何でもない心霊写真

公開日: 意味がわかると怖い話

カメラ(フリー素材)

誕生日にホームパーティーを開いた。

家の中でみんなの写真を撮っていたら、変なものが写った。

背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、こちらを睨みつけている。

これやばいね…ということで、霊能力者に写真を鑑定してもらった。

「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ」

もう、ビックリした。

編注: 心霊写真ではないということは、生きた人間であるということ。

関連記事

降りなければ

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、仕方なく途中のバス停で降りて近くの…

姉のアトリエ

10年程前の話。美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。それだけで住ま…

世界一怖いお化け屋敷

「さあさあ、ランドに来ておいて、このお化け屋敷に入らないって手はないよ!」お化け屋敷の前でゾンビらしき恰好をした男が声を張り上げている。ゾンビの前には数人の客が面白そう…

切り取られたカレンダー

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す。母は認知症だった。身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。そして今は亡き母の書斎に入った時、私…

年齢当て

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を…

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。いつもと同じ時間に、いつもの道をいつもと同じ速さで歩いて行く。すると、ふと目の前に同じ学校の制服が見えた。 …

マンション(フリー素材)

曰く付きマンション

会社までの徒歩通勤時に、取り壊し予定の無人マンションの近くを通る。そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰く付きマンション。周りに街灯も少なく、夜はかなり…

行方不明の幼女

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった。母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった。どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置し…

母の弁当

中学校に入ってから1人の不良にずっと虐められてた。自分の持ち物に『死ね』と書かれたり殴られたりもしていて、俺はちょっと鬱になってたと思う。心配する母にガキだった俺はきつ…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…