深夜の足音

公開日: 心霊体験

団地(フリー写真)

昔、俺が社会人一年目の頃に体験した話。

当時は五階建ての団地に一人暮らしをしていた。

周りはとても静かで、俺はその場所をとても気に入っていた。

しかし一つ問題があった。

深夜3時頃になると、尋常じゃない足音で階段を降りて来る者が居た…。

姿を見た訳ではないが、足音の感覚から恐らくまだ小さな子供のような感じがした。

しかもその足音は俺の居る四階のフロアでピタッと止まるのだ。

その時は恐怖感のようなものは全く無く、ただうるさいなあぐらいの感じだった。

足音もそれ一回で聞こえなくなるし、眠いのもありさほど気にしなかった。

しかし一週間経っても一向にその足音は消えない。決まって深夜3時頃に、

「ダダダダダダッ」

と物凄い足音で階段を降り、四階でピタッと止まる…。

いい加減ストレスも溜まってきた俺は、向かい側の部屋と五階の住民に確認しようとその日の夕方訪ねてみた。

しかし向かい側のサラリーマン風の男性に聞いても面倒臭そうに、そんな足音は聞いたことないと言われた。

おかしいなと思い五階へ上がると、二部屋は空部屋になっていた。

その当時、幽霊など全く信じない俺は性質の悪い悪戯か、または向かいの人が怪しいなと考えていた。

そしてその晩も足音は止まず、それから三日目ほど経つと俺のストレスは爆発し、足音が五階から降りて来た時に

「うるさいっ!!」

と大声で叫んでしまったのだ。

するといつものように足音は俺の部屋の前でピタッと止まった。

流石に不信に思い、玄関ドアの覗き穴から確認してみたが誰も居なかった…。

ただその時、全身に寒気が走り、背筋が凍り付いた感覚は今でもはっきり憶えている。

部屋中の明かりを点け、テレビも点け、その日は眠れなかった。

そして朝になり、仕事に行こうと階段を降りると二階に住む80歳過ぎくらいのお婆ちゃんに会った。

俺は誰かにこの話を聞いてもらいたいと思い、そのお婆ちゃんに全部話をした。

そして、そのお婆ちゃんの話を聞いて俺は絶句した…。

俺がこの団地に来る20年程前、五階に夫婦二人、子供二人の四人家族が父親の手により、無理心中したと言うのだ…。

その時、母親と姉を殺されたところを見たまだ幼い男の子が、逃げ出す途中に階段で足を踏み外し、四階フロアで頭を強く打ち亡くなったらしい。

しかもその時間が深夜3時頃…。

その話を聞いた時は、恐怖感で本当に気を失いそうになった…。

次の日から会社の同僚の部屋に泊めてもらい、すぐそこから引っ越すことにした。

あの四階の向かい側に住んでいる人、大丈夫かなあ…。

寮

オッサン管理人

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。 ※ 10年くらい前の話。 当時、友人は会社の社員寮や…

生き人形

呪いの生き人形。 稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。 この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…

ヨット(フリー写真)

赤い目

親父が酒の席で怖い話となると毎回話す体験談を一つ。 今から25年程前、親父が30代前半の頃の話。 ※ 親父はヨットが趣味なのだが、当時はまだ自分のヨットを持っておら…

あなたが押したの?

少し困ってしまうことがありまして、ここに書かせてください。 5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。 高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。 学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

エレベーター(フリー写真)

オンボロデパート

予期せぬ時に予期せぬ出来事が起きると、どうして良いか分からなくなる。 これは、俺が先日体験した話。 俺はその日、市内のデパートに買い物に行った。 デパートと言っても大…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。 しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。 カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

なんで逃げちゃったの

これは数年前に友人(仮にAとします)から聞いた話です。 その当時Aは高校2年生。そしてそれは夏休みの出来事だった。 夜22時頃にAの携帯が突然鳴った。Aの近所に住む中学校か…