ナナシシリーズ

屋上にはナナシが居た(ナナシシリーズ9)

昨日、無事に就職したことを報告するため、今は亡き親友の墓参りに行って来た。 その小さな墓前には、あいつの好きだった忽忘草の押し花が置かれていた。 『死んだ人…

続きを読む

最後の夜(ナナシシリーズ8)

物事には終わりというものが必ずあり、それは突然訪れるものだと知ったのは、15歳の冬の終盤だった。 卒業を目前に控え、慌ただしく日々が過ぎる中、僕の親友は学校…

続きを読む

あの時の背中(ナナシシリーズ7)

気ままな学生生活も終りに近付き、いつしか学校を卒業し、仲の良かったクラスメイト達とも連絡を取り合ったのは最初だけ。 僕も進学先の場所に合わせて一人暮らしを始…

続きを読む

知らぬが仏(ナナシシリーズ6)

学生時代、二学期も半ばに差し掛かった頃。 僕らのクラスでは何故か『学校の怪談』というアニメが大流行し、今更ながらオカルトブームが訪れていた。 女子はこぞって…

続きを読む

降霊術(ナナシシリーズ5)

学生生活も残り半年余りとなった頃。 その頃、既に僕らは進学組と就職組に分かれ、それぞれの勉強を始めていた。 僕とナナシは進学組、アキヤマさんは意外にも就職組…

続きを読む

守り手(ナナシシリーズ4)

学生時代、まだ桜も咲かない3月のその日。 僕はクラスメートのアキヤマさんという女の子と一緒に、同じくクラスメートである友人の家へ向かっていた。 友人は仮に名…

続きを読む

人ならぬものの恋(ナナシシリーズ3)

あの夏を迎えてから、僕は少しずつナナシが変わって行くような気がしていた。 アパートでの豹変ぶりにはもちろん驚いたが、窓の向こうのものを見た時のナナシの表情や…

続きを読む

落下する瞬間(ナナシシリーズ2)

あの悪夢のようなアパートでの事件から数ヶ月が経ち、僕とナナシはまたお互いに話をするようになっていた。 初めの方こそ多少ギクシャクはした。でもナナシに不思議な…

続きを読む

親友の話(ナナシシリーズ1)

今から数年前、まだ僕と僕の親友が学生だった頃の話。 夏休みの自由研究のため、友人…仮にナナシとするが、僕はそのナナシと心霊現象について調べることにした。 ナ…

続きを読む