囁く声と黒い影

公開日: 怖い話

灯台(フリー写真)

昔、酒に酔った父から聞いた話だ。

私の実家は曳船業…簡単に言うと船乗りをしている。

海では不思議なことや怖いことが数多く起きるらしく、その中の一つに『囁く声と黒い影』というものがある。

夜、船に乗っていると、人の囁き声が聞こえて来る。

その声は小さ過ぎて、どんな話をしているのかは分からない。

しかし、はっきりと人の囁き声だと分かる。

その声が聞こえた時は、水面に立つ人影が必ず見える。

私も一度だけその影を見たことがある。

あれは小学生の頃に連れて行ってもらった、イカ釣りの時のことだ。

ぼそぼそと囁く人の声が聞こえ、その声の主を探そうと辺りを見回す。

すると、50メートルほど先に人影が立っていた。

最初は浮標かと思ったが、その影は動かない。

波があるにも関わらず、その空間だけぽっかりと穴が空いたような真っ黒な人影は、ピクリとも動かずそこに立っていた。

ふと横を向くと、客として乗っていたおじいさんにこう言われた。

「あまりアレを見るんじゃない。アレの顔を見ると良くないことが起こる」

ここからが父から聞いた話だ。

20年前、会社の従業員を8人ほど連れて飲みに出掛けた。

その時、従業員の一人がこんなことを言い出した。

「最近、影が近付いて来ている気がするんです…」

夜でなくとも海は距離感が掴み難く、その頃は仕事が立て込んでいた。

そして彼は普段から臆病なところがあった。

その為、父は疲れと怖れからそんな勘違いをしているのだろうと諭し、彼に何日かまとまった休みを与え、その日は解散となった。

彼が亡くなったのは、その2ヶ月ほど後のことだった。

船が沈没したのだ。

その時のことは、断片的にだが私も憶えている。

夜中にバタバタとした音で目が覚めると、父が大きな荷物を持ち、急いで家から出て行った。

翌日、祖父母の家に預けられ、母と父には一ヶ月ほどまともに会えなかった。

海難審判や亡くなった従業員の葬儀など、詳しいことは判らないが、とにかくとんでもないことが起きたということは幼い私にも理解出来た。

船が沈んだ理由は結局よく判らなかった。

可能性としては、エンジン系統の不具合が最も高かったようで、整備不良などの責任を問われ、父が海難審判に呼ばれたらしい。

しかし出港前の検査の結果や普段の管理の様子から、父や会社には落ち度が無いということが判った。

その騒動が一段落した頃、父は他の従業員からこう言われた。

「あいつ、あの後もずっと言ってたんです。やっぱり勘違いじゃない、近付いて来てるって。海に出るのが、夜が怖いって」

「自分の手が及ばないことだったとは解っていても、後悔してもしきれん。

だがこれだけは覚えておけ。海を甘く見るな。海はお前が思っている何倍も怖い場所なんだ」

父はそう話を締め括った。

関連記事

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。「…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。暫くは私のアルバム…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

パワーショベル

3人だけの秘密

この話は今から約20年前、私がまだ中学生だった頃の出来事です。夏休みも後1週間程となった8月の終わり。ろくに宿題も終わっていないにも関わらず、友人2人と近所の市営プールに遊びに…

チャレンジャー号の最期

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かった…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。一命はとりとめたものの、全身火傷の重体だった。昔の事とて、ろ…

不思議の国のアリス症候群

『不思議の国のアリス症候群』という病気を耳にした事があるだろうか。これは得体の知れない悪夢に魘されるという症状で、人によっては毎晩のように発生する。その悪夢とは常人の想…