いっちゃん

公開日: 怖い話

花(フリー素材)

妹の話。

妹が5歳、自分が7歳の時、伯父が遊びに来た。

伯父を見るなり妹は、

「がしゃーんがしゃーん、イタイイタイの伯父さん」

と言い出した。

伯父も両親も俺も、訳が解らずポカーンとしていた。

そして妹は伯父の右手を掴み、

「あれぇ? お指あるね」

と言った。

伯父が工場の機械に挟まれ右手の指二本を切断したのは、その翌月だった。

こういうのは妹には珍しいことではなく、近所の寝たきりのお爺さんが死ぬ数日前も母に、

「○○のお爺ちゃん(寝たきりの人)のお葬式で、ママが黒い服着るのを見たよ。途中で雨降ってきて濡れちゃったの」

と、さも見て来たように言い、実際に葬式の途中で雨が降ってきて母がびしょ濡れになった。

これらのことは自分で知るのではなく、よく遊ぶ『いっちゃん』というお友達が教えてくれるらしい。

いっちゃんというのは妹の想像上の友人で、よく二人で遊んでいる(周りから見ると一人遊び)。

ただ、想像上とは言え妙なことは多々あり、奥の部屋から子供二人の笑い声が聞こえたので覗くと妹しか居らず、

「誰か居た?」

と聞くと、

「いっちゃん」

と答えたこともあった。

また、妹が泣きながら

「いっちゃんを怒らせたら玩具を隠された」

と言うので、妹の言う通り天袋を母親に覗いてもらったら、奥の方から妹の玩具が出てくることもあった。

どちらも妹の手が届く範囲ではなく、2歳上の俺でも無理な場所だった。

いっちゃんの特徴はと言うと、「10歳くらいの女の子」で「色白で可愛い」らしい。

ただ「怒らせると怖い」と言うので「怒るとどうなるのか?」と聞いたら、

「目が真っ白になって頭が膨れる」

と妙な表現をした。

妹が10歳の時、

「いっちゃんを怒らせた」「いっちゃんが消えた」「もう許してくれない」

と泣きじゃくったことがあった。

何をしたのか聞くと、

「いっちゃんが一緒に行こうと言ったから、嫌と言ったら物凄く怒った」

と言われた。

そして、

「じゃあ一緒じゃなく、お前が一人で行け」

と怒って消えたらしい。

数日後、妹が高熱を出し入院。

医療ミス(と俺は思っている)で死んだのはその2ヵ月後。

妹が死んだのといっちゃんとの関係は判らないけど、死ぬ数日前、

「部屋の隅っこにいっちゃんがいる」

と泣きながら訴えていた妹の顔は忘れられない。

カンカン(長編)

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。夜になったら、い…

運転注意

先日、父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話。その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。入り口まで着き、…

滝つぼ(フリー写真)

滝つぼの柄杓

17年前の1月頭、震災の一週間くらい前。俺が小学生の時の話。お年玉でカメラを買って貰ったばかりの友達と、そのお姉さんとの三人で、カメラの練習に少し山奥の自然公園に行くことになっ…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。恐い場所だという先行イメージ…

ひょっとこのお面(フリーイラスト)

ひょっとこのお面

俺の爺さんには従兄が居たらしいのだが、十代前半で亡くなっている。それがどうも不自然な死に方だったらしく、死んだ当時は親戚や近所の連中に色々騒がれたのだそうだ。 ※ 戦後すぐ…

炎(フリー写真)

呪い人形

呪いの藁人形をご存知ですか?それに関する話です。私は仕事柄転勤が多く、各地を転々としていました。時にはアパート、時には貸家。私が山口の萩という所に転勤に…

隠された部屋

友人が引っ越しをした。引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。俺たち…

和室(フリー写真)

連鎖と数珠

一年経ってようやく冷静に思い出すことができるようになった出来事がある。去年のちょうど今頃の話だ。その日は金曜日で、俺は会社の同僚数人と何軒かの店をハシゴして、すっかり良…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…

霊視

あるテレビ番組のディレクターが心霊番組の撮影をしていた。母親、息子、娘の3人家族のインタビューカットから始まった。彼らは目に涙を浮かべながら、父親の事を話してくれた。 …