誰も居ない通学路

公園

20年近く前の話になります。当時、私は小学4年生でした。近所の公園には、変わったすり鉢状の滑り台があり、小学生には大人気でした。学校が終わると、そこで親友のT君と遊ぶ約束をしていました。

その日も学校が終わったら、急いで自転車に乗って公園へ向かいました。しかし、道中で変なことに気づきました。さっき渡ったはずの信号が遠くに見え、自分がいる場所はさっき通った所でした。景色は覚えていますが、いつの間にか同じ道を通っていたのです。

さらに、通常なら人の動きがあるはずの道が全く人気がありませんでした。家の中は見えませんでしたが、人の気配が感じられませんでした。騒音もありませんでした。

信号まで行くことにしましたが、いくら自転車を漕いでも近づけませんでした。どれだけ漕いでも信号は遠ざかるばかりで、最終的には疲れ果て、泣き出しました。

その時、四十歳くらいのおっさんが現れました。携帯電話のようなもので話しながら歩いてきて、泣いている私を見つけ、「居た、居たわ」と言いました。そして、「よしよし、怖かったな、お家に帰ろうな」と言って頭を撫でた瞬間、周りが元に戻りました。

公園へ行くと、T君はまだ来ていませんでした。T君が来た時、彼は私が早く着いたことに驚きました。しかし、公園の時計を見ると、学校を出た時間から15分しか経っていませんでした。家から公園まで20分はかかるはずでした。

全てを説明し、T君と共に「何やろなー」と話しました。あの体験は一体何だったのでしょうか。

関連記事

親子(フリー写真)

前世の母

うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれていた。 親父が何をしていた人だったかは知らないけど、会った記憶も無い。 気が付いたら古い…

満月(フリー写真)

姉の夢遊病

大叔母はその昔、夢遊病だったらしい。 もしくは狐憑きなのかも知れないが、取り敢えず夢遊病ということにして話を進める。 目が覚めると何故か川原に立っていたり、山の中にいたりと…

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。 車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。 地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

タイムトラベラー

10年前、俺が小学6年生の時の話。 ある日学校から帰る途中、人通りの多い交差点で信号待ちをしていたら、自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった。まさしく時が止まっ…

金属加工業(フリー写真)

円錐状の光沢金属

私は金属加工業を営んでいるのですが、先日不可解な事がありました。 数ヶ月前より、左手薬指の指先を使って何かを掴むと『ズキン!』と痛みが走るようになっていました。 加工クズ…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。 知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。 それが今から数えて7年前くらいかなと思う。 引っ越して…

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。 どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。 みんな30代半ばになり、子…

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。 俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。 A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。 A村は親方の本家がある村であ…

谷川岳(フリー写真)

谷川岳の救難無線

大学のワンゲル時代の話。 部室で無線機をチェック中に、 「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どう?」 と部員が聞いて来た。 その場に…