もう一人の足

公開日: 怖い話

銭湯(フリー背景素材)

母が高校生くらいの頃、母にはAさんという友人がいたそうです。

その人は別に心霊現象に遭うような方ではなく、本当に普通の人だったそうです。

ある日、母とAさんは近くの銭湯へと行きました。

長風呂派の母はゆっくりと入っていたそうですが、Aさんは比較的早く上がってしまう人らしく、熱いということで先に脱衣所へと行ってしまったそうです。

それから暫くして、衣類を身に着けたままのAさんが慌てて母の元へと駆け寄って来ました。

何事かと聞いてみると、Aさんはとても動揺しながら

「足が!足が!」

と言っていたそうです。

取り敢えずAさんを落ち着かせる為に、急いで浴場を後にして脱衣所へと向かいました。

番台には番頭さんが居り、脱衣所には誰も居ません。

Aさんは一人震えながら母の背中に隠れていたそうです。

Aさんが落ち着いた後、詳しく聞いてみました。

Aさん曰く、脱衣所へとやって来て、衣類を身に纏い、髪を乾かしていた時、たまたまヘアピンを落としてしゃがんだそうなのです。

屈むような感じではなく、上半身を下げるような体制でヘアピンを拾った時、自分の足の向こうに、もう一人の足があったそうです。

まるで、自分の後ろにピタリとくっつくように。

誰か待っているのかと身体を上げたそうですが、鏡にはAさんの姿だけ。

そこから急に怖くなったAさんは、衣類を身に纏ったまま浴場に居る母の元へと駆けた、とのことでした。

その時は単なる見間違いだろうと母も笑っていたそうですが、その日以来、Aさんは足を見ることが多くなったそうなのです。

初めて見た時のように屈もうがそうでなかろうが、いつも自分の側にピタリとくっついているそうなのです。

それからというもの、Aさんは元気を失くしてしまい、ある日お亡くなりになられました。

原因は酔っ払いが運転する車に追突されたとのことですが、母はきっと『足』が何かしら関わっているのではないかと思ったそうです。

後日、Aさんの通夜に参加した母ですが、帰って来るなり疲れた顔をして、私にこの話をしてくれました。

そして、一服を終えるなり一言呟きました。

「Aね、事故で命を落としたのもそうだけど、両足も失くしちゃったのよ」

もしかしたら、あの足はAさんのものだったのでしょうか?

それとも、Aさんの足を狙った何かだったのでしょうか?

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。 驚いて体を起こそうとするが動かな…

階段の角

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。 そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。 家が古いせいか、かなり家鳴りみたいなのがするんだよ。ガキだっ…

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。 大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

風呂の蓋

これはある女性がOLとして働きながら、一人暮らしをしていた数年前の夏の夜の話である。 彼女が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバス。 ある夜、沸いた…

ねろてばさん

じいじが言うには「ご先祖様が東で大きか地震が4つあった後の2年後に日本全土ば揺らすやつがくる」と。 これはじいじのじいじが言った言葉で、その後に防空壕を作ったらしい。その内の3つが関東大…

田所君

小学生のころ同級生だった田所君(仮名)の話。 田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。 学校の図書館を「根城」…

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

銀杏の木(フリー写真)

止まった時間

私が小学校3年生か4年生の時のことです。 友人5人と神社の境内で『ダルマさんが転んだ』をやっていました。 小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放って遊んでいま…

工場(フリー写真)

お婆さんと地蔵堂

茨城県の常磐自動車道の、とあるインターチェンジを降りてすぐの工業団地にあった工場での話。 その工場は夜勤者の交代が夜中の2時で行われていて、2時で交代して帰る途中の派遣社員が、…

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。 今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わ…