クレーマーの家系

Abstract-Art-Gerard-Stricher-4

うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。

・学生時代のある日、父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す

・その後、父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰して自殺

・育ての親の祖母が突然大量の「河原の石」を飲んで自殺

・その祖母の遺体を、何故か祖父が葬式前に庭に埋める。そして掘り起こして腕を食べる

・祖父が病院に入れられ、クレーマー本人は姉と弟とともに親戚の家で暮らし始めるが、親戚の叔母に台風の日に弟を海に投げ込まれて亡くす

・姉が精神に変調をきたし廃人になる

・当人も精神に変調をきたす

・戦後で他殺、自殺以外で亡くなった親戚のほぼ全ての人間が糖尿病で亡くなっており、体のいずれかの部分を壊死によって切断している

・今現在存命している親戚関係の全員が糖尿病を発症し、全員が壊死したどちらかの脚を切断している

これを聞いた時は、呪われた家系というワードが真っ先に思い浮かんだ。

そういうのって本当にあるんだなーと。

まあ、でも何より怖いのはこんな個人情報が巷に知れ渡ってしまう田舎の環境かもしれんね。

関連記事

発見した遺体

数年前、森の中を歩いていたとき、とっても甘い香りを嗅いだんだ。 今まで嗅いだことがないほど甘い香りで、どこから漂ってくるのか突き止めたくなった僕は、その辺りの草むらを探ってみた。…

ビーチ(フリー写真)

楽しそうな笑み

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。 俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。 その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んで…

手(フリー素材)

変わってしまった家族

私の家族は、自由奔放な父と明るく誰からも好かれる母。どこにでもいる三人家族でした。 あそこに住むまでは。 今から12年前に引っ越した、三階建ての赤黒いマンション。 そ…

帰り道

足が欲しい

大学時代、一つ上の先輩から聞いた話。 小学4年生の頃、学校からの帰り道にいつも脇道から出てくる中年の男性がいた。 しかも常に彼女がその脇道を通りかかる時に出てきて、ぼんやり…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。 父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。 これは年末の深夜の話。 祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

蔵(フリー写真)

犬神様の蔵

学生の時、友人と民宿に泊まった。 そこは古い民家のような所で、母屋の隣に大きな蔵があった。 民宿のおばあちゃんが言うには、その蔵には神様が祀ってあるから入るなとのこと。 …

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。 放課後にそこでオヤツを食べた…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。 彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。 なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

おまえこそ

自分が大学生の時の話。マジで思い出したくない。 自分が学生の時の友達にA君という奴がいた。A君には中学くらいの時から付き合ってるBさんという彼女がいて、いつもどこに行くにも一緒っ…

蟹風呂

まあ聞いてくれ。 俺は霊感とかそういうのは持ち合わせちゃいない。 だけど恐怖と言う意味では、幽霊なんぞよりもよっぽど恐ろしいモンがある。 昔、小さい印刷会社みたいなと…