いつもの男性

Love-hate-art-print

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。

数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。

会社の借り上げのマンションが市の中心部にあって、そこを寮扱いで借りて、毎日会社まで歩いて通勤していました。

殆ど新築に近い15階建ての10階に住んでいました。

仕事は毎日忙しく、帰宅は夜の21時頃になってました。

各フロアに8部屋あって、私が住んでいたのはその10階の108号。

一番奥の部屋で、エレベーターを降りたら薄暗い照明を頼りに暗い渡り廊下を渡って帰る毎日でした。

福岡の地元の方と言うのはなかなか地元意識が強く結束も固く、言い換えればよそ者には馴染みにくい土地だったように思います。

だから友達は福岡の方よりも同じ東京からや、別の地方から来てる方が多かったことを覚えてます。

ある日、同郷である東京出身の友達から、矢張り東京から転勤で来ている友達Aさんを紹介されました。

彼女は当時32歳だったでしょうか。某有名化粧品店の新規店舗立上げの責任者として短期赴任されていた、儚い感じのロングヘアーで長身の美人でした。

私は彼女に気に入って貰えたのか、2人でよく飲み歩いていました。

そんなAさんとの飲み会で帰りが遅くなったある日、彼女と別れマンションへ。

夜中の0時頃エレベーターで10階に着くと、薄暗い通路の先、丁度真ん中の104号室のドアの前で、ドアを背にし手すりに肘を付いてタバコを吸ってる中年男性がいらっしゃいました。

ほろ酔いの私は怪しむこともせず、「こんばんわ~」と言って会釈しました。

ベランダには洗濯物を干す方も多いため、通路でタバコを吸う人は珍しくなく、その方もそんな一人だと思ったからでしょう。

いきなり酔っ払い娘に挨拶された男性は面食らったようで、それでも薄くなってそうな頭を丁寧に下げ、「こんばんは」と挨拶を返されました。

その日からその男性を何度も見るようになりました。

と言っても矢張り夜間に通路でタバコを吸っている男性と挨拶をするだけの仲でしたが。

次第に打ち解け、「こんばんわ~」と挨拶すると「こんばんは。今日も遅かったね」などと言い合う軽い交流が始まりました。

余所者であり、多忙で家に居ないことも多いせいか、近所付合いも殆どない私は挨拶出来るご近所さんが出来たことを少なからず喜んだことを憶えています。

それから暫くして、やはりAさんと飲みに行ったとある土曜日、Aさんが家に遊びに来ることになりました。

「Nちゃん(私です)ちって近いのね。私これからちょくちょく遊びに来るわ。酒持って」なんて話しながらエレベーターを降りると、やはりいつもの男性がタバコを吸ってました。

酔っ払っていた私はいつもの調子で「こんばんわ~。吸いすぎは体に毒ですよ~」と挨拶。

男性も「何言いようとって。飲みすぎだってよくないよ」なんて軽口を言い合い部屋へ戻りました。

その間Aさんは終始無言でした。

部屋へ入るとAさんは、「Nちゃん、1週間くらいうちを空ける準備出来る? 今すぐ。私んちに少しの間引越ししよう!」と言い出しました。

理由を聞いても教えてくれませんし、突然の理不尽な要求に「???」状態の私でしたが、彼女の気迫に根負け…。

1週間分の下着と化粧品、その他身の回りの物とスーツ2着とパソコンを掴んでバッグに詰め込み、Aさんのお宅へやっかいになることにしました。

バッグはAさんの持ち物であるかのようにAさんが持ち、私はちょっとタクシー捕まるまで送るよ的な体で彼女の後に続きました。

ドアを開けると男性はおらず、Aさんと二人でタクシーに乗り込み、Aさんちへ向かいました。

翌日曜日の昼に追加で仕事着を取りに戻り、それからAさんちの家で共同生活が始まりました。

それから暫くAさん家の広い1LDKへ行き帰り。

そしてその週の水曜日、会社へ行くと課長が青い顔で「N君!君大丈夫だったか!!!今不動産屋から連絡があったんだけど!!!」と凄い剣幕で詰め寄られました。

鷲づかみにされていた新聞を見せられると、私のマンションで起こったストーカー殺人がトップ記事になっていました。

後から聞いた事も含めますと、とある離婚された夫婦がおりまして、別れた旦那が捨てた奥さんをストーキングしていたと。

そして水商売の元奥さんを毎晩待ちわびて、とある日に遭遇。口論の末に持っていた包丁で数十箇所メッタ刺しにして殺したのだと。

新聞に犯人として乗っていた顔写真は、私が毎日暗い通路で挨拶するあの男性のものでした。

その男性は毎晩奥さんを待っていたそうです。最終的には殺す目的で包丁まで準備して。

私はそんな男性に近所のよしみを抱き、毎晩のように挨拶していたことに気付きました。

私はそこで腰が抜け、へたり込んでAさんに電話。

Aさんは電話越しに優しい口調で「もう大丈夫だから。これで大丈夫だから」と言われました。

男性は元奥さんをメッタ刺しにした後、通報を受けて追ってきた警官隊を前に、私の家の108号室の前まで逃げ、ドアをガチャガチャやっていたそうです。

その日のうちに総務のケチ親父に掛け合いマンションを変えてもらうように頼みました。

警察での事情聴取を受け、Aさんの家に帰宅。

Aさんと缶ビールを傾けながら色々な話を聞きました。

曰く、所謂見える体質ではないそうですが、直感に近い感じで人の運命や未来がたまに見えたりするそうです。

そしてAさんは無事新規店舗も軌道に乗り、Aさんの帰京が決まったことも聞きました。

「えーん寂しー」ってなってると、Aさんは私の肩を抱き寄せ口吻しました。

「忘れられなくなりそうだからプラトニックのままの方がいいよね」と一言。

そう、Aさんはビアンだったのです…。

そんなAさんが1週間も私を凄い勢いで説得して監禁して、ナニするつもりだったの!と考えると今でもほんのり怖いお話でした…。

関連記事

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

社長室(フリー写真)

社長の話

以前勤めていた会社での事。その会社は創業社長が一代で大きくした会社で、バブルの頃はかなり羽振りも良かった。しかし所詮は個人企業。社長も元々商売の才覚があった人…

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。また、兄弟子たちも…

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

森(フリー写真)

色彩の失われた世界

俺がまだ子供の頃、家の近所には深い森があった。森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、畦道の脇にはクヌギやクリの木に混ざって、卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。 …

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。また、公園も併設し…

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。何をするわ…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、「…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…