報道されない事件

都会の景色(フリー写真)

新聞にも載らなかった話。

とあるマンション(市内では自殺の名所で知られている)で女性の死体が見つかりました。

仰向けに寝かされた状態。年齢は20代後半くらい。革のミニスカ-トにストレッチブ-ツ。

上は何故か分厚い灰色のセ-タ-の上に、鮮やかな朱色の薄手のカ-ディガンを着ており、下にはストッキングを履いていたそうです。

ブ-ツの片方が脱げかけのような中途半端な状態で、死後数時間というところだったそうです。

第一発見者が救急車を先に呼んだため遺体が搬送されてしまったので、警察を呼んだ時にはもう時既に遅しでした。

警察は遺体の状況について発見者の方達から聞くしか術が無く、警察も

「ここは自殺が多いから自殺者でしょう」

と一言。

しかし周りには多くの木が植えてあり、自殺である場合はその木々が必ず折れたりします。

それに遺体を見た感じでは外傷が無く、あまりにも綺麗過ぎて、周りに血が飛び散った跡もありませんでした。

住人や発見者の目から見ても、自殺者で無い事は明らかだったそうです。

後日新聞などをチェックしましたが、全く報道されていませんでした。

現在も報道されずです。

警察から聞いた話では、

「外傷が無いのに、全身の骨が全て折れている状態」

とだけ聞きました。

被害者の女性がマンションで見つかった時刻は、午前11時過ぎ。

しかし午前10時からこの遺体発見までの間に目撃者は無く、発見される10分前に至っても、幾人かは

「死体は無かった」

と証言しています。

問題は、このよく解らない事件が警察で止まってしまっている事です。

報道されれば少しは身元の情報も得られるかもしれないのに。

自殺も迷惑ですが、遺体遺棄はもっと迷惑ですし、被害者の方も浮かばれません。

怖いのは、このように報道されない事件もあるということかな。

チャイムが鳴る

ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は自宅の2階で昼寝をしていた。 「ピンポ~ン、ピンポ~ン」 誰か来たようだ。俺以外家には誰もいないし、面倒くさいので無視して寝ていた。 「…

神秘的な森

角田の森

あれは小学6年の夏休みの事でした。 友人のHとTが角田の森で遊んでいた時、Hが奥の廃屋へ行ってみようと言い出したそうです。 当時、私達は角田の森でよく遊んでいました。 …

・・・からの電話

A、B、Cの三人が、卒業旅行で海辺にあるAの別荘に遊びに行った。 別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然1本の電話が。Aが言うには、昼間、浜で地元の女の子と知り合い、…

山(フリー写真)

山の掟

親父から聞いた話。 今から30年程前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。 山の中に作った炭窯でクヌギやスギの炭を焼く。 焼きに掛かると足かけ4日にもなる作業の間、釜の側…

割れたスイカ

あれは10年くらい前の暑い夏の日でした。 俺は仕事で車を運転していて、それまで順調に流れていたのに急に渋滞し始めた。 『くそー、なんだよ…』 渋滞しているけど、ゆっく…

巨頭オ

男はふとある村の事を思い出した。 数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。 心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。 不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。 現地警察に通報…

村

閉ざされた集落

もう20年以上前、少年時代の話である。 俺は名は寅、友達は雄二に弘樹と仮名を付けておく。 ※ あれは小学校六年生の夏休み、俺達は近所の公園で毎日のように集まり遊んでいた。 …

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。 当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。 と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …