ロアニの家

公開日: 意味がわかると怖い話

廃墟

子供の頃、近くに廃墟があった。

その家は川沿いにあって、庭には井戸もある。

しかも田舎だから灯りも少ないしで、夜になるととても不気味。

必然的にその家は、幽霊が出る家として校区内では有名だった。

学校からは倒壊の恐れもあり危ないので立ち入り禁止とされていた。

私も好奇心旺盛な年頃だったので行ってみたい気持ちはあったんだけど、後でバレて怒られるのも嫌だったので行くことはなかった。

それでも行く奴はいる訳で、「幽霊を見た」「井戸から声がした」など、よくある怖い話を得意気に話していた。

そんな中、探検に行ったグループの一つが、その廃墟を「ロアニの家」と呼び始めた。

その名称は学年中に広まり、うちの学年は皆そう呼んでいた。

しかし、誰に聞いても名前の由来が判らない。

結局はロアニさんが住んでいた家というよく解らない結論に落ち着いた。

それからすぐ後に廃墟は取り壊された。理由が何だったのかは判らない。

その後は「ロアニの家」の話は消滅して行った。小学生だからね、すぐ忘れる。

数ヶ月後、食卓を囲んでいると中学生の兄が、

「そういや、あそこの廃墟取り壊されたんだってな」

「もう三ヶ月くらい前やで」

「そっか、最近あそこら辺通ってなかったからなぁ。そういや○○、あそこなんて呼ばれてたか知ってる?」

「え、名前なんかあるん? ウチらは勝手に『ロアニの家』って呼んでたけど」

「へぇ、なるほどな。俺らはクチアニの家って聞いたわ」

何でも家の一番奥の部屋に大きな赤文字で「クチアニ」と書いてあるらしい。

「ロアニにクチアニか、なるほど。見つけたんが小学生で良かったんかもな」

そう言って兄は笑っていた。

その後、言葉の意味が解って、廃墟に行かなくて良かったと感じた。

まあ、結局その廃墟が本当に曰く付きだったかを調べる術はもうないけれど。

編注

口兄

関連記事

マンション(フリー写真)

B君

ある日の夕方の出来事。僕が自分の部屋で本を読んでいると突然、窓を「バンバン!」と叩く音がした。びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。「…

目が赤い人

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京で一人暮らしをする事になりました。とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴が空いているのに気付きました。…

2タッチ入力

私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出てそのまま連絡が取れなくなっても困るので、携帯電話をもたせていた。父はボケており、携帯を買い与えアドレスを交換したころは「これでいつでもお前と連…

美術室(フリー背景素材)

眠りに落ちた美女

ある日、僕は学校の美術室の掃除当番だった。早く終わらせて帰ろうと急いでいたら、一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた。その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったのだ…

黄色いパーカー

ある日、商店街の裏にある友人のアパートに行きました。そのアパートの一階には共同トイレがあり、友人の部屋は一階の一番奥でした。その後、友人の部屋で朝まで飲んでいたらトイレ…

姉のアトリエ

10年程前の話。美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。それだけで住ま…

母の弁当

中学校に入ってから1人の不良にずっと虐められてた。自分の持ち物に『死ね』と書かれたり殴られたりもしていて、俺はちょっと鬱になってたと思う。心配する母にガキだった俺はきつ…

交通事故で亡くなった家族

警官をしている友人が数年前に体験した話。そいつは高速道路交通警察隊に勤めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。内容を聞くと、一週間前にあった東北自…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…