ヤモリ女

公開日: 怖い話

暗い夜道(フリー写真)

あれは大晦日のことでした。

深夜、煙草を買いに行こうと少し離れた場所にあるコンビニへ出向きました。

私の住んでいる所ははっきり言って田舎なのですが、昔は街道筋だったので、狭い道路を挟んでそれこそ江戸時代を思わすような古めかしい木造建築の家がずらっと並んでいます。

普段ならこの時間は人通りが全く無いのですが、近所の寺や神社に参拝に行く人々でしょうか、数人と擦れ違いました。

コンビニで煙草と缶コーヒーを買い、除夜の鐘を聞きながら家に向かって来た道をゆっくりと帰りました。

先程の街道筋に入った時です。

街灯も無く薄暗い中、何か白い物がひらひらと揺れているのが視界に入って来ました。

その時は『ああ、洗濯物でも揺れているんだろう』程度に思い、気にせず通り過ぎようとしました。

段々と近付くにつれ、それが何か判りました。

真っ白い着物を着た女の人です。

手足を広げてまるでヤモリのように、その家の二階の壁にべったりと貼り付いているのです。

まるでその家の中を覗うかのように。

この時点でその女性が生きている人ではないと判りました。

垂直な壁にべったりと貼り付くような真似は、生身の人間では無理でしょうから。

今から思うと何故あの時、あんなに行動に出たのか判りませんが、私は相手に気付いた事を悟られてはいけないと思い、そのまま通り過ぎることにしました。

冷静なつもりでしたが、かなりパニックになっていたのでしょう。

Uターンして別の道から帰るという手段もあるのに…。

極力そちらの方を見ないようにしていたのですが、やはり気になります。

ちらちらと盗み見をしながらそこを通り過ぎました。

若い女性のようでしたが自信はありません。顔は見えなかったので。

恐らく見ていたら気絶するか絶叫して助けを求めたかも知れません。

着ている物も、着物と言うより葬式の時に死者に着せる白装束のようでした。

角を曲がり、相手から自分の姿が見えないと判った瞬間、恐怖が込み上げてきました。

ダッシュして家に帰り、部屋に鍵をかけて布団に潜り込みました。

あの日に葬式があった訳でもありませんし、特に変な噂もありません。

ごくごく普通のご夫婦が住んでいる家なので、あの女性が何者なのか今となっては判りませんが、一つだけ気になることがあります。

真下を通った時に微かですが声が聞こえました。

「お前で終わりだ、お前で終わりだ…」

その家には子供は居ないそうですが、そのことと何か関係があるのでしょうか。今となっては判らず仕舞いです。

関連記事

旧家(フリー写真)

旧家の古井戸

俺が携わったのは、築100年以上で何世代にも渡って改修工事をして来た家の改築だった。古く増改築を繰り返しているので、図面も残っていないし、形は不自然。まずは図面を起こす…

呼ばれてる

皆さんは深夜、急に喉が渇いて水を飲みに2階から1階まで降りた事はありませんか?もしかしたらマンションやアパート、平屋建ての方もいるかもしれませんが。そんな時は霊に呼ばれ…

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

田所君

小学生のころ同級生だった田所君(仮名)の話。田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。学校の図書館を「根城」…

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…

人形の夢

前月に学校を辞めたゼミの先輩が残して行った荷物がある、という話は久保から聞いた。殆ど使われていない埃っぽい実験準備室の隅っこに置かれた更衣ロッカーの中。汚れたつなぎや新…

トンネル(フリー写真)

友達だよな

ある日、数人の大学生が飲み会をしていた。彼らは全員高校の時からの友達同士で、話題には事欠かなかった。そして段々と盛り上がって来て、ちょっと肝試しに行こうという話になった…

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…