縦に並んだ顔

マンション(フリー写真)

自動車事故に遭い鞭打ち症になったAさんは、仕事も出来なさそうなので会社を一週間ほど休むことにした。

Aさんは結婚しているが、奥さんは働いているため昼間は一人だった。

最初の数日は気楽だったが、流石に三日目くらいになると暇を持て余してきた。

それでもどこかへ出掛けるには体が辛いので、家でじっとしていなければならなかった。

そんなある日、お昼も過ぎた頃のこと。

ぼんやりとテレビを見ていると、上の階の部屋からドスンドスンと音が聞こえ、続いて子どものはしゃぐ声が聞こえてきた。

学校が休みなのかと訝しく思ったけれど、気にも留めなかった。

そして翌日も、昼頃から子どもの声が聞こえてきた。

どうやら上の家には子どもが二人居るようだ。

Aさんが住んでいるのは大規模なマンション住宅地だが、昼間は意外とひっそりとしており、子どもたちの声は階下のAさんの部屋にもよく聞こえた。

しかし煩く感じることもなく、寧ろ退屈さと団地の気味の悪い静けさを紛らしてくれるので有難かった。

そして翌日。暇を持て余し、昼食を作る気も失せたAさんはピザを注文した。

30分ほどでやって来たピザは思ったより量が多く、Aさんは結局まる一枚残してしまった。

普通なら奥さんのために取っておくのだが、ふと階上の子どもたちのことを思い出し、親切心も手伝ってAさんは上に持って行くことにした。

Aさんは自分の真上の部屋に誰が住んでいるのか知らなかったが、呼び鈴を押した。

気配を感じたが応答が無い。

もう一度、呼び鈴を押した。

覗き窓から見られているような気がした。

微かに、

「どなたですか…」

という声がドアの向こうから聞こえた。

Aさんは、階下の者であることとピザが余ったので貰って欲しいことを話すと、ドアがゆっくりと開いた。

家の中はやけに暗かった。

5センチほどの隙間から、女性が顔を半分覗かせた。

女性は冷ややかに言った。

「ありがとうございます。でも要りません」

薄暗くて顔の表情がよく見えない。

Aさんは急に自分が場違いな所に居るような気がしてきたが、もう一度訳を話し、子どもたちにあげてくれるよう頼んだ。

ドアの隙間から生暖かい空気が流れてきた。嫌な臭いがする。

ふと、女性の顔の下に子どもの顔がふたつ並んだ。

ドアはほんの僅かに開いたまま。

二人の子どもの虚ろな目が、こちらをじっと見ている。

三人の顔が縦一列に並んでいる。

「じゃあ…そう…いただくわ」

Aさんはドアの隙間にピザの箱を入れると、すっと真横から手が伸びてきて受け取った。

三つの顔はドアの隙間からAさんを見つめている。

「ありがとう…」

微かな声が聞こえた。

Aさんはそそくさと退散した。

気味が悪かった。何かが、違和感が頭の片隅にあった。

子どもの顔が脳裏に焼き付いている。

顔…。

背中がぞくぞく震え始めた。

…顔、並んだ…。

足早になる。一刻も早くあの家から遠ざかりたかった。

エレベーターが来ない。

…並んだ…縦に…。

ボタンを何度も押すが、一向に来る気配が無い。

非常階段に向かう。

酷く頭痛がした。吐き気もする。

非常階段の重い扉を開ける時、Aさんは背中に視線を感じた。

振り向くと10メートルほど向こうの廊下の角に、三人の顔があった。

ドアの隙間から見た時と同じように顔を半分だけ出して、虚ろな目でこちらを見つめている。

冷え冷えした真昼のマンションの廊下に差し込む光は、三人の顔をきれいに照らし出した。

Aさんは首周りのギブスも構わず階段を駆け下りた。

普段は健康のためエレベーターを使わず、一気に四階まで階段を駆け上がることもあるAさんだが、上までが途方もなく長く感じられた。

…縦に並んだ顔…有り得ない……。

…体が…無い…。

そして、顔の後ろにあった奇妙なものは…。

頭を…支える…手…。

その後、Aさんは近くのコンビ二で警察を呼んでもらった。

警察の捜査の結果、母親と子どもの死体が風呂桶の中から見つかったらしい。

死体には首が無かった。首はのこぎりで切断されており、死後三日ほど経っていた。

その日の内に夫が指名手配され、やがて同じ建物内で隠れているところを逮捕された。

母親と子どもの首もその男が一緒に持っていた。

そして男が発見されたのは彼の家ではなかった。

警官が血痕を辿って行ったところ、彼が隠れているのを見つけたのだった。

警察によると、彼はAさんの家の押入れの中に潜んでいたそうだ。

関連記事

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

駅のホーム

勘違い

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。 その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混…

病院(フリー背景素材)

宿直のバイト

数年前、大学生だった俺は、先輩の紹介で小さな診療所で宿直のバイトをしていた。 業務は見廻り一回と電話番。後は何をしても自由という、夢のようなバイトだった。 診療所は三階建て…

河川敷(フリー素材)

昔の刑場

俺のおふくろは戦前、満州から北朝鮮の辺りに開拓移民で居たのだが、夕暮れ時に街角の十字路で1メートルを超える人魂を見たことがあると言っていたな。 ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。 というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。 その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。 疲れていたのですぐ寝入るこ…

青い花(フリー写真)

人が増える霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。 先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。 田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。 …

禍垂(かすい)

昔まだ十代の時で、して良い事と悪い事の分別もつかない時の話。 中学を出て高校にも行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。 いつものようにツレから連絡があり、今から肝…

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。 おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …

蛍(フリー写真)

赤ちゃんの声

何年前だったかは今はもう覚えていません。 でも当時は凄く暑くて、扇風機を点けっ放しで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。 熱帯夜というやつですね。暑いと本当に…