陰から覗く女の子

公開日: 怖い話

雑木林(フリー写真)

後輩に聞いた話。後輩は四人兄弟で、体験したのは一番上の兄貴。

その兄貴が小学校低学年の時の話です。

その日、兄貴は友達数人と近くのグランドで野球をして遊んでいた。

グランドの周りは雑木林になって薄暗かったそうだ。

野球をしていた兄貴がふと雑木林の方を見ると、誰かがこちらを見ていることに気付いた。

よく見ると、それは自分たちと同じ歳位の女の子で、木の陰から顔を半分だけ覗かせてこちらをじっと見ている。

知らない子だったが、ずっとこちらを見ているので一緒に遊びたいのかと思った兄貴は、友達と相談して女の子に声をかけ、仲間に入れてやろうとした。

野球を中断してみんなで雑木林の方へ行くと、

「一緒に遊ぼうよ」

と、相変わらずこちらを見ている女の子に声をかけた。

すると女の子は木の陰に顔を引っ込めて隠れた。

兄貴達は女の子が恥ずかしがっているのかなと思い、

「ねぇ」

と声をかけながら木の陰を覗き込む。

しかしそこには誰も居なかった。

「あれ?」

おかしいなと思いながら辺りを見回すと、別の木の陰からさっきと同じように顔を半分出した女の子がこちらを見ている。

兄貴たちはまた声をかけながら女の子の方に近付いて行った。

しかし女の子はまた木の陰に隠れてしまう。

またみんなで木の影を覗くが女の子は居ない。

そしてまた別の木の陰からこちらを見ているのに友達が気付いた。

兄貴たちが近付くと顔を引っ込め、木の陰を見ると誰も居ない。

しかも女の子が移動する瞬間は誰も見ておらず、いつの間にか別の木に居る。

そんなことが何度も続き、兄貴たちはだんだん気味が悪くなってきた。

そのうち誰からともなくもう帰ろうということになり、女の子は放っておいて帰る事にした。

帰り道で「さっきの子、気持ち悪かったな」などと話していると、友達の一人が急に叫んだ。

そいつは後ろを見て「あれ!あれ!」と何かを指差している。

みんなが後ろを振り返ると、さっきの女の子が電柱の陰から顔半分だけ出してそこに居た。

気味悪さを通り越して怖かった。

それは友達も同じだったようで、

「逃げよう!」

誰かが叫んで、走り出そうと前を向くと、今まで後ろに居たはずの女の子が前方の電柱の陰から顔を半分出している。

あり得ない。

これは人間じゃない。

兄貴たちはパニックになり悲鳴を上げて、ばらばらに逃げ出した。

兄貴は目を瞑って電柱の横を走り抜け、全速力で家まで帰ると押し入れの中に逃げ込み、親が帰って来るまでずっとそこで泣いていた。

「家に入る瞬間、振り向いたらまた居たんだよね。電柱の陰からこっち見てた」

その後、この女の子を見た事はなく、この一回だけらしい。

遊びたかっただけなのかも知れないが『顔を半分しか出さないのに何か意味はあるのかな?』と想像すると結構怖い。

工事現場(フリー写真)

持ち出された藁人形

俺は建設会社で現場作業員をしています。 ある年の年末、道路工事の現場で働いている時の事でした。 一日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、ミーティング時に使う折り畳み…

背無し

会社からの帰路の途中、ある大学の前を通る。 そこは見晴らしの良いただの直線だが、何故か事故が多いことで有名だった。 その道をあまり使わない人には分からないだろうが、毎日車で…

トンネル(フリー写真)

友達だよな

ある日、数人の大学生が飲み会をしていた。 彼らは全員高校の時からの友達同士で、話題には事欠かなかった。 そして段々と盛り上がって来て、ちょっと肝試しに行こうという話になった…

九尾の狐

日本には狐の怪談が沢山残っている。その中で最も有名なのは「九尾の狐」ではないだろうか。 「九尾の狐」で有名なのは「白面金毛九尾の狐」三国随一の大妖怪と言われる程の実力。 古…

少女

霊感を持つ女

霊感がある知人の話。彼女曰く、霊感というのは遺伝的なものらしい。 彼女の母方の家系では、稀に霊感を持つ女が生まれるのだと言う。 彼女が子供の頃の事、母方の祖父の初盆で本家に…

東京五輪

ナレーションの声

小学5年生の頃、アメリカでワールドカップが開催された。 だからという訳ではないけど、幼馴染のNとよく近所の公園でサッカーをしていた。 ある日、「たまには別の公園でやろう」と…

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。 時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。 大抵の場合、じっとしてい…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…

校庭(フリー写真)

あやこさんの木

私が通っていた小学校に、あやこさんの木というのがあった。 何という種類かは分からないが、幹が太く立派な木だ。 何故、あやこさんの木と言うのかは判らない。 みんなそう呼…

湖のボート(フリー写真)

今度は落とさないでね

ある若いカップルに子供が出来てしまい、堕ろそうか悩んだ挙げ句、産むことにした。 しかしまだ若い二人には育てることが出来ず、相談した結果、その子を殺すことにした。 二人は夜…