わたしの靴がないの

太陽の光(フリー写真)

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。

それから半年ほど経った頃、夢を見ました。

従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。

わたしの隣には従姉妹が座り、ずっとお喋りをしていました。

その場に居る誰もが、従姉妹は死んでいる人であると解っている、という内容でした。

そろそろ宴もお開きといった頃、従姉妹がすっと立ち上がり、

「わたし、もう帰るね」

と言いました。

帰ると言ってもここは従姉妹の家なのに…と、悲しくなりました。

従姉妹のお母さんも行かないでとは言えずに、涙を堪えて

「行ってらっしゃい」

と言っていました。

全員が泣きそうになりながら玄関で見送りをしようとすると、従姉妹が突然

「わたしの靴がないの。どこ?」

と言いました。

慌てておばさんが探し出した靴は、泥のような茶色のシミで汚れていました。

靴を履くと従姉妹は悲しそうな顔で振り向き、

「ねえ、わたしどこへ帰ればいいの?」

と言いました。

おばさんは泣きながら空を指差し、

「あっちだよ」

と言いました。

朝起きて、この話を母にしました。

母が従姉妹のお母さんにそれを伝えると、

「実は事故の後、どんなに探しても靴が片方見つからなかった。

Uちゃん(わたしのこと)の夢の中でも、履かせてあげられて良かった」

と言っていたそうです。

関連記事

渓流(フリー写真)

一人で泳ぐ男の子

去年の梅雨の終わり頃、白石川に渓流釣りに行った時の事。午前4時くらいに現地に到着し準備を終え、さあ川に入ろうとした時に、川の方から子供の声が聞こえるんです。薄明るくなり…

シロ

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があ…

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。何をするわ…

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。季節外れの台風により大きな被害が出た。古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…

じいちゃんの話(長編)

これは俺が10年以上前に体験した話。当時、俺は田舎にある実家に住んでいた。実家は古くから立つ日本家屋ではあったが、辺り一面に田んぼがあるほどのド田舎という以外は、ごく普…

メンコ(フリー写真)

思い出のメンコ

俺の親父から聞いた話。親父が小さい頃の遊びと言ったらメンコが大ブームで、親父も色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか。ある時、同じ町内のA君に…

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

結婚式の席(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。私はそのことを引きずり、「もう新しい彼氏も結婚もいらない」と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだ…

父と息子(フリー写真)

親父の微笑み

俺が地元を離れて仕事をしていた時の事。休みも無い仕事だらけのGW中に、普段は滅多に掛かっては来ない実家からの電話が鳴った。親父危篤、脳腫瘍。持って数ヶ月。親父が…

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。学…