男の手

公開日: 心霊ちょっと良い話

火事(フリー写真)

俺に父は居ない。

俺と双子の妹が生まれるずっと前に癌に罹り、俺たち兄妹が生まれて暫くしてから亡くなったらしい。

俺たち兄妹が小学生になったある日。

学校から帰ってのんびりしている時に隣家で火事が起き、あっという間に俺たちの家にも火が燃え移った。

母は仕事で居なかった。

妹の手を取り部屋から脱出しようしたが、ドアノブが火の熱によって溶かされ出られそうにない(この時、俺は右手を火傷した)。

部屋は二階だし、窓から脱出しようにも出来る訳がない。

俺は助けが来るまで、熱から妹を守るため布団で妹を包み必死に抱き締めた。

ただ、俺も妹も限界に近い…。その時だった。誰かが俺の体を包み込んだ。

俺たちは無事助かり、どういう経緯で家から脱出したかは覚えていない。

ただ微かに覚えているのは、グシャグシャ泣き顔の母。

それと、あの火事の中、

「手、痛いだろ…偉いぞ。男の手は愛する人を守るためにあるんだ」

という言葉と、ずっと誰かが抱き締めていてくれたこと。

確かその人は、坊主頭でちょっと垂れ目、左目の下には傷痕があった。

後々大きくなった俺たちに、母から父の手紙を貰った。

それと、俺たちが生まれて間もない頃だろう、家族写真が何枚か入っていた。

ありがちな展開だけどさ。写真の中で笑う父は、坊主頭でちょっと垂れ目、左目の下に傷痕があった。

薄くて誤字だらけの手紙は読むのがやっとで、手紙の最後にはこう書かれていた。

『男の手は愛する人を守るためにあるんだ。おばけになっても、俺は家族を守る』

俺に父は居ない。でも俺にとって父は偉大で、大切なことを教えててくれた。

妻と、もうすぐ生まれる子供をこの手で守って行くよ。あなたを見習って。

関連記事

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。癌で入院しているのは知って…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。それから半年ほど経った頃、夢を見ました。従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

渓流(フリー写真)

川辺で会ったおじさん

小学5年生の頃、隣のクラスに関西からの転校生S君が来た。ある日の昼休み、体育館の片隅でS君がクラスの野球部数名から小突かれたりして虐められているのを発見した。俺は当時、…

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

病室(フリー素材)

絵日記

この前、夜遅くの深夜にハッっと起きてしまいました。なんでいきなり起きちゃったんだろう…と思っていると、部屋の隅に何かの気配を感じました。眼を凝らして見てみると、それは…

月の虹(フリー写真)

夢枕に立つ友人

五年前、幼稚園時代からの幼馴染だった親友のNが肺炎で死んでしまった。そいつはよく冗談交じりに、「死んだらお前の枕元に絶対に立ってやるからな」と言っていた。…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…