もう一人の足

公開日: 怖い話

銭湯(フリー背景素材)

母が高校生くらいの頃、母にはAさんという友人がいたそうです。

その人は別に心霊現象に遭うような方ではなく、本当に普通の人だったそうです。

ある日、母とAさんは近くの銭湯へと行きました。

長風呂派の母はゆっくりと入っていたそうですが、Aさんは比較的早く上がってしまう人らしく、熱いということで先に脱衣所へと行ってしまったそうです。

それから暫くして、衣類を身に着けたままのAさんが慌てて母の元へと駆け寄って来ました。

何事かと聞いてみると、Aさんはとても動揺しながら

「足が!足が!」

と言っていたそうです。

取り敢えずAさんを落ち着かせる為に、急いで浴場を後にして脱衣所へと向かいました。

番台には番頭さんが居り、脱衣所には誰も居ません。

Aさんは一人震えながら母の背中に隠れていたそうです。

Aさんが落ち着いた後、詳しく聞いてみました。

Aさん曰く、脱衣所へとやって来て、衣類を身に纏い、髪を乾かしていた時、たまたまヘアピンを落としてしゃがんだそうなのです。

屈むような感じではなく、上半身を下げるような体制でヘアピンを拾った時、自分の足の向こうに、もう一人の足があったそうです。

まるで、自分の後ろにピタリとくっつくように。

誰か待っているのかと身体を上げたそうですが、鏡にはAさんの姿だけ。

そこから急に怖くなったAさんは、衣類を身に纏ったまま浴場に居る母の元へと駆けた、とのことでした。

その時は単なる見間違いだろうと母も笑っていたそうですが、その日以来、Aさんは足を見ることが多くなったそうなのです。

初めて見た時のように屈もうがそうでなかろうが、いつも自分の側にピタリとくっついているそうなのです。

それからというもの、Aさんは元気を失くしてしまい、ある日お亡くなりになられました。

原因は酔っ払いが運転する車に追突されたとのことですが、母はきっと『足』が何かしら関わっているのではないかと思ったそうです。

後日、Aさんの通夜に参加した母ですが、帰って来るなり疲れた顔をして、私にこの話をしてくれました。

そして、一服を終えるなり一言呟きました。

「Aね、事故で命を落としたのもそうだけど、両足も失くしちゃったのよ」

もしかしたら、あの足はAさんのものだったのでしょうか?

それとも、Aさんの足を狙った何かだったのでしょうか?

関連記事

逆さの樵面

私が生まれる前の話なので、直接見聞きしたことではなく、その点では私の想像で補ってしまう分もあることを先に申しておきます。それから地名、人名等は仮名としました。もったいぶ…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

月(フリー素材)

死神さん

子供の頃、友人がそのまた友人から聞いた話。ある姉妹が、とある実験をしてみようということになった。その実験というのが、夜中の午前2時に、寝ている人を真ん中にして二人左右に…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…

磨りガラス(フリー写真)

磨りガラスの人影

友人から聞いた話です。数年前に彼が東京で一人暮しをしていた時のこと。当時付き合っていた彼女が家に来ることになっていたので、夕方の17時くらいでしょうか、彼はシャワーを浴…

電柱から覗く女の子

関西圏からの報告で多い話を一つ。友達と何人かで遊んでいて、夕方ぐらいになるとこちらをそっと覗いている小学校高学年位の女の子がいる。その子は木や電柱、校舎の壁などから顔を…

終わらない鬼ごっこ

これは俺が小学校6年の時に、同じクラスのSって言う奴との間に起こった出来事です。コイツはいつも挙動不審で訳の分からない奴だった。事業中はいつも寝ていて給食だけ食べていつも帰って…

ドルイド信仰

ドルイドとは、ケルト人社会における祭司のこと。「Daru-vid: オーク(ブナ科の植物)の賢者」の意味。ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。ドルイ…

夜釣り(フリー写真)

夜釣り

俺が大学1年生の時の話。何もない田舎の大学に通う俺と大学の友人は、夜釣りに行くことを趣味にしていた。大学は、大きな漁港を持つ日本海側の地方都市に立地し、釣りの場所には困…