前彼の祝福

公開日: 心霊ちょっと良い話

結婚式の席(フリー写真)

学生時代、彼氏を事故で亡くした。

私はそのことを引きずり、

「もう新しい彼氏も結婚もいらない」

と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁が降ってきた。

今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になった(これがそもそも不思議。色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)。

付き合い始めてみると、あれよあれよと結婚まで進んで行った。

そして結婚式当日。天気予報は雨だったのに何故か見事に晴れ。

式はつつがなく進み、招待客のお見送りの時間になった。

先頭に立って来たのは十年来の親友(女性)。

今日はありがとうと声をかけようとしたのだけど、その前に

「おめでとう、お幸せに」

と、私と主人と握手。一礼して退場。

仕草も言い方も、紛れもなく前彼のものだった。

一瞬驚いたけど『ああ、前彼だな、来てくれたんだ…』と何となく納得してしまった。

二次会の時、親友にそれとなく式の間のことを聞いてみると、何故か彼女は平謝り。

「乾杯のシャンパンしか口にしていないのに、緊張していたからか酔ったみたい。

式がお開きになる前後くらいから記憶がなくて、気が付いたら近所のカフェに座っていたの。

泥酔して迷惑かけたよね」

とのこと。

いえ、あなた普通に素面だったし、普段うわばみですよね…。

近くに居た他の友人曰く、

「酔ってた様子には見えなかった。そういう酔い方もあるんだね。

気分も悪くなさそう。と言うか『ああいい気分だ!』って言ってたよ」

もちろん親友はその記憶もなし。

ちなみに、式から二次会までそんな時間も空いていないのに、泥酔したはずの親友に酒が残っている気配は一切なし。

『ああ、前彼が祝福に来てくれたんだな。心配かけていたのね…』としんみりしてしまった。

そのうち子どもが出来たら、墓前に参って、

「ありがとう、幸せだよ。でも親友には謝っておこうね」

と伝えて来ようかなと思っています。

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。 のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

おじいさん(フリー写真)

おんぶしてあげるよ

去年、祖父が亡くなりました。 僕は祖父にはよく可愛がってもらっていましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。 不思議な体験というのは、その祖父の葬儀の時に起こり…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。 私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。 その時、隣に二人の女の子…

空(フリー写真)

爺さんの教え

学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。 悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。 「人前で泣くな」 が爺さんの教えだったから。 ※ 数日後、母か…

おばあさんの手(フリー写真)

嫁姑

10年程前、祖母が死去。死因は肺炎。寝たきりの老人の方には多いらしい。 祖母は亡くなる三年程前から痴呆が始まり、徘徊したり家中で排泄したり大声を出したり、それは大変だった。 …

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。 その店は10階建てのビルの地下にあった。 地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…

夜の病院(フリー素材)

赤いパジャマの女の子

15年前に事故で左手首を手術。 夜中に麻酔が切れ、朦朧として唸っていると、傍らに赤いパジャマ姿の十歳くらいの女の子が立っていた。 『痛いの?』と頭の中で声がしたので「うん…

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

蝋燭(フリー写真)

お地蔵さん

私の地元では年に2回「お地蔵さん」という行事と言うか、お寺のお参りイベントみたいものがあるんです。 あるお寺に行き、あの世で幸せにしていて欲しい亡くなった方の名前を読み上げて、…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。 左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。 現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…