眠りに落ちた美女

公開日: 意味がわかると怖い話

美術室(フリー背景素材)

ある日、僕は学校の美術室の掃除当番だった。

早く終わらせて帰ろうと急いでいたら、一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた。

その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったのだが、少し不気味で目に特徴があった。

とても大きな瞳でこちらを見ている気がした。

何だか怖くなり、急いで掃除を終わらせて帰った。

次の日、学校は大騒ぎになっていた。例の美術室の絵が盗まれたのだ。

最後に絵を見たということで、僕は美術の先生に色々聞かれた。

「なるほど、掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」

「間違いないです。あの絵は高価な物なんですか?」

「あれは『眠りに落ちた美女』と言って、私の知人の画家が自分の娘の寝顔を見て描いたものなんだ。画家も娘ももうこの世に居ないけどね」

「そうなんですか…」

あの絵は結局見つからなかった。

不思議なことに泥棒が入った痕跡は無かったらしい。

編注: 寝顔を描いたという絵が、大きな瞳でこちらを見ていた。

関連記事

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。いつもと同じ時間に、いつもの道をいつもと同じ速さで歩いて行く。すると、ふと目の前に同じ学校の制服が見えた。 …

天国からの放送

そのカセットテープは、ある日、突然郵便や宅配便で送られて来るそうだ。もちろん、差出人の名前なんかない。テープ自体はどこででも手に入る安物なのだが、小さなカードが同封され…

若返り

老人「本当にこれで若返れるのか?」男「ええ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ること…

呪い真書

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。この書に書かれている手順を実行すると呪いが成就します。しかし手順を少しでも間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

姉のアトリエ

10年程前の話。美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。それだけで住ま…

年齢当て

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を…

トノサマバッタ

小学生の時、夏休みの宿題に昆虫採取をすることにした。まぁ、毎日アミ持って野山を駆け回って遊んでただけなんだけど、ある日すごいのを捕まえた。体長 13.5cmのトノサマバッタ。 …

黄色いパーカー

ある日、商店街の裏にある友人のアパートに行きました。そのアパートの一階には共同トイレがあり、友人の部屋は一階の一番奥でした。その後、友人の部屋で朝まで飲んでいたらトイレ…

ホームパーティ

誕生日にホームパーティを開いた。その時、家の中で俺を囲んでみんなで写真をとってら、変なものが映っちゃったのよ。背後の押入れから、見知らぬ青白い顔の女が顔を出して、睨みつ…