前彼の祝福

公開日: 心霊ちょっと良い話

結婚式の席(フリー写真)

学生時代、彼氏を事故で亡くした。

私はそのことを引きずり、

「もう新しい彼氏も結婚もいらない」

と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁が降ってきた。

今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になった(これがそもそも不思議。色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)。

付き合い始めてみると、あれよあれよと結婚まで進んで行った。

そして結婚式当日。天気予報は雨だったのに何故か見事に晴れ。

式はつつがなく進み、招待客のお見送りの時間になった。

先頭に立って来たのは十年来の親友(女性)。

今日はありがとうと声をかけようとしたのだけど、その前に

「おめでとう、お幸せに」

と、私と主人と握手。一礼して退場。

仕草も言い方も、紛れもなく前彼のものだった。

一瞬驚いたけど『ああ、前彼だな、来てくれたんだ…』と何となく納得してしまった。

二次会の時、親友にそれとなく式の間のことを聞いてみると、何故か彼女は平謝り。

「乾杯のシャンパンしか口にしていないのに、緊張していたからか酔ったみたい。

式がお開きになる前後くらいから記憶がなくて、気が付いたら近所のカフェに座っていたの。

泥酔して迷惑かけたよね」

とのこと。

いえ、あなた普通に素面だったし、普段うわばみですよね…。

近くに居た他の友人曰く、

「酔ってた様子には見えなかった。そういう酔い方もあるんだね。

気分も悪くなさそう。と言うか『ああいい気分だ!』って言ってたよ」

もちろん親友はその記憶もなし。

ちなみに、式から二次会までそんな時間も空いていないのに、泥酔したはずの親友に酒が残っている気配は一切なし。

『ああ、前彼が祝福に来てくれたんだな。心配かけていたのね…』としんみりしてしまった。

そのうち子どもが出来たら、墓前に参って、

「ありがとう、幸せだよ。でも親友には謝っておこうね」

と伝えて来ようかなと思っています。

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。 その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。 疲れていたのですぐ寝入るこ…

ポン菓子(フリー写真)

ポン菓子

今から十年以上前に体験した不思議な話です。 母が10歳の頃に両親(私の祖父母)は離婚していて、母を含む4人の子供達は父親の元で育ったそうです。 「凄く貧乏だったけど、楽しか…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

母の四十九日まで

私が中学生の時の話です。 受験の真っ只中の時期に、母がくも膜下出血で入院。そのまま亡くなってしまいました。 その日の夜、 「最後に家族みんなで一緒に寝よう」 と…

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。 念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。 そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

メンコ(フリー写真)

思い出のメンコ

俺の親父から聞いた話。 親父が小さい頃の遊びと言ったらメンコが大ブームで、親父も色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか。 ある時、同じ町内のA君に…

住宅(フリー写真)

苦労かけるな

夜に2階の自室で、一人で本を読んでいた時のこと。 実家は建てた場所が悪かったのか、ラップ現象が絶えなかった。 自分は単に家鳴りだと思っていたのだが、その日はポスターから音が…

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。 私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。 一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

女性の後ろ姿(フリー写真)

ドライブの夢

3年前に昔の彼女が死んだ。信号無視の車に轢かれ、打ち所が悪かったのだ。 当時は既に別れていたから、友人から聞き葬式には出席できた。 復縁して別れた彼女だったのだが、一回目…

庭に咲く花(フリー写真)

光る玉

私の母は私を産む前に二度流産しており、三度目(私)の時も、何度か駄目になりかけていたそうです。 妊娠4ヶ月頃の時も、やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、その時、庭で二人…