達人

川(フリー素材)

これは父から聞いた話です。

父が子供の頃は、学校から帰ると直ぐさま川にサワガニ捕りに出掛けていたそうです。

その日も一人で川へサワガニ捕りに出かけました。季節は夏で、蒸し蒸ししていました。

最初は竿に糸を付け、おかずのイカを括り付けて捕まえていたのですが、暑くて我慢できなくなった父は川に入りながら捕まえていました。

空も赤く染まり始め、そろそろ帰るかと服を着ていると、おじさんが通り掛かり話しかけてきたそうです。

「坊主…川に入っちまったのか…」

父は頷くと、おじさんは話し出しました。

「あのな、坊主…この川でな、よく子供が殺されたんだとよ…」

父は驚きました。

「そんな話、聞いた事がない」

とおじさんに言うと、

「そりゃそうさ。おじさんが当人で、ずっと隠し通してきたからな…」

父は逃げようとしなかったそうです。

父にその理由を聞くと、そのおじさんからは全く殺気が感じらず、穏やかな空気しか感じ取れなかったかららしいです。

そのおじさんに父はこう聞いたそうです。

「おじさんは、もう人を殺すことをやめたの?」

「何故だい…」

「だって、今のおじさんは恐くないよ?」

そのおじさんは、自慢気にこう言いました。

「あー…子供を安心させる達人だからな。はは…」

父は咄嗟に逃げたそうです。

親にそのことを話し、警察に報告しました。

今でもそのおじさんは捕まっていないそうです。

父は「逃げ切れて本当に良かった」と言いました。

もし殺されていたら、私は今いなかっただろう…。

関連記事

裏S区(長編)

九州のある地域の話。仮だが、S区という地域の山を越えた地域の、裏S区って呼ばれている地域の話。現在では裏とは言わずに「新S区」と呼ばれているが、じいちゃんとばあちゃんは…

画鋲

幼稚園の頃に画鋲を飲まされそうになった経験があります。当時、私のいた幼稚園のサクラ組では「嘘はつかない」という簡単な法律があり、毎朝のHRでは「うーそついたら、針千本のーます♪…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…

電話受信のバイト

数年前、まだ大学生の頃に電話受信のバイトをしていた。クレームなども偶にあるけど、基本受信だから殆どは流れ作業ね。通信教育の会社なので一番多いのは解約かな。あとは教材の発…

工事現場(フリー写真)

持ち出された藁人形

俺は建設会社で現場作業員をしています。ある年の年末、道路工事の現場で働いている時の事でした。一日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、ミーティング時に使う折り畳み…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。何とい…

夜空の月(フリー写真)

砂利を踏む足音

学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮だった。周りは住宅地で、古くからあるお宅と、ベッドタウン化による新興…

紅葉狩り

俺が大学時代の20年以上前の話。友達がワンボックスの車を買って貰ったとかで、仲の良い女の子達も誘って紅葉狩りに行ったんだ。山奥で湖があって山道を歩くような所なんだけど、…

手(フリー素材)

変わってしまった家族

私の家族は、自由奔放な父と明るく誰からも好かれる母。どこにでもいる三人家族でした。あそこに住むまでは。今から12年前に引っ越した、三階建ての赤黒いマンション。そ…