前彼の祝福

公開日: 心霊ちょっと良い話

結婚式の席(フリー写真)

学生時代、彼氏を事故で亡くした。

私はそのことを引きずり、

「もう新しい彼氏も結婚もいらない」

と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁が降ってきた。

今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になった(これがそもそも不思議。色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)。

付き合い始めてみると、あれよあれよと結婚まで進んで行った。

そして結婚式当日。天気予報は雨だったのに何故か見事に晴れ。

式はつつがなく進み、招待客のお見送りの時間になった。

先頭に立って来たのは十年来の親友(女性)。

今日はありがとうと声をかけようとしたのだけど、その前に

「おめでとう、お幸せに」

と、私と主人と握手。一礼して退場。

仕草も言い方も、紛れもなく前彼のものだった。

一瞬驚いたけど『ああ、前彼だな、来てくれたんだ…』と何となく納得してしまった。

二次会の時、親友にそれとなく式の間のことを聞いてみると、何故か彼女は平謝り。

「乾杯のシャンパンしか口にしていないのに、緊張していたからか酔ったみたい。

式がお開きになる前後くらいから記憶がなくて、気が付いたら近所のカフェに座っていたの。

泥酔して迷惑かけたよね」

とのこと。

いえ、あなた普通に素面だったし、普段うわばみですよね…。

近くに居た他の友人曰く、

「酔ってた様子には見えなかった。そういう酔い方もあるんだね。

気分も悪くなさそう。と言うか『ああいい気分だ!』って言ってたよ」

もちろん親友はその記憶もなし。

ちなみに、式から二次会までそんな時間も空いていないのに、泥酔したはずの親友に酒が残っている気配は一切なし。

『ああ、前彼が祝福に来てくれたんだな。心配かけていたのね…』としんみりしてしまった。

そのうち子どもが出来たら、墓前に参って、

「ありがとう、幸せだよ。でも親友には謝っておこうね」

と伝えて来ようかなと思っています。

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。 このご主人ですが、一度だけ修正せず…

高野山(フリー写真)

動物たちの宴会

私は仕事の関係で、アジア圏を中心に出張や短期駐在に行くことがあります。 こういう生活を続けるとかえって日本の風物が懐かしくなるもので、今の趣味が休日利用の温泉や神社仏閣巡りが中…

お茶(フリー写真)

寂しがりなじいちゃん

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。 殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。 ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると…

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。 のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

父と息子(フリー写真)

親父の微笑み

俺が地元を離れて仕事をしていた時の事。 休みも無い仕事だらけのGW中に、普段は滅多に掛かっては来ない実家からの電話が鳴った。 親父危篤、脳腫瘍。持って数ヶ月。 親父が…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。 不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。 火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

台所(フリー写真)

おばあちゃんの料理

十年以上寝たきりで、最後の方は痴呆になってしまっていたおばあちゃん。 帰省してお見舞いに行った時、私の名前も分からなくなった祖母の傍にいるのが辛くて、 「もういいよ」 …

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。 田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

結婚式のブーケ(フリー写真)

夢枕

私が幼い頃、母と兄と私の三人で仲良く暮らしていました。 しかし兄が14歳になる頃、母が事故死してからは親戚をたらい回しにされ、私はまだ4歳でその時の記憶は殆ど無いのですが、兄はか…