母の想い

公開日: 心霊ちょっと良い話

油絵の具(フリー写真)

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。

母がパートに出て何とか生活できているような程度の生活だ。

学校の集金の度に母親が溜め息を吐いていたのをよく憶えている。

別段、小学校、中学校は何とも思わなかったけれど、高校に入り進学を考えた頃から両親と喧嘩することが多くなった。

私は大学に進みたかった。美大に行って本格的に絵を描きたかったからだ。

しかし進学するのに必要なお金など、どう考えても捻出できなかった。

毎日、昼のパートと夕方からのパートを掛け持ちで働き、くたくたになっている母親に、

「何で進学できないんだよ!子供の進学資金も出せないようじゃ親失格だぜ!」

と言ったことがある。

母親は涙ぐみ、何も言わなかった。

その姿にハッと我に返ったが、ぶつけようのない悔しさが邪魔をして、そのまま謝りもしなかった。

暫く後になって、あの時なぜ謝らなかったのだろうと猛烈に悔やむことになった。

母親は事故で亡くなり、直接謝ることができなくなってしまったのだ。

パートの帰りの運転中の事故だった。

交差点に突っ込んでの事故で、ブレーキ痕も無い…。

過労だと思う。

葬式の後、母の部屋を整理していて、日記とも家計簿とも取れるようなノートを見つけた。

食費や光熱費…。私は家計をやりくりした事など当然ないが、そんな私が見てもギリギリの生活だった。

母親が自分のために使ったものなど何一つなかった。

なのに…私のための進学のための貯金があった。

ぎりぎりの生活の中で、本当に数百円の単位で毎月貯金してあった。

私が怒鳴った時期から、パートの時間が増えていた。

後で判った事だが、パートの勤務時間を頼み込んで増やしていたようだ。

増えた分は全て貯金…。

私はバカだった。

自分のことだけだった。

母の笑った顔を最後に見たのはいつだったろう?

私は何一つ親孝行などしていない。

母が居なくなってから後悔の連続だった。

苦労ばかりかけて、自分のことばかり考えていた。

何の親孝行もしていない。

なぜあんな事を言ったのか、謝らなかったのか。

謝りたい。心から母に謝りたかった。

そんな時、物凄くリアルな夢を見た。

夢の中で母親は居間で座っていた。

母を見つけた私は、泣きながら母親に詫びた。

何もしてやれないで、ひどい事を言って、ごめんと。

本当に子供のように泣いた。

母親は私の手を握って、

「謝らなくちゃいけないのはお母さんだから…ごめんね」

と言った。

それを聞いて、私はますます声を上げて泣いた。

目が覚めると枕まで涙で濡れていた。

そして手にははっきりと、母の手の感覚が残っていた。

それだけならリアルな夢で終わっていたのだが、その夢を見た朝に父が、

「今朝、母さんの夢を見た」

と言うのだ。

私のことをよろしくと言ったらしい。

父が、

「直接会いに行って話したらいい」

と母に言うと、

「もう会って来たから」

と言ったそうだ。

後悔の念が見せた夢で、偶然の事かもしれない。

でも、夢であれ母に謝ることができて良かった。

結局、私は大学には行けなかった。

今は普通の会社員だ。

しかし暇を見つけては絵を描いて、描き上がった絵は仏壇の前に飾っている。

絵を好きになったのは、美大に行きたかったのは、子供の頃に

「上手に描けたね」

と言ってくれた母の一言が切っ掛けだった。

それに気付いたから。

今も母の事を思うと自責の念で心が痛むけれど、その母のためにも頑張って生きて行きたいと思う。

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。 左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。 現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。 その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

京浜東北線(フリー写真)

杖を持ったおじいさん

2年前の出来事。 その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。 多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。 パチンコで負けただ…

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。 その時に借りた家で体験したお話です。 場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

夜のオフィス(フリー素材)

中小ソフトウェアハウス

中小ソフトウェアハウスに勤めていた友人Kの話です。 あるプロジェクトの納期がきつくデスマーチとなり、Kとその先輩は連日徹夜で作業していたそうです。 ところが、以前のプロジ…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。 彼には物心ついた頃から母親が居なかった。 母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。 そして彼が7才の時、父親が新しい母…

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。 今から10年程前、長男が4才の時の夏。 俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。 父は10年以上前に事故で亡く…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。 田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。 結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。 目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …

ろうそく(フリー写真)

評判の良い降霊師

実家は俺の父親が継いでいるが、実は本来の長男が居た。 俺の伯父に当たる訳だが、戦前に幼くして亡くなったのだ。 今で言うインフルエンザに罹ったと聞いたように記憶しているが、と…