旅館での恐怖体験

旅館(フリー写真)

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。

俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。

特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所も適当に確保する、という感じの旅行だった。

初日は山梨方面に向かい、何となく清里で降りてホテルに泊まった。

次の日、ホテルを出て富士山方面に電車で向かった。

甲府駅で降り、城跡を見たりして、夕方近くに再度電車に乗り込み静岡方面へ。

途中で温泉街を見つけたため、その日の宿を探そうと電車を降り、駅に置いてある案内板で旅館を探し電話をした。

近場の旅館やホテルは満室だったため、温泉街から少し離れた宿に電話をして空室を確認し、迎えに来てもらった。

迎えの人は30分過ぎても来ず、1時間後に軽のワゴンで到着した。

この時点で少し嫌な感じがしたが(霊的な意味ではなく、失敗したかなと)、迎えに来てもらっている手前、何も言わずに車に乗る。

車は綺麗なホテルや旅館を尻目にずっと進み、山奥の方へ。

周りには川しかない環境で、不安は更に増して行った。

結局、着いた旅館はボロボロで、周りには店も何も無い。

既に辺りは暗くなっており、本当に廃墟のようにしか見えない。

旅館に着いたは良いが、女将が迎える訳でもなく、仲居が来る訳でもない。

運転して来たおじさんが部屋案内をする始末。

食事の時間だけ告げると、そのおじさんもすぐにどこかへ。

客は一応他にも居るようで、横の二部屋が埋まっていた。

食事まで時間があったので、

「先に風呂に入ろう」

ということになった。

でも、風呂場へ着くと風呂は一つしかなく、女性と男性の使用が交互に時間で区切られていた。

その時間帯は女性の使用時間だったため、彼女だけ先に入ることに。

俺は疲れのため、部屋で炬燵に入りながらウトウトしていた。

それから暫くして、いきなり金縛りに。

炬燵の中に入れていた足先から、ゆっくりと何かが這い上がって来る感じがしているけど、身動きが一切取れない。

ズズズという音が耳元で聞こえ始め、瞼を開けようにも、眼球の上を皮越しに誰かが押しているような感じで、目が開けられない。

耳元のズズズという、何かを引き摺るような音は近付いて来ており、ズズズに混じって人の息遣いが聞こえる。

ズズズ、ハァ。ズズズ、ハァ。という一定のリズムで、誰かが何かを運んでいるような感じの音と息遣い。

そして、

「タスケテ。タスケテ」

と小さく聞こえる呟き声。

足元からは何かが這い上がって来ているように感じる。

その時、入り口の襖が開き、彼女が戻って来た。それと同時に金縛りも解けた。

かなり汗を掻いており、息も荒くなっていた。

彼女は心配していたが、あまり心配させたくなかったのと、自分自身も安心したかったので、

「変な夢を見ただけ」

と言い、風呂へ行く準備をした。

しかし男性の使用時間は食事を持って来る時間と重なっていたため、先に食事を食べる事に。

この食事が不味い事、不味い事…。

食事をした後に風呂場へ向かうと、誰も居らず独占状態。

誰も居ないのを良い事に風呂場で泳ごうと思い、足を湯船につけるとぬるい。ぬるすぎる。

そのため、湯船に入っても全然温まらずに寒くなる一方。

イライラしながら更衣室に向かう途中、窓を誰かが

「コツコツ」

と叩いた。

ビクッとして窓を見るが、外は真っ暗で何も見えない。

先程の金縛りを思い出し、怖さが急に湧いて来て、逃げ出すように更衣室のドアを開けようとした。

その瞬間、

「コンコン」

と再度誰かが窓を叩く。

コンコン、コンコンと二度三度と繰り返し叩いてくる。

何かを確かめようと、窓に目を向けかけた時、コンコン(ズズズ)コンコンと、何かを引き摺る音が紛れて聞こえた。

そのため、すぐに更衣室へ行き、体も拭かずに浴衣を着て部屋へ逃げ込んだ。

部屋に戻り、彼女に先程までの事を話すと、彼女は

「ここお化け屋敷みたいだもんねー」

と、俺を落ち着かせるために笑いながら、

「疲れよ、疲れ。温かい物でも買って来るね」

と言って部屋を出た。

俺は怖いのと、彼女にそんな醜態を見られて恥ずかしいのとで、複雑な気分で待っていた。

暫くして彼女がココアを持って来てくれたので、それを飲んだ。

そして押入れの上段から布団を取り出し敷いて、早めに寝ることに(布団も自分で用意する旅館でした)。

