母の想い

公開日: 心霊ちょっと良い話

油絵の具(フリー写真)

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。

母がパートに出て何とか生活できているような程度の生活だ。

学校の集金の度に母親が溜め息を吐いていたのをよく憶えている。

別段、小学校、中学校は何とも思わなかったけれど、高校に入り進学を考えた頃から両親と喧嘩することが多くなった。

私は大学に進みたかった。美大に行って本格的に絵を描きたかったからだ。

しかし進学するのに必要なお金など、どう考えても捻出できなかった。

毎日、昼のパートと夕方からのパートを掛け持ちで働き、くたくたになっている母親に、

「何で進学できないんだよ!子供の進学資金も出せないようじゃ親失格だぜ!」

と言ったことがある。

母親は涙ぐみ、何も言わなかった。

その姿にハッと我に返ったが、ぶつけようのない悔しさが邪魔をして、そのまま謝りもしなかった。

暫く後になって、あの時なぜ謝らなかったのだろうと猛烈に悔やむことになった。

母親は事故で亡くなり、直接謝ることができなくなってしまったのだ。

パートの帰りの運転中の事故だった。

交差点に突っ込んでの事故で、ブレーキ痕も無い…。

過労だと思う。

葬式の後、母の部屋を整理していて、日記とも家計簿とも取れるようなノートを見つけた。

食費や光熱費…。私は家計をやりくりした事など当然ないが、そんな私が見てもギリギリの生活だった。

母親が自分のために使ったものなど何一つなかった。

なのに…私のための進学のための貯金があった。

ぎりぎりの生活の中で、本当に数百円の単位で毎月貯金してあった。

私が怒鳴った時期から、パートの時間が増えていた。

後で判った事だが、パートの勤務時間を頼み込んで増やしていたようだ。

増えた分は全て貯金…。

私はバカだった。

自分のことだけだった。

母の笑った顔を最後に見たのはいつだったろう?

私は何一つ親孝行などしていない。

母が居なくなってから後悔の連続だった。

苦労ばかりかけて、自分のことばかり考えていた。

何の親孝行もしていない。

なぜあんな事を言ったのか、謝らなかったのか。

謝りたい。心から母に謝りたかった。

そんな時、物凄くリアルな夢を見た。

夢の中で母親は居間で座っていた。

母を見つけた私は、泣きながら母親に詫びた。

何もしてやれないで、ひどい事を言って、ごめんと。

本当に子供のように泣いた。

母親は私の手を握って、

「謝らなくちゃいけないのはお母さんだから…ごめんね」

と言った。

それを聞いて、私はますます声を上げて泣いた。

目が覚めると枕まで涙で濡れていた。

そして手にははっきりと、母の手の感覚が残っていた。

それだけならリアルな夢で終わっていたのだが、その夢を見た朝に父が、

「今朝、母さんの夢を見た」

と言うのだ。

私のことをよろしくと言ったらしい。

父が、

「直接会いに行って話したらいい」

と母に言うと、

「もう会って来たから」

と言ったそうだ。

後悔の念が見せた夢で、偶然の事かもしれない。

でも、夢であれ母に謝ることができて良かった。

結局、私は大学には行けなかった。

今は普通の会社員だ。

しかし暇を見つけては絵を描いて、描き上がった絵は仏壇の前に飾っている。

絵を好きになったのは、美大に行きたかったのは、子供の頃に

「上手に描けたね」

と言ってくれた母の一言が切っ掛けだった。

それに気付いたから。

今も母の事を思うと自責の念で心が痛むけれど、その母のためにも頑張って生きて行きたいと思う。

関連記事

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。 この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。 当然…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。 私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。 不思議なのはその人の会話です。 話題…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。 癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。 親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。 私はその時、二番目の子供を…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。 夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。 主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。 常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。 ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

田舎の風景(フリー写真)

氷を買いに来る若者

これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。 じいちゃんは、鉄工所を経営する腕利きの職人だった。 じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があった…

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…