で大学生であるBさんが居候していた。Aの父親が、Aの大学受験の勉強を見てもらう事を条件に、地方…

チクリ

大学に通うために上京してすぐのことです。高田馬場から徒歩15分ほどにある家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。6畳でトイレ、キッチン付きだったので、その当時と…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

島

無人島の怪異

死んだ祖父さんが法事で酔っ払った時に聞いた話。祖父さんは若い頃、鹿児島で漁師をしていた。ベテラン漁師の船に乗せてもらいながら働いていて、毎日のように漁に出ていた。 …

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…