二人とも疲れていたため、すぐに眠りに就いた。

しかし、夜中にいきなり横の部屋から叫び声が聞こえて目を覚ました。

彼女と二人で顔を見合わせて、何があったのか耳を澄ましていると、横の部屋の客が、廊下にパタパタと逃げている音が聞こえる。

女性客二人らしく、二人でワーワー言いながら廊下で騒いでいる。

夜中に何を考えているんだ、というのと、睡眠を邪魔されたのとで、文句を言おうと怒り気味で廊下へ出た。

俺が廊下に出た事に驚いたようで、女性客は大泣きしながら

「キャーーーー」

と叫び出す。

その声に、彼女も何事かと廊下へ出て来た。

彼女達は泣きながらガクガク震えており、一人に至っては発狂状態になっている。

流石に怒る事はせずに、

「どうしたんですか?」

と聞くも震えるのみ。

自分達の部屋へ呼ぶも、拒否して首を振る。

暫くその状態が続いたが、彼女らは段々と落ち着いてきた。

しかし、

「どうしたんですか?」

と聞いても、その質問には一切答えない。

ただ、彼女達の部屋に何かあるようで、ずっとその方向だけを見て

「あっ、あっ」

と言う感じ。

何か不審者でも出たのかと思ったため、自分の部屋に戻り、入り口にあった箒を持って彼女達の部屋へ入ろうとすると、

「あ、や、やめたほうが…」

と服を引っ張り止められる。

「あ、いや、大丈夫ですよ。何かあればすぐに逃げますから」

と言い、中へ向かった。

中は明かりが点いており、入り口から部屋全体を見渡せる。

変わったところは何も無く、誰も居ない。

廊下へ戻ろうとした時に、入り口の真横からズズズ、ズズズと音がした。

焦って廊下へ逃げ出したところで、誰かが入り口横の押入れに居るんだなと思った。

すぐに部屋のドアの前で身構えて、

「おい、出て来い」

と叫んだ。

すると横の部屋から男性客が出て来たため、また女性客たちの悲鳴が聞こえた。

男性客に事情を話し、多分部屋の入り口横にある押入れに、誰かが隠れているのではないかと伝えると、男性が従業員を呼びに行くように女性達に指示した。

男性客は、

「私が中へ行くから援護してください」

と、彼の部屋から同じように箒を持って来て中へ。

まずはドアを開けて部屋を見渡す。誰も居ない。

次に横の押入れのドアの前に立ち、開ける準備をした。

その時、

「ドン!!ドン!!」

という音が押入れから鳴り、ズズズ、ズズズという音と共に、襖が少しずつ開き始めた。

襖はゆっくりと開いて行き、その襖の間から何かを引き摺っている音と共に、人の体の一部らしきものが見え始めた。

襖の間から手が出て来た瞬間に、男性客は思い切り襖を閉めて、相手の手を挟んだ。

しかし、その手の主は何も言わない。

それどころか、ズズズと挟まれた手を出してくる。

すかさず男性客は、その出てきている手を思い切り箒の柄の部分で殴る。

が、相手は何も言わない。

俺は何だか嫌な気分になり、箒で思い切り手を中に押し込めた。

その瞬間、

「ガンガン、ガンガン」

と後ろの窓が叩かれ、

「ああぁあぉっぁあ」

という変な声が聞こえたので振り向くと、窓ガラスがまるで鏡の様な状態になり(外が真っ暗だったため)、部屋の様子が映っていた。

箒を持って立っている俺。

その横に同じように箒を持って立っている男性客。

部屋の様子は同じ。

ただ違うのは、窓ガラスに映っている押入れは開いており、押入れの上部分に、奇形の人間らしきものが、ベタッと這い蹲ってこちらを見ている。

一瞬何が何だか解らないまますぐに押入れに向き直ると、部屋の押入れが開いた状態になっている。

ただ、そこには誰も居ない。男性客も同じものを見たらしくキョトンとしている。

どちらともなく再度窓ガラスを見るも、窓は部屋の様子を映しているのみ。

そこには先程の奇怪な人物は居ない。

それから30秒ほど経った後に、従業員の女性を連れて彼女達が戻って来た。

男性客と俺は何をどう説明すれば良いのか分からなかったが、起きたままの事を話す。

女性達は、

「もう、いやー。帰る。もう、帰る」

と泣きながら叫び、従業員は

「そんなことある訳ない。今までそんなことがあったことは一度もない」

の一点張り。

男性客が、

「確かに居たはずなんですけどね…何だったんでしょうか」

と俺に聞いてくる。

彼女も、

「本当に見た? 見間違いじゃなくて?」

と不安な様子。

俺も本当に見たのかどうか段々と分からなくなる。

ただ、箒で叩いた時の手の感触などはある。

