ダレモイナイヨ

電話

ある年の夏の終わり頃の事でした。

私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。

その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。

ある時、いつものように開店準備をしているところに、友人が彼女を伴いやって来ました。

普段は私達の笑いの中心にいるとても明るい奴なのですが、その日に限って妙に無口で顔色も悪いように見えたので、少し心配になったのを覚えています。

取り敢えず、私は声をかけました。

「どうした? 元気ないじゃん。何かあったのか?」

「ああ、すげぇー怖い事があった…」

「何だよ、怖いことって。また幽霊か?」

「……」

しかし、それっきり彼は黙り込んでしまいました。

彼女もまた彼に口止めされているらしく、何も話してはくれませんでした。

彼は霊感が強いようで、これまでにも何度か自分の不思議な体験談をしてくれていたので、私としては「ああ、また幽霊なんだな」という感じでした。

ただ今までと違っているのは、いつもは無理にでも聞かせようとするくらいだったのですが、今回は何も話そうとせず、頭を抱えてじっと黙り込んでいるのです。

私は段々好奇心を抑えられなくなり、どうしても聞き出してやろうという気になりました。

その後、何とかその話を聞き出そうと、彼とその彼女にしつこく尋ね続けました。

すると彼はやっと重い口を開き、不思議な体験を語り出したのです。

それは、このような話でした…。

その日彼は専門学校の研修旅行を終え、自宅のある駅に到着した時にふと家の鍵を忘れてしまっているのを思い出し、念のため家に電話を入れてみる事にしました。

人の居なくなる事が稀な家なので、やはり数コールで誰か出ました。

「もしもし、俺だけど。いま○○駅。鍵がないから、鍵開けといてよ。お願いねー」

そう一方的に喋ると電話を切ってしまいました。そしてバスに乗り、家路についたのです。

家に着くと、困った事に鍵が開いていませんでした。

彼は不信に思い家の周りを見て回りましたが、家の中には人の気配が無く静まり返っていました。

しかし、数分前までは誰かが電話に出ていたので、どこか窓から見えない所に居るのだろうと思いました。

そしてもう一度電話をしてみようと思い、近所のタバコ屋の店先にある公衆電話へと向かいました。

電話をしてみると、また数回のコールで誰かが出ました。

「ガチャッ。…………」

「もしもし、俺だけど」

「…」

「もしもし!もしもし!!」

「………」

「もしもーし!!」

「…………」

「もしもし!俺だってばっ!!」

「……………」

なぜか相手は黙ったままでした。

その後数分置きに電話をしてみたのですが、どうしても通話が出来ない状態なので電話の故障だと思い、家の前で家族を待ってみることにしました。

暫くは家の前で途方に暮れていたのですが、突然、玄関脇に緊急用の予備の鍵を隠してあった事を思い出し、やっと家に入ることが出来たのです。

しかし家の中は静まり返っていて、どの部屋にも人の気配はありませんでした。

また、電話にも異常は見られず、きちんと使用できる状態だったのです。

これはおかしいと思った彼は、もう一度だけ公衆電話から電話をかけてみることにしました。

そして、きちんと鍵が掛かっている事を確認し、先程の公衆電話へと急ぎました。

少し緊張しながらダイヤルすると、先程のように誰かが電話に出たのです!

驚きながらもまだ家族の悪戯の可能性を捨て切れなかった彼は、電話の相手に呼びかけたのです。

「もしもし」

「……」

「もしもし、姉ちゃんなんだろ!答えろよ!!」

「……」

「なぁ、誰なんだよ!」

「……」

「オマエ誰なんだよ!!答えろってば!!」

「………」

暫く呼びかけても一向に相手が応答しないので、彼はこれで最後だと思い、こう呼びかけたのです。

「オマエ誰なんだよ。そこにいるのは判ってんだよ!誰かいんだろ!!」

すると、長い沈黙の後、

「……ダレモイナイヨ……」

と、初めて相手が答えたそうです。

今まで一度も聞いたことのない、どこか遠くの方から聞こえてくるような雰囲気の声でした。

彼はびっくりして受話器を叩きつけると、家へと急ぎました。

そして、家に着くとすぐさま家中を見て回ったのですが、鍵の開いている窓もなければ、人の気配もしなかったそうです。

しかし一つだけ、彼を再びゾッとさせた事がありました。

それは、居間の電話の受話器が外れて床に置いてあった事です。

私は今だにこの話をしたり聞いたりすると鳥肌が立ち、体中の毛が逆立つのを感じるのです。

関連記事

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

話しかけてきた人影

私の祖母は、亡くなるまでに何度もこの話をしていた。それは、私の父がまだ赤ん坊だったときのこと。ロンドンが空襲に遭い、住む家を破壊されてしまった祖母は、友人の家に身を寄せることに…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

赤ちゃんの人形

公園で友達と喋っていて、小便がしたくなったから、ちょっと離れた公園内のトイレに行った。『何やら線香くさいなぁ…』と思いながら用を足してトイレから出たら、上下スウェットで髪はぼさ…

部屋の灯り

北海道の知床の近くにある○○という町に友人と行った時のこと。知床半島の岬を観光するにはその町からバスに乗る必要があったんだけど、田舎なだけにバスが3時間に一本で、面倒臭くなって…

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。竹林になる前、明治・…