竹下通りの裏路地

279bb749

今から5年前、当時付き合っていた彼女と竹下通りへ買い物に出掛けました。

祭日だったと記憶しています。どこを見ても若者だらけで、快晴の空の下、人混みを避けながら買い物を楽しんでいました。

確か13時頃だと思います。僕は急にトイレに行きたくなりました。

しかし店内を見回してもトイレは無く、店を出て他で探そうと思い、彼女に

「トイレ行ってくるから、買い物が済んでもこの店から離れないでね」

と言い残してトイレを探しました。

なかなかトイレが見つからなかったので原宿駅まで行こうと歩いていると、建物と建物の間の壁に、赤いマジックで『トイレ→』と書いてありました。

その路地は幅が60センチ位で薄暗く、先を見ると10メートル程先は空地のようでした。

路地を進む途中で後ろを振り向くと、晴天の竹下通りを行き交う若者の姿が見えました。

空地に着くとトタンで建てたトイレがあり、その横には木の長椅子に座ってメンコをしている小学校低学年位の男の子が二人。髪型も服装も昭和40年代のスタイルです。

僕は不思議に思いながらもトイレに駆け込みました。

周りを見回すと、昔ながらの上部にタンクがあって長い鎖を引いて流すタイプのトイレが並んでいました。

取り敢えず用を済ませ、トイレから出ました。

すると、先程まで長椅子に座ってメンコ遊びをしていた少年二人の姿は無く、空地は静まり返っていました。

時間にして『トイレ→』の看板を発見してから15分位だったと思います。

不思議に思いながらも早く彼女の待つ店へと急ぎました。

店に着いて店内を見回しましたが、彼女はどこにも居ません。

僕は携帯で彼女の携帯に連絡しました。するといきなり凄い剣幕で怒っていました。

「あんたふざけないでよ!人を二時間以上待たせて!連絡もしないで…!」

一方的に携帯を切られました。

彼女は怒って自宅マンションに帰ってしまっていたのです。

僕は意味が解らずパニックになりました。

2時間以上…? 店内の時計を見ると、15時41分。確かに彼女言う通り二時間以上経っています。

しかし、僕の腕時計と携帯の時計は13時28分。

僕は寒気と冷や汗で気分が悪くなり、店の前のベンチで10分程休み、この状況を冷静に考えてみました。

路地に入って躓いて転び、頭を打って2時間気絶したかもしれないとか、彼女と買い物に出掛けた時から全て夢だったとか…。

色々な可能性を考えてみましたが、混乱するばかりで取り敢えず彼女のマンションに急ぎました。

マンションに着くと彼女は渋々玄関の扉を開けてくれました。中に入って彼女に一部始終の出来事を話しました。

最初ムッとしていた彼女も、次第に真剣に話を聞いてくれるようになり、都内の某大学病院の精神科へ行く事になりました。

僕自身もその方が少しは気が楽になると思ったからです。

しかし精神科の先生に話しても…。この出来事は第三者的に考えればおかしな話です。

結果、病名もはっきりせず、精神安定剤を貰って帰宅しました。

今では精神状態も落ち着き、彼女と結婚し平和に暮らしております。

精神科の先生に後で聞いた話ですが、今まで世界に僕と似たような経験をした人が6名居るみたいです。

珍しいので大学病院ではこの症状を研究材料としてデジタル化し、データ保存して密かに研究を続けているそうです。

思い起こすと、あの空地の風景と少年が着ていた服の色は、白黒に少しだけ着色したような感じで、少年の顔色も白に近いグレー色でした。

それに快晴のはずの空が、その空地では曇り空…。本当に不思議な一日でした。

死神の生まれ変わり

俺の昔からの友人がよく死体に遭遇する。 中学時代、一緒に海に遊びに行ったら水死体を見つけた。 その時、既に5回も人の死体を見たことがあったそうだ。 まあ、中学生男子は…

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。 日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。 私の住んでいる町は小さ…

庭に咲く花(フリー写真)

光る玉

私の母は私を産む前に二度流産しており、三度目(私)の時も、何度か駄目になりかけていたそうです。 妊娠4ヶ月頃の時も、やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、その時、庭で二人…

大学の廊下(フリー写真)

鏡に映る私

短い話で、特に面白くも怖くもないかもしれませんが、私が中学生の時に体験した事を話させてください。 私はN県の出身で、私が住んでいる街には地元では少し有名なカトリック系の女子大が…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。 祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。 そんな村にも地主が存在しており…

最強の姉

一年前から一人暮らしを始めて以来、不眠症が酷くなった。 数ヶ月前に姉が遊びに来て、「へー…ここ住んでるんだ。そうかそうかなるほどね」と変な言葉を残して帰って行った。 霊とか…

憩いの館

いなくなった犬猫が発見されることが、異常に多い廃屋があった。 廃屋と言っても街中にあってわりと小ぎれいな一軒家。別に荒らされいるわけでもない、古い造りのちょっと雰囲気ある家。 …

桜の木の神様

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。 住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。 子供が遊んでいることは滅多にない。と…

海(フリー写真)

海ボウズ

俺の爺ちゃんの話。 爺ちゃんは物心が付く頃には船に乗っていたという、生粋の漁師だった。 長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。 撮影何日か目に助手が怪我をした。 まだ予定枚数が撮れていないので、雪…