陰から覗く女の子

公開日: 怖い話

雑木林(フリー写真)

後輩に聞いた話。後輩は四人兄弟で、体験したのは一番上の兄貴。

その兄貴が小学校低学年の時の話です。

その日、兄貴は友達数人と近くのグランドで野球をして遊んでいた。

グランドの周りは雑木林になって薄暗かったそうだ。

野球をしていた兄貴がふと雑木林の方を見ると、誰かがこちらを見ていることに気付いた。

よく見ると、それは自分たちと同じ歳位の女の子で、木の陰から顔を半分だけ覗かせてこちらをじっと見ている。

知らない子だったが、ずっとこちらを見ているので一緒に遊びたいのかと思った兄貴は、友達と相談して女の子に声をかけ、仲間に入れてやろうとした。

野球を中断してみんなで雑木林の方へ行くと、

「一緒に遊ぼうよ」

と、相変わらずこちらを見ている女の子に声をかけた。

すると女の子は木の陰に顔を引っ込めて隠れた。

兄貴達は女の子が恥ずかしがっているのかなと思い、

「ねぇ」

と声をかけながら木の陰を覗き込む。

しかしそこには誰も居なかった。

「あれ?」

おかしいなと思いながら辺りを見回すと、別の木の陰からさっきと同じように顔を半分出した女の子がこちらを見ている。

兄貴たちはまた声をかけながら女の子の方に近付いて行った。

しかし女の子はまた木の陰に隠れてしまう。

またみんなで木の影を覗くが女の子は居ない。

そしてまた別の木の陰からこちらを見ているのに友達が気付いた。

兄貴たちが近付くと顔を引っ込め、木の陰を見ると誰も居ない。

しかも女の子が移動する瞬間は誰も見ておらず、いつの間にか別の木に居る。

そんなことが何度も続き、兄貴たちはだんだん気味が悪くなってきた。

そのうち誰からともなくもう帰ろうということになり、女の子は放っておいて帰る事にした。

帰り道で「さっきの子、気持ち悪かったな」などと話していると、友達の一人が急に叫んだ。

そいつは後ろを見て「あれ!あれ!」と何かを指差している。

みんなが後ろを振り返ると、さっきの女の子が電柱の陰から顔半分だけ出してそこに居た。

気味悪さを通り越して怖かった。

それは友達も同じだったようで、

「逃げよう!」

誰かが叫んで、走り出そうと前を向くと、今まで後ろに居たはずの女の子が前方の電柱の陰から顔を半分出している。

あり得ない。

これは人間じゃない。

兄貴たちはパニックになり悲鳴を上げて、ばらばらに逃げ出した。

兄貴は目を瞑って電柱の横を走り抜け、全速力で家まで帰ると押し入れの中に逃げ込み、親が帰って来るまでずっとそこで泣いていた。

「家に入る瞬間、振り向いたらまた居たんだよね。電柱の陰からこっち見てた」

その後、この女の子を見た事はなく、この一回だけらしい。

遊びたかっただけなのかも知れないが『顔を半分しか出さないのに何か意味はあるのかな?』と想像すると結構怖い。

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。 専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。 発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

自殺志願

年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。 俺が19歳の頃の話です。高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしてい…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。 無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。 入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。 私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。 しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。 「…

不思議の国のアリス症候群

『不思議の国のアリス症候群』という病気を耳にした事があるだろうか。 これは得体の知れない悪夢に魘されるという症状で、人によっては毎晩のように発生する。 その悪夢とは常人の想…

倉庫(フリー背景素材)

曰く付きの絵画

一つ俺の体験談をば。 秋口の頃だったか、俺の勤めている会社の社長の菩提寺が建物の一部を修復するとかで、俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行か…

地下鉄(フリー写真)

地下鉄工事

俺の勤める会社が地下鉄工事を請け負った。 工事が始まってすぐに、出て来る出て来る、もう人骨だらけ。 ニュースにもなって、工事は一時中断して調査が始まったのだけど。 …

5ミリ

ある大学生が自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、なにやら背後に視線を感じる。 どうしても気になりふと振り返ると、背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男…

叩かれるドア

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。 まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。 iPodで大音量で音楽聴きながらハイ…

白いソアラ

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。 有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車…