ハサミ女

ハサミ

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。

30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。

呼び名の通り常に裁ちバサミを持っていて、シャキシャキと虚空を切っている。

刃物を携帯しているのでよく警官に注意され、連れて行かれるところをみんなが見ているが、本人が温厚な性格のためか、女の自宅付近にしか出没しないためか、そこまでの危険視はされていなかったらしい。

友人が小学校を出る頃には、引っ越したのか死んだのか、いつの間にか姿を見なくなっていた。

友人が中学生時代のある日、数人と肝試しをしようという話になった。

場所は、今は無人となっているハサミ女の家。

山の入口に近く、人気の無い場所にぽつんと建っているトタン張りの平屋だ。

盛り上がって向かったは良いが、暗くて不気味な雰囲気満点の家の様子に、みんなすっかり怖気づいていた。

しかし友人は同行していた女子に良いところを見せたかったらしく、一人室内に入って行った。

室内はゴミやら毛糸玉やらが散乱していて、足の踏み場もない状態。

だけど特に何かが出るといういわくがある訳でもない。

3部屋ほどしかない室内をぐるっと歩き、見回った証拠に持って帰れる物はないかと物色していた。

それでクローゼットを開いたら、グラリと大きな物が倒れ掛かってきた。

パニックになりながらも友人が見たそれは、巨大なぬいぐるみ。

ただし、様々なぬいぐるみの頭部だけを乱暴に縫い合わせて人の形にした代物。

犬、猫、テディベアといったものから、グリコのおまけにあるような小さな人形まで、無数の頭がくっついていたという。

友人は半泣きで逃げ出し、肝試しは大失敗に終わった。

しかも後日、誰かが先生に告げ口をしたらしく、こっ酷いお叱りまで頂戴する羽目に。

更に嫌な後日談が一つある。

肝試し事件もあってか、近隣の人や警察がハサミ女の家を調べに行ったらしい。

そこでハサミ女の遺体が見つかった。

場所は、友人に倒れ掛かってきたぬいぐるみの中。

死因は定かではないが、ハサミ女は自分で自分の身体にぬいぐるみの頭部を縫い付けていったらしい。

友人は気付かなかったが、本物の動物の干からびた首も縫われていたそうだ。

旅館(フリー素材)

仮母女(かもめ)

若干の脚色はありますが、友人の兄の体験を本人目線で書いたものです。 ※ 今日は彼女の洋子と初めての一泊旅行。と言っても、家から電車で二時間ほどの県内北部にある温泉旅館だが…。 …

謎の通報者

警察の友人に聞いた話。 殆どの人は、事件や事故があった場合は110番すると思う。 例えば自殺者を見つけた時なんかも通報すると思うんだよね。 実際に殆どの自殺者は通報に…

カンカン(長編)

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。 その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。 夜になったら、い…

台風の街

盗まれたユンボ

ちょうど1ヶ月くらい前の出来事。 俺は京都に住んでいるんだが、今までオカルトなんぞに関わった事のない26歳。 そんな話はさておき、俺の住んでいるアパートの横では、新しく家を…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

生き延びた男

これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件の生存者の話です。 なので細部が本当なのか狂人の戯言なのかは分かりません。 しかし事件そのものは実際に起こり、北海…

山(フリー写真)

山の掟

親父から聞いた話。 今から30年程前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。 山の中に作った炭窯でクヌギやスギの炭を焼く。 焼きに掛かると足かけ4日にもなる作業の間、釜の側…

謎の男のシルエット

成りすまし

大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。 本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びと…

抽象的(フリー素材)

ムシャクル様

前職が前職だったので、不思議な話を聞く機会はそれなりにあった。 老若男女問わず、「こんなことがあったんだが、何もしなくて大丈夫か」「あれは一体何だったのか」などを寺に尋ねに来る人…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。 自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…