黄色いパーカー

公開日: 意味がわかると怖い話

sony-a37-08-12softf

ある日、商店街の裏にある友人のアパートに行きました。

そのアパートの一階には共同トイレがあり、友人の部屋は一階の一番奥でした。

その後、友人の部屋で朝まで飲んでいたらトイレに行きたくなり、気味の悪いトイレに行きました。

トイレで用を足していると、キョロキョロしながら黄色いパーカーを着た青年が大きな声で

「オハヨウゴザイマス!!」と言ってきたので、

「おはようございます」と言って何も気にせず部屋に帰りました。

その後、眠っていると友人が「おい!これ見ろ!いいから見ろ!」と言ってテレビを指差します。

テレビを見るとニュース番組にこの近所が映っており、“白昼堂々!通り魔” という報道をやっていました。

目撃したおばあさんの証言では、黄色いパーカーを着た青年だったそうです。

そして逮捕された青年の動機は「挨拶をしたのに返さなかったから刺した」というものでした。

消える死体

ある日、しゃくに障る泣き声なので妹を殺した。その死体は井戸に捨てた。 次の日、井戸を見に行くと死体は消えていたのだった。5年後、些細なけんかで友達を殺した。 その死…

パンは危険な食べ物

アメリカでの大規模な調査による結果により、パンはとても危険な食べ物だということがわかった。以下がその理由である。犯罪者の98%はパンを食べている。 パンを日常的に…

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。いつもと同じ時間に、いつもの道をいつもと同じ速さで歩いて行く。すると、ふと目の前に同じ学校の制服が見えた。 …

年齢当て

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を…

シェフは煮詰まっている

男は食事をするためにレストランに訪れていた。男が頼んだのはシェフがその日その日で料理を決めるコース。 しかし、幾ら経っても料理は運ばれてこない。業を煮やした男がウェイ…

目が赤い人

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京で一人暮らしをする事になりました。とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴が空いているのに気付きました。…

娘の目

最近の話なんだけど、電車での人身事故を目撃してしまった。私と小学4年生になる娘と2人で家から2駅離れたショッピングモールで買い物をした帰り道でのこと。私たちが駅のホーム…

母の弁当

中学校に入ってから1人の不良にずっと虐められてた。自分の持ち物に『死ね』と書かれたり殴られたりもしていて、俺はちょっと鬱になってたと思う。心配する母にガキだった俺はきつ…

ノロノロ運転

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど、そういう道って夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくる…

ホームパーティ

誕生日にホームパーティを開いた。その時、家の中で俺を囲んでみんなで写真をとってら、変なものが映っちゃったのよ。背後の押入れから、見知らぬ青白い顔の女が顔を出して、睨みつ…