従姉妹シリーズ

記憶を追って来る女(従姉妹シリーズ7)

語り部というのは得難い才能だと思う。彼らが話し始めると、それまで見て来た世界が別の物になる。 例えば、俺などが同じように話しても、語り部のように人々を怖がらせたり楽しませたりは出来ないだろう。 俺より五歳上の…

続きを読む

付喪神(従姉妹シリーズ6)

電話やテレビ、ラジオなど、所謂メディアにまつわる怪談は多い。その殆どが、どこかに繋がってしまうという内容だ。 便利さの反面、直接的ではない伝達に人間は恐怖心を抱くのだろうか。 今から話すのも、それに類似したあ…

続きを読む

霊の行く場所(従姉妹シリーズ5)

前回の件があった六年後、一家揃って隣の県に引越しました。 当時の私は社会人一年目であり、まだまだ学生気分が抜けておらず、その日は新入社員四人で心霊スポットへ行く事になりました。 正直行きたくなかったが、普段気…

続きを読む

壁の中の生活(従姉妹シリーズ4)

俺の親類には怪談好きが多かった。祖母や叔父などは、ねだれば幾つでも怪談を話してくれたものだ。 中でも俺のお気に入りだった語り部は、年上の従姉妹だった。 この人が変わり者で、普段は無口だが気が乗れば話し巧みにオ…

続きを読む

ノッポな人形(従姉妹シリーズ3)

中学二年の秋口、俺は勉強も部活もそっちのけでオカルトに嵌っていた。 その切っ掛けになったのが近所に住んでいた従姉妹で、この人と一緒に居たせいで何度かおかしな体験をした。これはその中の一つ。 ※ 夏休みも終わり…

続きを読む