時間を超えた警告

時計

二ヶ月前、私が経験した奇妙な出来事をお話しします。夢だったのか現実だったのかは定かではありませんが、記憶に新しいその日の出来事をご紹介します。

ある日、私は朝10時に目を覚ました。大学の授業は9時半から始まっており、普段から遅刻がちの私にとって、この時間は焦るべき時ではなかったのです。私の家から大学までの距離はわずか3分。朝食を済ませ、いつものようにのんびりと準備を始め、結局大学に到着したのは10時24分でした。

しかし、大学内は人の姿がまったく見えませんでした。まるで全員が授業に出席しているかのような静けさで、私は「みんな真面目だな」と感心しながらも、異常な静寂に違和感を覚えました。

授業が行われているはずの教室に向かいましたが、そこにも誰一人いませんでした。授業の教室を間違えたのではないかと疑い、確認してみても、間違いはありませんでした。教室を出ようとしたその時、携帯電話が鳴りました。表示された発信者は「NO BODY」という英字。こんな表示は見たことがありません。何を思ったのか、私は電話に出てしまいました。

「はい、もしもし」と応答すると、すぐに男性の声が耳に飛び込んできました。「お前、何でここに居るんだ!!」という怒声です。混乱しながらも「あなた誰ですか?」と尋ねましたが、男性は「外を見てみろ!」と言うばかりで、私の質問には答えてくれませんでした。

不安に駆られながらも、教室のベランダから外を見ると、校庭の中央に見知らぬ男性が立っていました。携帯電話を耳に当てている姿が見えたのです。男性が私の方を見つめると、直感的に危険を感じました。

私は急いで教室を飛び出しましたが、その瞬間、体が伸びるような奇妙な感覚に襲われました。そして、私は目を覚ましました。部屋で寝ていたのです。時刻は8時丁度でした。

「不思議な夢を見たな」と思いながら大学への準備を始めましたが、その時、異変に気づきました。冷蔵庫を開けると、前日の夕飯の残り物がなく、食器だけが残されていました。

今でも私は考えます。あの時見た男性は、時間の番人だったのではないでしょうか?彼の声や姿は覚えていないのですが、男性だったという感覚だけは残っています。何故そう感じるのかはわかりませんが…。

関連記事

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だった頃、趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。 「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。 特…

犬(フリー写真)

お爺さんとの絆

向かいの家の犬が息を引き取った。 ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。 お爺さんは犬の散歩の途中、曲がり角で倒れ込み、そのまま帰らぬ人となった。脳出血だったら…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。 ある日、いつものように一人…

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

抽象画

娘と狛犬

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引いた時、3回連続で凶が出た。 こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った。 「それ、どうしたの?」 …

未来から来た男

俺が小学校低学年の時、25年くらい前かな。 当時住んでたとこの近くに公園があった。 ある日、友達と遊んでて帰りが遅くなったとき、公園のところを通ったとき、20歳くらいの人に…

京都(フリー写真)

かわらけのお狐さん

小学生の頃に学校の畑を掘ったら、土の中から陶器の狐が出てきた。 真っ白のかわらけで出来た狐のお面みたいなもので、他にも沢山出て来た。 七福神や打出の小槌などの縁起物もあっ…

神秘的な山道

おまつり

俺の生まれ育った村は、田舎の中でも超田舎。もう随分前に市町村統合でただの一地区に成り下がってしまった。 これは、まだその故郷が○○村だった時の話。俺が小学6年生の夏のことだった。…

親子(フリー写真)

前世の母

うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれていた。 親父が何をしていた人だったかは知らないけど、会った記憶も無い。 気が付いたら古い…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…