奇声を発するおっさん

3

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。

朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してくれるんだ。

それから1ヶ月経った頃、夜中の23時くらいに上のおっさんの部屋から「イーッ!」とか「アーッ!」みたいな感じの奇声が聞こえた。

後は「ブルルッ」てよく解らない音。そんな薄い壁でもないし、大きな音だと思う。奇声は二時間程で止む。

はじめはテレビの音だろうなと気にしなかったんだが、その日から毎日続くのでさすがに辛い。

なので一週間前に苦情を言いに行った。朝笑顔で挨拶してくるし、話せば解る人だと思ったんだ。

俺も喧嘩腰じゃなく紳士的に接すればご近所トラブルにはならないだろうと思ってな。

それで夜23時頃、例の奇声が聞こえてきたのでおっさんの部屋に行った。

ドアの前に来ると「アーッ!」とか「イーッ!」とか聞こえる。やはり大きな音だ。

呼び鈴を鳴らしたら「ブルルッ、ブルルッ」という音が近付いて来た。

『なんだ?』と思っていると勢いよくドアが開き、おっさんが物凄い勢いで首を横に振りながら「ブルルッ、ブルルッ」って。物凄い勢いなんだ。

しばらく呆然としていると、おっさんは白目を剥きながら「イーッ!ブルルッブルルッブルッアーッ!ウーッ!ブルッブルルッ!」。

俺は「すいません」と謝って逃げ出したよ。自分の部屋に戻って『何なんだあのおっさん…』と考えていると、ドアの外から「ブルルッ!」って…。

俺がガクブルだよ。

10分程でおっさんは帰ったみたいだが、俺は寝付けなかった。

怖かったけど昼に用事があったので、おっさんと遭遇しないようにいつもより早く家を出て、漫喫で時間潰そうと家を出たついでにゴミ出しをしていると、

「おはようございます!」

見上げたらいつも以上に笑顔のおっさんが顔を出していた。

今、俺は友達の家に泊まって引っ越しを考えてるよ。

関連記事

・・・からの電話

A、B、Cの三人が、卒業旅行で海辺にあるAの別荘に遊びに行った。 別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然1本の電話が。Aが言うには、昼間、浜で地元の女の子と知り合い、…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。 父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。 しかし、…

夕焼け(フリー素材)

無知

最近、某巨大掲示板でとあるコピペを見つけた。 それを見て忘れかけていた数年前に起きた事件を思い出したので、ここに書こうと思う。 ※ 確か今から5年前の夏休み。俺が中学生の頃、…

首刈り地蔵

小学生の頃、両親が離婚し俺は母親に引き取られ、母の実家へ引っ越すことになった。 母の実家は東北地方のある町でかなり寂れている。家もまばらで町にお店は小さいスーパーが一軒、コンビニ…

抽象画

娘と狛犬

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引いた時、3回連続で凶が出た。 こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った。 「それ、どうしたの?」 …

女性

リゾートバイト(後編)

俺達は死んだように眠り、翌日、離塵さんの声で目を覚ました。 「皆さん、起きれますか?」 特別寝起きが悪い樹を、いつものように叩き起こし、俺達は離塵さんの前に3人正座した。 …

謎の男のシルエット

成りすまし

大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。 本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びと…

B型肝炎

薬害エイズ。 国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。 非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な…

山小屋(フリー画像)

けんけん婆あ

子供の頃は近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にそこで遊んでいた。 この山の通常ルートとは別の、獣道や藪を突っ切った先には謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば…

女性のフリーイラスト

晴美の末路

へへへ、おはようございます。 今日は生憎天気が悪いようで。あの時もちょうど今日みたいな雨空だったな。 あ、いえね、こっちの話でして。え? 聞きたい? そんな事、誰も言ってな…