ハサミ女

ハサミ

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。

30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。

呼び名の通り常に裁ちバサミを持っていて、シャキシャキと虚空を切っている。

刃物を携帯しているのでよく警官に注意され、連れて行かれるところをみんなが見ているが、本人が温厚な性格のためか、女の自宅付近にしか出没しないためか、そこまでの危険視はされていなかったらしい。

友人が小学校を出る頃には、引っ越したのか死んだのか、いつの間にか姿を見なくなっていた。

友人が中学生時代のある日、数人と肝試しをしようという話になった。

場所は、今は無人となっているハサミ女の家。

山の入口に近く、人気の無い場所にぽつんと建っているトタン張りの平屋だ。

盛り上がって向かったは良いが、暗くて不気味な雰囲気満点の家の様子に、みんなすっかり怖気づいていた。

しかし友人は同行していた女子に良いところを見せたかったらしく、一人室内に入って行った。

室内はゴミやら毛糸玉やらが散乱していて、足の踏み場もない状態。

だけど特に何かが出るといういわくがある訳でもない。

3部屋ほどしかない室内をぐるっと歩き、見回った証拠に持って帰れる物はないかと物色していた。

それでクローゼットを開いたら、グラリと大きな物が倒れ掛かってきた。

パニックになりながらも友人が見たそれは、巨大なぬいぐるみ。

ただし、様々なぬいぐるみの頭部だけを乱暴に縫い合わせて人の形にした代物。

犬、猫、テディベアといったものから、グリコのおまけにあるような小さな人形まで、無数の頭がくっついていたという。

友人は半泣きで逃げ出し、肝試しは大失敗に終わった。

しかも後日、誰かが先生に告げ口をしたらしく、こっ酷いお叱りまで頂戴する羽目に。

更に嫌な後日談が一つある。

肝試し事件もあってか、近隣の人や警察がハサミ女の家を調べに行ったらしい。

そこでハサミ女の遺体が見つかった。

場所は、友人に倒れ掛かってきたぬいぐるみの中。

死因は定かではないが、ハサミ女は自分で自分の身体にぬいぐるみの頭部を縫い付けていったらしい。

友人は気付かなかったが、本物の動物の干からびた首も縫われていたそうだ。

関連記事

通学路(フリー素材)

お地蔵様の顔

小学校の頃、通学路に小さな祠があった。 その傍らに背が40センチぐらいのお地蔵様が四体、通学路の方を向いて並んでいたのだが、右端のお地蔵様だけ顔が見えないように、顔の前面が布で隠…

崖

おいぼ岩

時刻は夜十時を幾分か過ぎた、とある冬の日のこと。 僕を含めて三人が乗った車は、真夜中の国道を平均時速80キロくらいで、潮の香りを辿りつつ海へと向かっていた。 僕が住む街から…

雨(フリー写真)

黒い傘

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。 高校2年生の夏休みの時の話。 友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来…

ヒッチハイク(長編)

今から7年ほど前の話になる。 俺は大学を卒業したものの、就職も決まっていない有様だった。昔から追い詰められないと動かないタイプで、「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞か…

お化け煙突

数年前の事ですが、私の職場にKさんという人が転勤してきました。 Kさんは、私と同じ社員寮に住むことになったのですが、しばらくして、私と雑談している時に 「寮の窓から見える高…

公衆トイレ(フリー写真)

順番待ち

この間、東京に用事があって行ったんだよ。 片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、朝9時頃に新宿駅に着いた。 その途中にトイレ休憩もあったんだけど、眠くてずっと寝てい…

泉の広場の赤い服の女

3年近く前、泉の広場のところで、変な女がうろついていた。 通勤の帰りによく見かけた。 30前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。 …

自分の名前で検索

自分の名前(A子)で検索をかけてみた。 すると、10件ほど同姓同名の人たちが検索に引っかかった。 研究者や会社の経営者、同じ名前でありながら全然別の生活をしている人たち。 …

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

学校(フリー背景素材)

お守りばばあ

俺が小学生だった頃、地元に有名な変人の婆さんが居た。渾名は『お守りばばあ』。 お守りばばあは、俺が通っていた小学校の正門前に、夕方頃になるといつも立っていた。 お守りばばあ…