笑い袋

笑い袋

もう20年以上前の話です。

当時小学低学年だった私には、よく遊びに行く所がありました。

そこは大学生のお兄さんが住む近所のボロアパートの一室です。

お兄さんは沢山の漫画やラジコン等を持っていたので、私の他にも近所の子供が何人も出入りする子供の溜まり場の様な所でした。

そんな場所で体験した出来事の話です。

ある冬の日の事です。いつもの様に近所の子供数人でお兄さんの部屋に遊びに行くと、お兄さんが部屋の片付けをしていました。

「お?お前達か」

「何してるの?大掃除?」

「まあな、まあ上がれよ」

そう言うと私達にジュースを出してくれました。

そして、少し戸惑いながらこう言いました。

「実は春から働く事になったんだけど会社がここから遠くてな、引っ越す事になったんだ」

「えー!」

突然の事で驚く私達に続けて言います。

「もう少しで片付けも終わるんだけど、勿論手伝ってくれるよな?」

「手伝ってくれたら好きな物持っていってかまわないぞ!」

「え?ホント!」

漫画本やラジコンが貰えるとあって大張り切りです。

そんなこんなで片付けの手伝いが始まりました。

1時間ほどして片付けもあらかた済んで一息ついた頃でした。

「うっ…ふ…うっ…ふ・ふ・ふ…」

どこからか低い男の声で薄ら笑いの様な声が聞えて来ました。

皆にも聞こえた様で、一瞬会話が止まりました。

「うっ…ふ…うっ…ふ・ふ・ふ…」

「うっ……ふ……うっ…ふ・ふ・ふ…」

今度は押入れの方から薄気味悪い笑い声が小さいながらもハッキリと聞こえました。

皆、無言でお互いの顔を見合わせます。

暫く沈黙が続きましたが何かを思い出したかのようにお兄さんが声を出しました。

「あっ、あれか?」

そう言うとお兄さんは押入れの中をガサゴソと探し始めました。

「おっ、あったあった!」

お兄さんが取り出したのはピエロの絵がプリントされた巾着袋でした。

お兄さんの話ではそれは袋を握ると滑稽な声で袋が大笑いする “笑い袋” というオモチャで、以前付き合っていた人からプレゼントされた物だという事でした。

お兄さんは得意気にそのオモチャの説明をすると袋をいじりだしました。

ところが、袋は一向に笑い出しません。

「あれ、お、おかしいな。電池でも切れたか?」

そう言うとお兄さんは袋から赤黒い歪な形の機械を取り出しました。

私は一瞬引きました、その機械が “腐った心臓” に見えたからです。

その時です!

「うぁぁっ…」

機械をいじっていたお兄さんが情けない声を上げて機械を落としました。

私達の目の前に転がってきたその不気味な機械には、始めから電池など入っていなかったのです。

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。山一つと言っても、子…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

金色の金魚(フリー写真)

浮遊する金魚

小学2年生くらいまで、空中を漂う金色の金魚みたいなものが見えていた。基本的には姉ちゃんの周りをふわふわしているのだけど、飼っていた犬の頭でくつろいだり、俺のお菓子を横取りしたり…

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

ど田舎の小学校

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。引っ越す前までは気ままに過ごせていたんだけど、引っ越してからはよそ者ということも含めて周囲から浮いてしまい、アウェイな生…

雪山のロッジ(フリー写真)

フデバコさん

幼稚園の行事で、雪山の宿泊施設へ泊まりに行きました。小さなホテルに泊まるグループと、ロッジに泊まるグループに分かれていて、私はロッジに泊まるグループになりました。「寒い…

火柱

人型焼き

ある夏の日の話をしようと思う。その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。俺には少々オカルト趣味があり、変な話や不思議な物等が大好物だった。この日も、…

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。Kのフリークライミングへの入れ…

石段の向こう

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。母が婚前に英語の教師をした影響…