もう一人の足

公開日: 怖い話

銭湯(フリー背景素材)

母が高校生くらいの頃、母にはAさんという友人がいたそうです。

その人は別に心霊現象に遭うような方ではなく、本当に普通の人だったそうです。

ある日、母とAさんは近くの銭湯へと行きました。

長風呂派の母はゆっくりと入っていたそうですが、Aさんは比較的早く上がってしまう人らしく、熱いということで先に脱衣所へと行ってしまったそうです。

それから暫くして、衣類を身に着けたままのAさんが慌てて母の元へと駆け寄って来ました。

何事かと聞いてみると、Aさんはとても動揺しながら

「足が!足が!」

と言っていたそうです。

取り敢えずAさんを落ち着かせる為に、急いで浴場を後にして脱衣所へと向かいました。

番台には番頭さんが居り、脱衣所には誰も居ません。

Aさんは一人震えながら母の背中に隠れていたそうです。

Aさんが落ち着いた後、詳しく聞いてみました。

Aさん曰く、脱衣所へとやって来て、衣類を身に纏い、髪を乾かしていた時、たまたまヘアピンを落としてしゃがんだそうなのです。

屈むような感じではなく、上半身を下げるような体制でヘアピンを拾った時、自分の足の向こうに、もう一人の足があったそうです。

まるで、自分の後ろにピタリとくっつくように。

誰か待っているのかと身体を上げたそうですが、鏡にはAさんの姿だけ。

そこから急に怖くなったAさんは、衣類を身に纏ったまま浴場に居る母の元へと駆けた、とのことでした。

その時は単なる見間違いだろうと母も笑っていたそうですが、その日以来、Aさんは足を見ることが多くなったそうなのです。

初めて見た時のように屈もうがそうでなかろうが、いつも自分の側にピタリとくっついているそうなのです。

それからというもの、Aさんは元気を失くしてしまい、ある日お亡くなりになられました。

原因は酔っ払いが運転する車に追突されたとのことですが、母はきっと『足』が何かしら関わっているのではないかと思ったそうです。

後日、Aさんの通夜に参加した母ですが、帰って来るなり疲れた顔をして、私にこの話をしてくれました。

そして、一服を終えるなり一言呟きました。

「Aね、事故で命を落としたのもそうだけど、両足も失くしちゃったのよ」

もしかしたら、あの足はAさんのものだったのでしょうか?

それとも、Aさんの足を狙った何かだったのでしょうか?

関連記事

抽象画

神谷のおばさん

俺が中学生の時、『神谷のおばさん』という有名人がいた。同級生神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、近所はもちろん同じ中学の奴まで、殆ど神谷のおばさんを知っているほど有名…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。呼び名の通り常に裁ちバサ…

少女

喋れない幼馴染

少し長くなりますが、実体験を書き込みます。俺がまだ小学生の頃、家の隣に幼馴染A子がいた。A子は喋ることができなかった。生まれつき声帯が悪かったらしい……。更に、ここでは…

畑(フリー写真)

人面芋

兄夫婦の嫁さんが教えてくれた話。兄嫁(仮名・K子さん)のお父さんは、昔から農家をしている人だった。農家というのは、幼い頃からお手伝いをさせられるから大変だったと、K子さ…

祖父の箱

旅先で聞いた話。伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。ただし、箱を開ける…

夜の山(フリー写真)

山へのいざない

母の家系は某山と良からぬ因縁があるらしく、祖母より決してそこへ行ってはいけないと固く言われていた。「あの山に行ってはいかん。絶対にいかんよ。行ったら帰って来れんようになるよ」 …

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

チクリ

大学に通うために上京してすぐのことです。高田馬場から徒歩15分ほどにある家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。6畳でトイレ、キッチン付きだったので、その当時と…