舌打ち

交差点(フリー素材)

「パァーン」という鼓膜を殴りつけるような音に、宮野は我に返ったそうだ。

見回すと、自分が赤信号の青梅街道のど真ん中にいることを知った。

訳が解らなかった。

四車線の大道路。

宮野が立つ車線の車は、何とか急ブレーキを掛けてくれた。

運転手は窓から身を乗り出し、何事かと怒鳴っていた。

隣の車線を猛スピードで走る抜ける車の風が頬を叩いた。

「あのスピードの物体がぶつかれば、骨もろとも木っ端微塵よ」

そう後に宮野は語る。

クラクションを鳴らされながら、宮野は平謝りしつつ青信号になるまで待ったそうだ。

「もし慌てて渡ろうとしたら、きっと他の車から見えなくて轢かれると思ったから」

どうして無意識に渡ろうとしたのだろう。呆然としながら道路を渡った。

道路の対岸に辿り着くと、舌打ちが耳を衝いた。周囲には誰も居なかった。

後日知ったことだが、宮野が青梅街道で佇んだその時間、重い病気を患っていた親友のA子ちゃんが息を引き取ったという。

話を聞いた私はこう言った。

「それはA子ちゃんが轢かれるところを助けてくれたんじゃない?」

宮野は「あんたは経験してないから」と首を振る。

そして振り絞るように「それに」と呟いた。

「あんた、人間のこと舐めすぎじゃない?」

関連記事

月(フリー素材)

死神さん

子供の頃、友人がそのまた友人から聞いた話。ある姉妹が、とある実験をしてみようということになった。その実験というのが、夜中の午前2時に、寝ている人を真ん中にして二人左右に…

歌舞伎町(フリー素材)

巨頭老人

歌舞伎町での話だ。「あずま通りを進んでセ×××ら辺を曲がったところに駐車場があるでしょ?」風俗の案内所に勤める大島に酒を奢ると、渋々ながら教えてくれた。「終電の…

沈まぬ太陽

もう10年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。小さい図書館だ…

ダム

迷い込んだ農家

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話。「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら教えてくれた。俺が聞き伝えでこ…

ひょっとこのお面(フリーイラスト)

ひょっとこのお面

俺の爺さんには従兄が居たらしいのだが、十代前半で亡くなっている。それがどうも不自然な死に方だったらしく、死んだ当時は親戚や近所の連中に色々騒がれたのだそうだ。 ※ 戦後すぐ…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

台風の夜

私が友人と4人でキャンプに出かけた時のことです。ちょうど台風が日本に近づいている時でしたが、日本上陸はしないと天気予報は報じていたので、キャンプを強行したのでした。しか…

運が良いね

今から話すお話は3年前、僕がまだ高校2年生だった時の話です。その頃、僕はとあるコンビニでバイトをしていました。そのバイト先には同い年の女の子と、50過ぎくらいの店長、あと4人程…

白虎隊

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。しかし、A君は慣れない土地のためか、班が一緒のB君とその班からはぐれてし…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。最初の頃の彼のギターテクニックは…