眠りに落ちた美女

公開日: 意味がわかると怖い話

美術室(フリー背景素材)

ある日、僕は学校の美術室の掃除当番だった。

早く終わらせて帰ろうと急いでいたら、一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた。

その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったのだが、少し不気味で目に特徴があった。

とても大きな瞳でこちらを見ている気がした。

何だか怖くなり、急いで掃除を終わらせて帰った。

次の日、学校は大騒ぎになっていた。例の美術室の絵が盗まれたのだ。

最後に絵を見たということで、僕は美術の先生に色々聞かれた。

「なるほど、掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」

「間違いないです。あの絵は高価な物なんですか?」

「あれは『眠りに落ちた美女』と言って、私の知人の画家が自分の娘の寝顔を見て描いたものなんだ。画家も娘ももうこの世に居ないけどね」

「そうなんですか…」

あの絵は結局見つからなかった。

不思議なことに泥棒が入った痕跡は無かったらしい。

編注: 寝顔を描いたという絵が、大きな瞳でこちらを見ていた。

関連記事

2タッチ入力

私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出てそのまま連絡が取れなくなっても困るので、携帯電話をもたせていた。 父はボケており、携帯を買い与えアドレスを交換したころは「これでいつでもお前と連…

呪い真書

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。 この書に書かれている手順を実行すると呪いが成就します。しかし手順を少しでも間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実…

行方不明の幼女

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった。 母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった。 どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置し…

ノロノロ運転

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。 それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど、そういう道って夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくる…

ホームパーティ

誕生日にホームパーティを開いた。 その時、家の中で俺を囲んでみんなで写真をとってら、変なものが映っちゃったのよ。 背後の押入れから、見知らぬ青白い顔の女が顔を出して、睨みつ…

母の弁当

中学校に入ってから1人の不良にずっと虐められてた。 自分の持ち物に『死ね』と書かれたり殴られたりもしていて、俺はちょっと鬱になってたと思う。 心配する母にガキだった俺はきつ…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。 今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…

かくれんぼ

昔、公園で友達とかくれんぼをした。 かなり広い公園で隠れるには困らないけど、問題は鬼になった時、ただでさえ広くて大変なのに友達4人とも隠れ上手。 鬼には絶対なりたくなかった…

お化け屋敷(フリーイラスト)

お化け屋敷

夏休みに彼と遊園地へ行き、お化け屋敷に入った。 私はとにかく怖がりで、中が真っ暗なだけでもう恐くて震えていた。 終始、彼の腕を肘ごと抱え込み、目も瞑って俯きながら歩いた。 …

廃墟

ロアニの家

子供の頃、近くに廃墟があった。 その家は川沿いにあって、庭には井戸もある。 しかも田舎だから灯りも少ないしで、夜になるととても不気味。 必然的にその家は、幽霊が出る家…