あの世とこの世

公開日: 心霊ちょっと良い話

夫婦の手(フリー写真)

若くして亡くなった夫は、美術的な才能のある人でした。

でも息子は小学生の頃から図画の授業は全然ダメ。

その点は父親に似なかったんですね。顔も似ていません。

性格はよく似たところがあります。

息子が中学生になって初めて美術の授業で描いた自画像、この絵が夫にそっくりなので驚きました。

息子本人には全然似ていないのですが、筆遣いや構図などが所謂『上手な絵』でした。

息子自身は家に飾ってあるその絵を見て、

「この絵ウマイよねー」

と他人事のように言っています。

それ以降、息子は上手な絵を描いたことはありません。

お父さんいつも見ていてくれているんだなー、と私は感じています。

もう一つの話

夫は脳卒中で、倒れて一週間で呆気なく逝ってしまった。

倒れるまで元気でバリバリ仕事もしていた。

だけど今思うと、死ぬ一ヶ月くらい前からいつもと様子が違っていたなと思う。

いくつかの心に沁み入るような優しい言葉を、その時期私に対して投げかけてくれた。

でもその時はまさか死ぬなんて思わないから、内心『いつもと違う~。ヘンなの~』と訝しく思ったりしていた。

それと、以前から休日によくホームセンターなどに二人で出掛けることが多かったのね。

それで目的地に着くと、二人別行動でそれぞれ自分の好きなコーナーへ行く。

大体私の方が先に用事を済ませて夫を探しに行くのだけど、私は夫を探すのが得意で、いつもすぐに探し当てた。

夫のよく居るコーナーも熟知していたし、身体の大きな人だったから、頭の先っぽが陳列棚の上から見えたりして、それだけで私はすぐ『あっお父さんのアタマ!』って分かったの。

夫婦なら普通のことだけど。

でも、その亡くなる一ヶ月前くらいの間、ホームセンターや他の場所、二人で出掛けた先で夫と別行動を取ると、夫は行方不明になってしまってどうしても見つからない。

仕方ないのでメールで『一階のパーラーに居るね』などと送信して待つ。

暫くして夫は来るのだけど、行っていた場所を尋ねると何度も探した場所なのね。そういうことが三度あった。

「お父さん最近、時々透明人間になるみたいだねー」

と冗談で言ったのを覚えている。

あの頃、既に夫はあの世とこの世と行き来していたような気がしてならない。

前述の絵の話にしてもこの話にしても、思い込みや偶然と言ってしまえばそれまでだけど。

私にとっては、身体とは別に魂はいつまでも存続していることの証拠みたいに思えてならないんだよね…。

関連記事

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

山間の田んぼ(フリー写真)

小さな祠と石

うちの兄は10年ほど前に亡くなりました。亡くなる前々日、いつもは帰ってすぐ部屋に入ってしまう兄が、珍しく私にPCの使い方を教えてくれました。その事を思い出すと、今でも涙…

日本酒(フリー写真)

クジ引き

この前、近所の商店街のイベントでクジを引いた。買い物をすると貰えるクジ引き券を数枚集めて引くあれだ。『三等のスポーツ自転車が欲しいな~』なんて考えながら箱に手を入れて…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

彼岸花(フリー写真)

祖母の隠れ場所

自分が3歳の時に父方の祖母が亡くなった。皆さんお察しの通り、人の死という現実の認識が出来ない子供の事です。私はキャッキャッと親戚が居る中をふざけながら走り回り、それこそ…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。母に言ったら、「じいちゃん帰って来たんだね」と言われた。 ※ それから10年。10年も経ってから、「実…