深夜の足音

公開日: 心霊体験

団地(フリー写真)

昔、俺が社会人一年目の頃に体験した話。

当時は五階建ての団地に一人暮らしをしていた。

周りはとても静かで、俺はその場所をとても気に入っていた。

しかし一つ問題があった。

深夜3時頃になると、尋常じゃない足音で階段を降りて来る者が居た…。

姿を見た訳ではないが、足音の感覚から恐らくまだ小さな子供のような感じがした。

しかもその足音は俺の居る四階のフロアでピタッと止まるのだ。

その時は恐怖感のようなものは全く無く、ただうるさいなあぐらいの感じだった。

足音もそれ一回で聞こえなくなるし、眠いのもありさほど気にしなかった。

しかし一週間経っても一向にその足音は消えない。決まって深夜3時頃に、

「ダダダダダダッ」

と物凄い足音で階段を降り、四階でピタッと止まる…。

いい加減ストレスも溜まってきた俺は、向かい側の部屋と五階の住民に確認しようとその日の夕方訪ねてみた。

しかし向かい側のサラリーマン風の男性に聞いても面倒臭そうに、そんな足音は聞いたことないと言われた。

おかしいなと思い五階へ上がると、二部屋は空部屋になっていた。

その当時、幽霊など全く信じない俺は性質の悪い悪戯か、または向かいの人が怪しいなと考えていた。

そしてその晩も足音は止まず、それから三日目ほど経つと俺のストレスは爆発し、足音が五階から降りて来た時に

「うるさいっ!!」

と大声で叫んでしまったのだ。

するといつものように足音は俺の部屋の前でピタッと止まった。

流石に不信に思い、玄関ドアの覗き穴から確認してみたが誰も居なかった…。

ただその時、全身に寒気が走り、背筋が凍り付いた感覚は今でもはっきり憶えている。

部屋中の明かりを点け、テレビも点け、その日は眠れなかった。

そして朝になり、仕事に行こうと階段を降りると二階に住む80歳過ぎくらいのお婆ちゃんに会った。

俺は誰かにこの話を聞いてもらいたいと思い、そのお婆ちゃんに全部話をした。

そして、そのお婆ちゃんの話を聞いて俺は絶句した…。

俺がこの団地に来る20年程前、五階に夫婦二人、子供二人の四人家族が父親の手により、無理心中したと言うのだ…。

その時、母親と姉を殺されたところを見たまだ幼い男の子が、逃げ出す途中に階段で足を踏み外し、四階フロアで頭を強く打ち亡くなったらしい。

しかもその時間が深夜3時頃…。

その話を聞いた時は、恐怖感で本当に気を失いそうになった…。

次の日から会社の同僚の部屋に泊めてもらい、すぐそこから引っ越すことにした。

あの四階の向かい側に住んでいる人、大丈夫かなあ…。

関連記事

四国のホテル

怖くないかもしれないけど、俺が昔体験した話。子供の頃、四国に家族旅行へ行った時、泊まっていたホテルで黒い着物姿の女に手招きされる夢を見た。夢の中で、俺はふらふらと抵抗す…

白い日傘

今から3年ぐらい前の話になります。僕は内装工事関係の仕事をしているのですが、その会社の社長と僕と同僚の計4人で仕事が暇になると、よくスキーに行ってました。僕達の会社は名…

立ち入り禁止の波止場

友達の怖い話。仮にK君としよう。彼は沖縄出身で、若い頃は結構やんちゃなやつ。「本当におばけなんかいるのか? じゃあ、試してみよう」なんて言うやつだった。例えば夜…

カーテン(フリー素材)

宗教施設での心霊体験

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。宿泊施設なので管理人と世話…

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。Kのフリークライミングへの入れ…

旧東海道・関宿の町並み(フリー写真)

布団から聞こえる声

この話は母から聞いた話で、その母も祖母から聞いた話だと言っておりました。北海道のB町の近くの話。戦前か戦後、この辺りの話だそうです。 ※ この頃は物資が少なく、布団を買うに…

窓(フリー写真)

死んだ街

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。1年生の授業で、『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って…

アナログカメラ(フリー素材)

禍々しい心霊写真

私が学生の時の話です。同じゼミに気の合う友人が居ました。本当に気が合う友人で、よく飲みに行ったりする仲でした。ある日、何だか神妙な顔をして彼が話し掛けてきました…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。しかし、…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…