男性客も同じようで、

「見間違いのはずはないですけどね」

と言う。

従業員は、

「この旅館でそのようなことはありません!」

とムキになり、部屋へ入り押入れを見渡す。

そこには何も無い。押入れの下部分には布団が入っているのみ。

「誰も居ないじゃないですか、ただの見間違いです」

と威圧的な態度で言う従業員。

ただ、振り向いた際に

「ヒッ」

と、驚きの声を出し尻餅をつく。

俺は何が起きたのか解らずに、従業員が見ていた方向、窓を見るも何も映っていない。

再度、

「ひぃーー」

と、押入れから離れて廊下に逃げ出す従業員。

何が何だか解らない客一同。

「何ですか? どうしたんですか?」

と聞くと、

「下、押入れの下」

と言う。

すぐに男性客が部屋に入り、押入れの下を見るも布団があるのみ。

反対側の襖を開けて確認してもやはり布団があるのみ。

「何ですか? 何も無いですよ?」

と言った瞬間、6人全員が居る状況で、窓ガラスがコンコン、コンコンと叩かれた。一斉に窓を見る。

窓には部屋が映っている。人数は合わせて6人。窓には廊下に座っている従業員も映っている。

女性達も映っている。俺も彼女も映っているし、男性客も映っている。

ただ、布団と布団に挟まれてもう一つ顔がある。

男性なのか女性なのかは判らないが、顔らしきものがある。

男性客がすぐに押入れから離れて確認する。その様子も窓には映っている。

しかし、俺を含めた他の人たちの目は、窓の中の押入れに釘付け。

その顔らしきものは、ズズズ、ズズズと音を出しながら出て来ようと、顔を引き摺って体を捩ってるように見える。

ズズズ、ズズズ、の間に、ハァと息遣いも聞こえる。

男性客はそこから逃げるように後ろへ。それを追いかけるようにズズズと顔も出て来る。

そこで彼女は違和感を感じたらしく、

「そっちじゃだめ!」

と男性客に言った。

ちょっと表現するのが難しいが、通常鏡は前後が逆に映る。

つまり、男性客が後ろに下がれば、男性客の背中が窓に大きくなって映る。

同様に顔が近付けば顔も大きくなって映ってくる。

ただ、彼女の一言で気付いたのが、顔は布団から出て来ていると言うよりも、窓から出て来ているように見える。

男性の背中は大きくなって映っているが、立体感は無いのに対して、顔は出て来れば出て来るほど立体感を増している。

男性客に、

「こっちへ逃げて!」

と言うと、すぐにこちらへ逃げて来た。

顔はどんどん布団から這いずって出てくる。

ズズズ、ズズズという音は、入り口横の押入れから聞こえるが、窓から顔が立体的に出て来る。

それと同時に、段々と顔だったものがはっきり見え出す。

今まで顔と思っていたが、顔で合っているのかどうかを疑いたくなるような奇怪なモノが窓から出て来た。

それはグチャグチャな薄桃色の塊だった。

体はグチャグチャになっており、それを顔のような塊が引き摺っていた。

その際に出る音がズズズだった。

人の目の場所に垂れ下がった目玉と、口の位置に窪みがあるため、人の顔に見えていただけで、実際は布団から何が出て来てるのか分からない。

今まで発狂していた女性客達も、何が起きているのか解らずただ呆然としている。

その瞬間、

「そっちじゃねぇおぉ」

と後ろから声が聞こえた。

それと同時に顔のような塊は、

「ああああああああああああああああああ」

と動物の鳴き声のような叫び声を上げて、凄い速さで這いずり回り、窓の外に向かってくねくねと動きながら這って行った。

本当に何が起こったのか、何だったのかは判らず仕舞い。

全員が何も声を発せられないし、理解しようにも理解できない状況。

時間が経ち、寒さを感じ始めて来てから男性客が、

「取り敢えず、ロビーかフロントにでも行きませんか?」

と全員に向かって言い、玄関前のロビーに向かい、他の従業員も駆けつけて暖房を入れてもらった。

毛布やら上に羽織る物やらを用意してもらい、温かいお茶を飲みながら朝まで無言で待った。

他の従業員達には女性従業員から話をするも、

「信じられない」

と口にしていた。

流石に大人6人が震えているので、信じるも何もないだろうが。

朝方になり、女性客達は

「荷物を取って来て欲しい」

と従業員に告げて、

「何でこんな目に遭うのよ。何なのこの旅館」

と文句を言い始めた。

男性客と俺と彼女は少し話をして、起こった事を整理しようとした。

「窓の外は墓地か神社でもあるんですか?」

と彼女が従業員に聞くと、

「外は崖になっていて、直ぐ下に川があるだけです」

