お化け屋敷

公開日: 意味がわかると怖い話

お化け屋敷(フリーイラスト)

夏休みに彼と遊園地へ行き、お化け屋敷に入った。

私はとにかく怖がりで、中が真っ暗なだけでもう恐くて震えていた。

終始、彼の腕を肘ごと抱え込み、目も瞑って俯きながら歩いた。

彼に「胸が肘に当たって気持ちいい(笑)」とか言われたけど、恐くて怒る気にもなれなかった。

彼は「こんなん作りもんじゃん(笑)」と言うんだけど、私はもうキャーキャー叫びまくり。

目を瞑っていて何も見えないから、彼が偶に「うわっ」と言うだけでビクビクしてしまった。

最後の方なんて「もう少しだから頑張れ」と彼に背中をさすられながら半泣きで、何とか出口まで歩いた。

外に出て彼の腕を放すと、くっきりと私の手形が付いていて、どんだけだよ自分…とあまりのヘタレっぷりに笑ってしまった。

編注: 彼は腕を肘ごと抱え込まれていたのに何故背中をさすることが出来たのだろう

関連記事

降りなければ

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、仕方なく途中のバス停で降りて近くの…

世界一怖いお化け屋敷

「さあさあ、ランドに来ておいて、このお化け屋敷に入らないって手はないよ!」お化け屋敷の前でゾンビらしき恰好をした男が声を張り上げている。ゾンビの前には数人の客が面白そう…

タクシー(フリー素材)

タクシーと幽霊

昨日、夜遅くにクレームがあり会社に呼ばれた。バスも電車も無いので、会社に向かうため家まで迎えのタクシーを呼んだんだけど、その時の運転手さんとの会話。 ※ 運転手「昨日、近所…

呪い真書

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。この書に書かれている手順を実行すると呪いが成就します。しかし手順を少しでも間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実…

カメラ(フリー素材)

何でもない心霊写真

誕生日にホームパーティーを開いた。家の中でみんなの写真を撮っていたら、変なものが写った。背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、こちらを睨みつけている。…

2タッチ入力

私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出てそのまま連絡が取れなくなっても困るので、携帯電話をもたせていた。父はボケており、携帯を買い与えアドレスを交換したころは「これでいつでもお前と連…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…

目が赤い人

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京で一人暮らしをする事になりました。とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴が空いているのに気付きました。…

若返り

老人「本当にこれで若返れるのか?」男「ええ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ること…

女性専用トイレ(フリー素材)

横に並んだ目

先日、地元の駅のトイレで覗きに遭ってしまいました…。綺麗なトイレではないので普段は行きたくないのですが、その時は我慢出来ずに駆け込みました。 ※ 用を足し終えて立ち上がると…