ガソリンスタンド

imgfd9767a3zikdzj

ある若い男がガソリンスタンドに行った。

車の窓拭きをしてくれている店員が、凄い顔で車の中を睨んでくる。

クレジットカードで会計をしたら、このカードは不正だから降りろといわれた。

男は実のところ、カードを使うのが初めてだったため、車の運転手はビクビクしながら店員について行った。

事務所に入った途端、怖い顔をしていた店員が急に心配そうに、こう言ったのだ。

「バックシートの下にいた包丁を持った男性は知り合いですか?」

関連記事

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

森の小屋(フリー写真)

牛の森

俺の地元に『牛の森』と呼ばれる森がある。森から牛の鳴き声が聞こえるのでそう呼ばれている。聞こえると言われている、とかそういうレベルじゃない。本当に聞こえる。俺自…

ふたりの父親

4~5歳くらいまで、父親が2人いた。それも、浮気とかじゃなくて、同じ父親が2人。意味が分からないと思うけど、顔形は全く同じなのに目つきだけが異様な感じがする、とにかくこ…

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

祖父の箱

旅先で聞いた話。伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。ただし、箱を開ける…

村

祟り神

中学生の頃に祖父から聞いた話。俺の地元の山には神主も居ない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。大半…

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

毟られる髪

中学時代、怪談ゲームを通して怪談話が好きになり、よく自分に構ってくれる母方従兄弟に怪談をせびってました。従兄弟は新しいもの好きで、ロンゲメッシュと当時では珍しい格好、友達も多く…

病院(フリー背景素材)

宿直のバイト

数年前、大学生だった俺は、先輩の紹介で小さな診療所で宿直のバイトをしていた。業務は見廻り一回と電話番。後は何をしても自由という、夢のようなバイトだった。診療所は三階建て…

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…