と答えていた。

そこで風呂場で起こった事を従業員に話すと、風呂の外も川だけとのことだった。

結局何が起こったのかはさっぱり判らず。

外が明るくなってきたので、従業員が朝食を持って来て、それを食べた。

女性客達はすぐに帰りたいからとタクシー呼び、取って来てもらった荷物を持って、そのまま旅館を後にした。

男性客と俺と彼女は、部屋に戻り荷物を纏めようとしたが、やはり恐怖が残っており、他の従業員に付いて来てもらった。

そして荷物をまとめて、運転手に車で駅まで送ってもらう事に。

男性客は車で来てたようで、そこで挨拶を交わし別れた。

車に乗り込み駅へ向かう途中、車窓から川の方向を見た時に、何かが居るような気がした。

ただ、何も見えなかった。

駅に着き、運転手が

「本当に申し訳ございませんでした。またの機会をお待ちしております」

と言い帰って行った。

二度と行くか。

彼女と色々考察してみたけど、あの塊が霊だとしたら何なのか。

誰かに憑いていたのか。それともあの旅館に居たのか。

俺が金縛りに遭った時に聞こえた、

「タスケテ」

は誰が言ったのか。

結局判らないままです。

自分が何となく思ったのは、布団の置き場所が上下段が異なっていたのと、女性従業員に聞いた際、やけにムキになって否定していたので、旅館側は何か知ってるのかな、とも思います。

自分は二度と行く気はないですが、今だにその旅館はその温泉街で経営を続けています。

場所は言いませんが、その旅館には何か曰くでもあるのかもしれません。

ただ実際に変な体験だったので、表現するのも難しく、実際のところ何も判っていません。

関連記事

ビデオテープ

OLのAさんが仕事を終えて自宅へ帰り着くと、郵便受けに1本のビデオテープが入っていた。 中身が気になったAさんは、早速そのビデオテープを再生してみたのだった。 夜中に電気を…

禁忌の人喰い儀式

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人喰いの風習があったという土地だ。 とは言っても、生贄だとか飢饉で仕方なくとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。 鳥葬ならぬ…

きらきらさん

差し障りがあるといけないので、時と場所は伏せて書きます。 そこの施設内で、度々動物の惨殺死体が発見されるのです。 そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。…

ウェブカメラ

ライブチャットの恐怖体験

数年前のこと。私は田舎を出て八王子のぼろアパートで一人暮らしをしていた。 女子大に通いつつ、サークル活動はせずにアパートの近所のファミレスでバイトをする生活だった。 ファミ…

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。 その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。 そんな叔父は時間があれば…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。 父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。 しかし、…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。 私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。 当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

トプン

昨年の秋口、暇だったので札幌の某川上流にある小さなダムに釣りに行った時のこと。 住宅地からさほど離れていない場所にあるので、休日には親子連れも来るのんびりした所なんだけど、その日…

かんかんだら(長編)

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。 俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を…

和室(フリー写真)

連鎖と数珠

一年経ってようやく冷静に思い出すことができるようになった出来事がある。 去年のちょうど今頃の話だ。 その日は金曜日で、俺は会社の同僚数人と何軒かの店をハシゴして、すっかり良…