男の手

公開日: 心霊ちょっと良い話

火事(フリー写真)

俺に父は居ない。

俺と双子の妹が生まれるずっと前に癌に罹り、俺たち兄妹が生まれて暫くしてから亡くなったらしい。

俺たち兄妹が小学生になったある日。

学校から帰ってのんびりしている時に隣家で火事が起き、あっという間に俺たちの家にも火が燃え移った。

母は仕事で居なかった。

妹の手を取り部屋から脱出しようしたが、ドアノブが火の熱によって溶かされ出られそうにない(この時、俺は右手を火傷した)。

部屋は二階だし、窓から脱出しようにも出来る訳がない。

俺は助けが来るまで、熱から妹を守るため布団で妹を包み必死に抱き締めた。

ただ、俺も妹も限界に近い…。その時だった。誰かが俺の体を包み込んだ。

俺たちは無事助かり、どういう経緯で家から脱出したかは覚えていない。

ただ微かに覚えているのは、グシャグシャ泣き顔の母。

それと、あの火事の中、

「手、痛いだろ…偉いぞ。男の手は愛する人を守るためにあるんだ」

という言葉と、ずっと誰かが抱き締めていてくれたこと。

確かその人は、坊主頭でちょっと垂れ目、左目の下には傷痕があった。

後々大きくなった俺たちに、母から父の手紙を貰った。

それと、俺たちが生まれて間もない頃だろう、家族写真が何枚か入っていた。

ありがちな展開だけどさ。写真の中で笑う父は、坊主頭でちょっと垂れ目、左目の下に傷痕があった。

薄くて誤字だらけの手紙は読むのがやっとで、手紙の最後にはこう書かれていた。

『男の手は愛する人を守るためにあるんだ。おばけになっても、俺は家族を守る』

俺に父は居ない。でも俺にとって父は偉大で、大切なことを教えててくれた。

妻と、もうすぐ生まれる子供をこの手で守って行くよ。あなたを見習って。

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。 二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに 「あなたに膜のようなものが掛かって見…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。 父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。 1年生のころからずっといじめ続…

坂道(フリー写真)

坂道と父

5年ほど前に父を亡くしました。 体を壊して働けなくなり、自棄になってアルコールやギャンブルに走って借金を作り、最後は 「飲んだら死ぬよ」 と医者に言われながらも、飲み…

戦闘機(フリー写真)

白いマフラー

俺のじいちゃんは昔、パイロットだった。 若い頃のじいちゃんの写真は、白のマフラーを巻いて格好つけていて、でも本当に格好良かった。 俺もじいちゃんみたいな戦闘機乗りになりた…

夜の病院(フリー素材)

赤いパジャマの女の子

15年前に事故で左手首を手術。 夜中に麻酔が切れ、朦朧として唸っていると、傍らに赤いパジャマ姿の十歳くらいの女の子が立っていた。 『痛いの?』と頭の中で声がしたので「うん…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。 癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。 親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。 私はその時、二番目の子供を…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。 初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。 俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

病院(フリー背景素材)

みほちゃん

看護学生の頃、友達と遊びに行った先で交通事故を目撃しました。 勉強中の身ではあったのですが、救急隊員が駆け付けるまでの間、友人の手も借りながら車に撥ねられた女の子の応急処置をしま…

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。 高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。 先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …