深夜の足音

公開日: 心霊体験

団地(フリー写真)

昔、俺が社会人一年目の頃に体験した話。

当時は五階建ての団地に一人暮らしをしていた。

周りはとても静かで、俺はその場所をとても気に入っていた。

しかし一つ問題があった。

深夜3時頃になると、尋常じゃない足音で階段を降りて来る者が居た…。

姿を見た訳ではないが、足音の感覚から恐らくまだ小さな子供のような感じがした。

しかもその足音は俺の居る四階のフロアでピタッと止まるのだ。

その時は恐怖感のようなものは全く無く、ただうるさいなあぐらいの感じだった。

足音もそれ一回で聞こえなくなるし、眠いのもありさほど気にしなかった。

しかし一週間経っても一向にその足音は消えない。決まって深夜3時頃に、

「ダダダダダダッ」

と物凄い足音で階段を降り、四階でピタッと止まる…。

いい加減ストレスも溜まってきた俺は、向かい側の部屋と五階の住民に確認しようとその日の夕方訪ねてみた。

しかし向かい側のサラリーマン風の男性に聞いても面倒臭そうに、そんな足音は聞いたことないと言われた。

おかしいなと思い五階へ上がると、二部屋は空部屋になっていた。

その当時、幽霊など全く信じない俺は性質の悪い悪戯か、または向かいの人が怪しいなと考えていた。

そしてその晩も足音は止まず、それから三日目ほど経つと俺のストレスは爆発し、足音が五階から降りて来た時に

「うるさいっ!!」

と大声で叫んでしまったのだ。

するといつものように足音は俺の部屋の前でピタッと止まった。

流石に不信に思い、玄関ドアの覗き穴から確認してみたが誰も居なかった…。

ただその時、全身に寒気が走り、背筋が凍り付いた感覚は今でもはっきり憶えている。

部屋中の明かりを点け、テレビも点け、その日は眠れなかった。

そして朝になり、仕事に行こうと階段を降りると二階に住む80歳過ぎくらいのお婆ちゃんに会った。

俺は誰かにこの話を聞いてもらいたいと思い、そのお婆ちゃんに全部話をした。

そして、そのお婆ちゃんの話を聞いて俺は絶句した…。

俺がこの団地に来る20年程前、五階に夫婦二人、子供二人の四人家族が父親の手により、無理心中したと言うのだ…。

その時、母親と姉を殺されたところを見たまだ幼い男の子が、逃げ出す途中に階段で足を踏み外し、四階フロアで頭を強く打ち亡くなったらしい。

しかもその時間が深夜3時頃…。

その話を聞いた時は、恐怖感で本当に気を失いそうになった…。

次の日から会社の同僚の部屋に泊めてもらい、すぐそこから引っ越すことにした。

あの四階の向かい側に住んでいる人、大丈夫かなあ…。

関連記事

小学校の廊下(フリー写真)

パソコン室の幽霊

これは俺が当時通っていた小学校の話だ。俺はその日、パソコン室に筆箱を忘れた。それに気付いたのは六時間目が始まってから(その時間は隣の女子に鉛筆を貸してもらっていた)。仕…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。1993年より体操のお兄さんと…

竹林

小学校の頃の話です。おいらが行ってた小学校の側に竹林があって、そこには「怪しい人が出るから行っちゃ駄目です」って言われてたのね。俺は結局行かずじまいやったんやけど、結構…

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。それには訳がある。仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。その日、俺は難しい打ち合…

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。T「今バイト終わったから…

覗き込む女の子

俺が小学校時代の担任から聞いた話。大学の夏休みのある夜、友人から電話が掛かってきた。その友人は俗に言う走り屋で、夏休み中はよく2人で夜中に一緒にドライブに行く仲だったの…

和室(フリー写真)

白い顔

俺は4歳になるまで、夜はばあちゃんの家に預けられていた。夜はばあちゃんと並んで寝るんだけど、その部屋に亡くなったじいちゃんの仏壇があったんだ。夜中に目が覚めたりすると、…