前彼の祝福

公開日: 心霊ちょっと良い話

結婚式の席(フリー写真)

学生時代、彼氏を事故で亡くした。

私はそのことを引きずり、

「もう新しい彼氏も結婚もいらない」

と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁が降ってきた。

今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になった(これがそもそも不思議。色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)。

付き合い始めてみると、あれよあれよと結婚まで進んで行った。

そして結婚式当日。天気予報は雨だったのに何故か見事に晴れ。

式はつつがなく進み、招待客のお見送りの時間になった。

先頭に立って来たのは十年来の親友(女性)。

今日はありがとうと声をかけようとしたのだけど、その前に

「おめでとう、お幸せに」

と、私と主人と握手。一礼して退場。

仕草も言い方も、紛れもなく前彼のものだった。

一瞬驚いたけど『ああ、前彼だな、来てくれたんだ…』と何となく納得してしまった。

二次会の時、親友にそれとなく式の間のことを聞いてみると、何故か彼女は平謝り。

「乾杯のシャンパンしか口にしていないのに、緊張していたからか酔ったみたい。

式がお開きになる前後くらいから記憶がなくて、気が付いたら近所のカフェに座っていたの。

泥酔して迷惑かけたよね」

とのこと。

いえ、あなた普通に素面だったし、普段うわばみですよね…。

近くに居た他の友人曰く、

「酔ってた様子には見えなかった。そういう酔い方もあるんだね。

気分も悪くなさそう。と言うか『ああいい気分だ!』って言ってたよ」

もちろん親友はその記憶もなし。

ちなみに、式から二次会までそんな時間も空いていないのに、泥酔したはずの親友に酒が残っている気配は一切なし。

『ああ、前彼が祝福に来てくれたんだな。心配かけていたのね…』としんみりしてしまった。

そのうち子どもが出来たら、墓前に参って、

「ありがとう、幸せだよ。でも親友には謝っておこうね」

と伝えて来ようかなと思っています。

関連記事

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

父と息子(フリー写真)

親父の微笑み

俺が地元を離れて仕事をしていた時の事。休みも無い仕事だらけのGW中に、普段は滅多に掛かっては来ない実家からの電話が鳴った。親父危篤、脳腫瘍。持って数ヶ月。親父が…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

ソファー(フリー写真)

人の想い

俺は出張マッサージを生業にしているのだけど、十何年か前、名前を言えば誰でも知っている会社の会長さんのお宅に仕事でお伺いした時の事。いつものように呼び鈴を押して返事を待っていた…

公園のブランコ(フリー写真)

友人を見守る人

これは俺が小学二年生の時の話です。怖くはないのですが、良ければ読んで下さい。その日、自転車でブラブラしていた俺は、小さな公園があるのを発見した。ブランコと滑り台、それと…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。A子には3…

雨(フリー写真)

涙雨

親父の葬式の時の話。告別式の最中、心の中で親父に語りかけていた。『親父、まだ上には行ってないだろ。側に居るなら蝋燭を揺らしてみてくれ』すると壇上の蝋燭が激しく…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに「あなたに膜のようなものが掛かって見…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…