前彼の祝福

公開日: 心霊ちょっと良い話

結婚式の席(フリー写真)

学生時代、彼氏を事故で亡くした。

私はそのことを引きずり、

「もう新しい彼氏も結婚もいらない」

と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁が降ってきた。

今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になった(これがそもそも不思議。色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)。

付き合い始めてみると、あれよあれよと結婚まで進んで行った。

そして結婚式当日。天気予報は雨だったのに何故か見事に晴れ。

式はつつがなく進み、招待客のお見送りの時間になった。

先頭に立って来たのは十年来の親友(女性)。

今日はありがとうと声をかけようとしたのだけど、その前に

「おめでとう、お幸せに」

と、私と主人と握手。一礼して退場。

仕草も言い方も、紛れもなく前彼のものだった。

一瞬驚いたけど『ああ、前彼だな、来てくれたんだ…』と何となく納得してしまった。

二次会の時、親友にそれとなく式の間のことを聞いてみると、何故か彼女は平謝り。

「乾杯のシャンパンしか口にしていないのに、緊張していたからか酔ったみたい。

式がお開きになる前後くらいから記憶がなくて、気が付いたら近所のカフェに座っていたの。

泥酔して迷惑かけたよね」

とのこと。

いえ、あなた普通に素面だったし、普段うわばみですよね…。

近くに居た他の友人曰く、

「酔ってた様子には見えなかった。そういう酔い方もあるんだね。

気分も悪くなさそう。と言うか『ああいい気分だ!』って言ってたよ」

もちろん親友はその記憶もなし。

ちなみに、式から二次会までそんな時間も空いていないのに、泥酔したはずの親友に酒が残っている気配は一切なし。

『ああ、前彼が祝福に来てくれたんだな。心配かけていたのね…』としんみりしてしまった。

そのうち子どもが出来たら、墓前に参って、

「ありがとう、幸せだよ。でも親友には謝っておこうね」

と伝えて来ようかなと思っています。

関連記事

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

吹雪(フリー写真)

大型トラックの男性

親父から聞いた話です。昔、親父が雪深い山の現場でバイトしていた時の事。妻子を置いて季節労働に来ている男性が居て、皆から頼られるリーダーとして現場を仕切っていました。 …

月の虹(フリー写真)

夢枕に立つ友人

五年前、幼稚園時代からの幼馴染だった親友のNが肺炎で死んでしまった。そいつはよく冗談交じりに、「死んだらお前の枕元に絶対に立ってやるからな」と言っていた。…

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。今から10年程前、長男が4才の時の夏。俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。父は10年以上前に事故で亡く…

火事(フリー写真)

男の手

俺に父は居ない。俺と双子の妹が生まれるずっと前に癌に罹り、俺たち兄妹が生まれて暫くしてから亡くなったらしい。 ※ 俺たち兄妹が小学生になったある日。学校から帰っての…

お花畑(フリー写真)

まだ来るな

僕には四つ下の弟が居て、彼はバイクで通勤していました。ある日、彼が出勤途中に事故に遭い、救急車で病院に担ぎ込まれました。僕にも連絡があり、急いで駆け付けましたが、彼は意…

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

河原(フリー写真)

猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。癌で入院しているのは知って…