キャッシャ

蝋燭

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。

ろうそくには決まった形があり、仏像を崩したような形を、その年の番に抜擢された男のうち最も若い者が彫る。

また、家の水場や窓には様々な魔除けの品を飾り、それらが外れないよう見張る。

番人以外はその夜、例え家人であっても家の中に入ってはいけない。

他にもいくつか細かい決まり事があるのだが、これらはキャッシャと呼ばれる魔物から遺体を守るために代々受け継がれている風習だった。

16歳になった俺が初めてその夜番に参加した時のこと。近所の新妻が若くして亡くなった。

ろうそくを昼間のうちにじいちゃんに教えられた通り彫り上げ、夜更けには火を灯して宴会に入った。

メンバーは若い者から中年、年寄りまで様々で、俺以外は夜番を経験している者ばかりだった。

うちの家族からは俺と5つ上の兄貴が参加した。

宴会は粛々と進み(というか年寄り以外は番に対してやる気なし)、どう見ても気まずい雰囲気のまま時間だけが過ぎた。

俺は酒を飲ませてもらえなかったためジュースで凌いでいたが、さすがに午前1時を回った頃、眠気には勝てず洗面所に顔を洗いに行った。

ふと見ると、洗面所に二か所ある内の、小さく目立たない方の窓に飾った魔除けが傾いていた。

全ての窓の魔除けは1時間に一回、兄貴を含む若い者が見回っていたのだが、恐らく面倒で途中から厳密な確認を怠っていたのだろう。

本来ならば直ぐ年寄りに報告し、飾り直さなければいけないところだが、面倒だったので自分で真っ直ぐに直して放って置くことにした。

それが原因で兄貴らが爺さん達に叱られるのも見たくないという思いもあった。

席に戻ると間もなく物凄い音で玄関を叩く音が聞こえた。

驚き数人で玄関へ向かうと、隣家のおじさんが血相を変えてまくし立てた。

「キャッシャがでたぞ!おれの家の屋根から塀づたいにこの家に入っていったぞ!」

一瞬何を言っているんだと呆れたが、爺さんたちや中年たちは真っ赤になって、見回りを怠っていた兄貴たちを怒鳴り付け、慌てて家中の確認に向かった。

玄関先に残ったのは俺と先輩と兄貴の三人。

隣のおじさんはさも当然のように家に上がろうとしたが、兄貴が決まりを破るわけにはいかないと止めた。

おじさんは「そんなこと言ってる場合じゃないだろう!はやく魔除けを直すんだ!入れなさい!」と怒り出した。

兄貴や先輩が宥めるもおじさんは聞く耳を持たず、次第に「入れろおおおおおお!」とか「うああああああ!」などと奇声を発するようになった。

しかし、身体は直立不動のままで、顔だけしかめながら怒鳴っている。

視線が虚ろで、どこを見ているのか分からない。

魔除けのことの後ろめたさもあり、これ以上決まりを破る訳にはいかないと俺達全員が考えていたと思う。

とにかく凄い声で怒鳴り続けるおじさんを俺達は宥めた。

時間にして10分くらいだろうか、おじさんは大きく溜め息を吐き「もういい」と言い、戸を閉めて去って行った。

ほぼそれと同時に爺さんが戻り、水場の魔除けの向きが変わっていたと俺達を叱りつけた。

皆が集まったところで隣人のおじさんの話をすると、全員顔面蒼白になり、誰ともなく、

「キャッシャだ。キャッシャがでた…」

と呟いた。

その晩は明け方まで酒をやめ、総出で厳重な見張りを続け、その後は何事もなく夜明けを迎えた。

俺ははっきり言って生きた心地がしなかった。

後日談

隣家のおじさんはその夜、突如風邪を引いて寝込んでしまい、奥さんが夜遅くまで看病していたとのこと。

問題の時刻に奥さんはまだ看病を続けており、おじさんは確かに布団に横になっていた。外には一歩も出ていないとのこと。

魔除けには厳密な飾り方があり、その作法も教わったはずなのに、俺はろくに聞いていなかったようだった。

言い伝えでは、火や魔除けに不備があるとキャッシャが家に入り込み、死体(魂)を盗みに来る。

死体を盗まれた家はもう栄えることはないらしい。

キャッシャと仲良くなってはいけない。キャッシャに気に入られると、自分が死んだ時に必ず家に来るとか…。

番に参加した爺さんには、最後にキャッシャが出たのはもう何十年も前のことだったとか、お前らの世代がそのような体たらくでは村が滅びるぞ、とこっ酷く叱られた。

俺の身の周りで起きた唯一の恐怖体験です。

関連記事

自衛隊駐屯地の恐怖体験

私が新隊員教育でとある駐屯地にいた時の話です。ありがちな話かもしれませんが、どうかご容赦下さい。自衛隊には営内点検と言うものがあります。部屋の使用状況(物品の有無、整理整頓、清…

神社の生活

これは5年程前から始まる話です。当時、私は浮浪者でした。東京の中央公園で縄張り争いに敗れて、危うく殺されかけ追放された後、各地を転々とし、最後に近畿地方のとある山中の神社の廃墟…

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。学…

忠告

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。また、公園も併設し…

天井(フリー素材)

十時坊主

ある日、バイト先に群馬生まれの男が入って来た。そこでの俺は勤務年数が長かったので、入って来るバイトに仕事の振り分けや作業指導などの仕切りをやっていた。仕事を共にして行く…

コインロッカーベイビー

東京で一人暮らしをしている女性がいた。彼女はある時、誰の子とも分からない子供を身ごもったのだが、育てることができそうになかったので、自宅でひっそりと子供を生み、そのまま東京駅の…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…