会社の開かずの間

公開日: 怖い話

扉(フリー写真)

うちの会社には、開かずの間がある。

嘘みたいな本当の話で、確かにある。

会社は3階建て。その3階の端に資材倉庫があり、その倉庫の奥に扉が設置されている。

新人の頃、資材を取りに倉庫に行った際にドアの存在に気付き、当時の先輩に聞いてみたのだが、

「気にすんな」

の一言で片付けられた。

会社の外から見て判ったのだが、そのドアの先には部屋があるようで、窓も付いている。

でも常にカーテンが閉められていて中は見えない。

不思議に感じたが、まあ倉庫の一部だろう、と思っていた。

一ヶ月程前、我が部署に新人のKが配属された。

4月からの研修を終え、正式に配属されて来たピカピカの一年生。

新人ということで、俺の時と同じように色々と雑用を頼まれることもある。

ある日、その新人のKが俺に質問をしてきた。

「○○さん(俺の名前)、あの、この前資材倉庫に行ったんですけど…」

ピンときた。

「あぁ、あの扉のことか?」

「そう、そうです。何ですかね? あの扉。奥の部屋も倉庫なんですか?」

俺と同じだ。何だか微笑ましい。

「あれな、俺もよく知らないんだ。昔、俺も先輩に聞いてみたら『気にすんな』って言われたよ」

「そうですか…。あれ、カギ掛かってるみたいなんですが、倉庫のカギで開くんですかね?」

「どうだろうな。試したこと無いけど。倉庫なら開くんじゃないか?」

「うーん…今度行ってみるかな」

なかなか好奇心旺盛な奴だ。俺も何か気になるので、

「中に何かあったら教えてくれよ」

と言っておいた。

その翌日。またKがやって来た。

「○○さん、ダメでした。あれ、倉庫のカギじゃ開きませんよ」

どうやら、あの後すぐ開けに行ったらしい。

「そうか、ダメか。じゃあ別のカギがどこかにあるんだろうな」

「いえ、違うんですよ。あの扉、こっちからは開けられないみたいなんです」

「ん…?」

「カギは掛かってるみたいなんですが、こっちからのカギ穴なんて無いんですよ」

「な…? じゃあ、あれか? 内側からカギが掛かってるってことか…?」

「そうなりますかね…」

悪寒を感じた。

内側から掛かっているカギ。ということはどうなる?

カギを掛けた何者かが、あの部屋に居るということか。

まあ、あり得ない構造ではない。でも何か引っ掛かる。

「何ですかねぇ。誰か専用の個室なんですかねぇ」

「まあ、閉じ込められてるって訳じゃないし、そいつの意思で自由に出入りはできるからな」

と言って、自分で気付いた。

「そうですねぇ。引き篭もりの人でも居るんですかね~」

「いや待て、おかしいな」

「何がです?」

「その扉はそいつが開けられるとしても…あの倉庫、内側からカギは開けられないだろ」

全く不可解だ。

奥の扉は内側から開けられるが、倉庫自体の扉は開けられない。

倉庫のカギは、資材を取り出す時以外は、常に閉めることになっている。

つまり、そいつは倉庫に閉じ込められていることになる。

「あ…そうなりますね。そうだ。それに…あの部屋。夜、外から見ても明かり点いてたことないですよね」

そうだ、確かに。残業で夜遅く帰る時でも、あの部屋から明かりが漏れていたことなんてない。

カーテンの隙間はあるのに。

「気になりますね…ちょっと調べてみましょうか」

「うーん、まあほどほどにな」

翌日から俺は出張だった。

ユーザーにペコペコ頭を下げて、接待しつつ不味い酒を飲んで、本社に戻って来たのは三日後だった。

帰って来た俺が聞いた最初のニュースは、

「Kが会社に来ない」

というものだった。

そしてその翌日に聞いたのは、

「Kが独りで暮らしてるアパートにも居ない」

という話だった。

実家にも帰っておらず、結果、Kは行方不明となった。

当然、俺はあの倉庫の扉が気になった。

しかし、出張から帰りたてで、書類整理に忙しかった。

それで気付くのが遅れた。

出張に行った翌日、Kからメールが届いていた。気付いたのは帰って来てから三日後だった。

出張先でも、特定の送信者からのメールは受け取れるようにしているが、Kは新人であったため、受け取る対象にしていなかった。まあ…言い訳だ。

メールは一文だけで、こう書かれていた。

『あきました』

あれから数週間経つが、Kは今だに見つかっていない。

俺はもう倉庫には行かないようにしている。

あの扉が原因なのかどうかは分からないが、何か関わっていると俺は確信している。

先日、昔に俺が扉のことを聞いた先輩に会った。今は支社に勤めているので、会うのは数年ぶりだった。

俺はKの話をしてみた。すると、先輩は扉のことを教えてくれた。要約するとこんな感じだ。

・10年くらい前にも、扉に関心を持った社員が行方不明になっている(先輩の同期らしい)。

・ここは場所が悪い。霊が集まり易い場所だ、と聞いたことがある。

・会社の設立時、特別な部屋を作り、そこに『何か』を置き、誰も入れないようにした。

・何が置かれているかは知らない。社長は知ってるかも?(当然聞けない)

・御神体だとか、怪しげな壷だとか、中には生贄を捧げた、などという噂もあった。

話を聞いて、俺は疑問に思ったことをぶつけてみた。

「何で扉を付けたのでしょう?」

「部屋なんだから、扉がないとおかしいだろ?」

最もなことを言われた。確かに『部屋』というものなら、それは必要かも知れない。

更にもう一つ聞いてみた。

「じゃあ、窓は? 無くてもいいですよね?」

「…」

先輩は暫く黙ってしまった。そして、こう答えてくれた。

「誘き寄せるには、必要なんだろ。お前、もうあの窓見るなよ? 何か見えても、見なかったようにしろ、な」

俺の頭には、あの窓からKが呼んでいる絵が浮かんだ。

窓側の道を通るたび、俺は視線を感じる。

いつか見上げてしまいそうな気がする。

耐え切れず、俺は転勤願いを出すことにした。先輩と同じように。

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。 周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

石段(フリー写真)

朽ち果てた神社の夢

二十年前から現在まで続く話。 俺は当時大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していた。 その時は、普段帰省時に通っている道とは別の道を通って行った。 見渡す限りの山や…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。 その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。 遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。 既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。 その為いつもよりも電車で…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になってかくれんぼをして…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。 と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

磨りガラス(フリー写真)

磨りガラスの人影

友人から聞いた話です。 数年前に彼が東京で一人暮しをしていた時のこと。 当時付き合っていた彼女が家に来ることになっていたので、夕方の17時くらいでしょうか、彼はシャワーを浴…

湧き水(フリー写真)

岩のくぼみ

父が二十代の頃に体験した話です。 私が住んでいる場所は、自然豊かな地域です。 山も海も身近にあり、今でも手漕ぎの小船で海へ出て、魚釣りをされる年配の方が沢山居られます。 …

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。 父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。 これは年末の深夜の話。 祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

謎の通報者

警察の友人に聞いた話。 殆どの人は、事件や事故があった場合は110番すると思う。 例えば自殺者を見つけた時なんかも通報すると思うんだよね。 実際に殆どの自殺者は通報に…