B君

公開日: 意味がわかると怖い話

マンション(フリー写真)

ある日の夕方の出来事。

僕が自分の部屋で本を読んでいると突然、窓を「バンバン!」と叩く音がした。

びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。

「A君!開けて開けて!!」

僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。

「あのさ、ついさっきの話なんだけど!!」

「ちょ、ちょっとB君、その前にさ…」

「まあ、聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原を走ってて」

「…うん」

「暫く走ってて、何かおかしいなーと思って自転車降りたらさ…」

「どうしたの?」

「自転車のチェーンを掛けたままだったんだよ」

「え?」

「だから、チェーンが掛かっていて、タイヤが回らなかったの」

「…? それでどうやって走れるの?」

「解んないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった」

「だめって?」

「チェーンが掛かってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった」

「そうなんだ…」

「無意識だから出来たのかなぁ…。あ、A君、さっき何か言いかけてなかった?」

「え!? …あ、うん…あのさ…」

「?」

「…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?」

編注: 自転車のチェーンが掛かっている事に気付いた途端に走れなくなったB君が、5階の外に立っている事に気付いてしまった…。

関連記事

タクシー(フリー素材)

タクシーと幽霊

昨日、夜遅くにクレームがあり会社に呼ばれた。バスも電車も無いので、会社に向かうため家まで迎えのタクシーを呼んだんだけど、その時の運転手さんとの会話。 ※ 運転手「昨日、近所…

かくれんぼ

昔、公園で友達とかくれんぼをした。かなり広い公園で隠れるには困らないけど、問題は鬼になった時、ただでさえ広くて大変なのに友達4人とも隠れ上手。鬼には絶対なりたくなかった…

年齢当て

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を…

逃げなきゃ

深夜、2階の自室で眠っていた私は、階下の妙な物音に気付いてふと目が覚めた。「玄関から誰か入って来た…?」そう思った瞬間、バクバクと鼓動が早まった。夕方見たニュー…

2タッチ入力

私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出てそのまま連絡が取れなくなっても困るので、携帯電話をもたせていた。父はボケており、携帯を買い与えアドレスを交換したころは「これでいつでもお前と連…

夏休み

今日は父さんが帰ってくる日だ。父さんは船乗りで家にあまりいないから、帰ってくるときはすごく嬉しい。ニコニコ顔の父さんを久しぶりに見ると、僕も弟もつられてニコニコ笑ってし…

女性専用トイレ(フリー素材)

横に並んだ目

先日、地元の駅のトイレで覗きに遭ってしまいました…。綺麗なトイレではないので普段は行きたくないのですが、その時は我慢出来ずに駆け込みました。 ※ 用を足し終えて立ち上がると…

目が赤い人

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京で一人暮らしをする事になりました。とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴が空いているのに気付きました。…

ノロノロ運転

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど、そういう道って夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくる…

シェフは煮詰まっている

男は食事をするためにレストランに訪れていた。男が頼んだのはシェフがその日その日で料理を決めるコース。 しかし、幾ら経っても料理は運ばれてこない。業を煮やした男がウェイ…