いっちゃん

公開日: 怖い話

花(フリー素材)

妹の話。

妹が5歳、自分が7歳の時、伯父が遊びに来た。

伯父を見るなり妹は、

「がしゃーんがしゃーん、イタイイタイの伯父さん」

と言い出した。

伯父も両親も俺も、訳が解らずポカーンとしていた。

そして妹は伯父の右手を掴み、

「あれぇ? お指あるね」

と言った。

伯父が工場の機械に挟まれ右手の指二本を切断したのは、その翌月だった。

こういうのは妹には珍しいことではなく、近所の寝たきりのお爺さんが死ぬ数日前も母に、

「○○のお爺ちゃん(寝たきりの人)のお葬式で、ママが黒い服着るのを見たよ。途中で雨降ってきて濡れちゃったの」

と、さも見て来たように言い、実際に葬式の途中で雨が降ってきて母がびしょ濡れになった。

これらのことは自分で知るのではなく、よく遊ぶ『いっちゃん』というお友達が教えてくれるらしい。

いっちゃんというのは妹の想像上の友人で、よく二人で遊んでいる(周りから見ると一人遊び)。

ただ、想像上とは言え妙なことは多々あり、奥の部屋から子供二人の笑い声が聞こえたので覗くと妹しか居らず、

「誰か居た?」

と聞くと、

「いっちゃん」

と答えたこともあった。

また、妹が泣きながら

「いっちゃんを怒らせたら玩具を隠された」

と言うので、妹の言う通り天袋を母親に覗いてもらったら、奥の方から妹の玩具が出てくることもあった。

どちらも妹の手が届く範囲ではなく、2歳上の俺でも無理な場所だった。

いっちゃんの特徴はと言うと、「10歳くらいの女の子」で「色白で可愛い」らしい。

ただ「怒らせると怖い」と言うので「怒るとどうなるのか?」と聞いたら、

「目が真っ白になって頭が膨れる」

と妙な表現をした。

妹が10歳の時、

「いっちゃんを怒らせた」「いっちゃんが消えた」「もう許してくれない」

と泣きじゃくったことがあった。

何をしたのか聞くと、

「いっちゃんが一緒に行こうと言ったから、嫌と言ったら物凄く怒った」

と言われた。

そして、

「じゃあ一緒じゃなく、お前が一人で行け」

と怒って消えたらしい。

数日後、妹が高熱を出し入院。

医療ミス(と俺は思っている)で死んだのはその2ヵ月後。

妹が死んだのといっちゃんとの関係は判らないけど、死ぬ数日前、

「部屋の隅っこにいっちゃんがいる」

と泣きながら訴えていた妹の顔は忘れられない。

関連記事

古い住宅(フリー写真)

きてください

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。こちらから掲載をお願いする事もあれば、読者からの情報を参考にしたり、その他お店からハガキやFAX、…

竹林(フリー写真)

有刺鉄線の向こう側

小学生の時の記憶。私の育った町には昔、林があった。ただその林は少し変わっていて、林の中に入って途中まで行くと、ある部分を境に突然竹林に変わっている部分があった。…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。T「今バイト終わったから…

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

マネキン工場

幼い日、何てことなく通り過ぎた出来事。その記憶。後になって当時の印象とはまた違う別の意味に気付き、ぞっとする。そんなことがしばしばある。例えば。小学生の…

白いソアラ

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…