祖父母の夢

老夫婦(フリー写真)

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。

母に言ったら、

「じいちゃん帰って来たんだね」

と言われた。

それから10年。

10年も経ってから、

「実はあの時、お母さんもじいちゃんの夢を見たの」

と母が言う。

『今更かい!?』と思ったら、弟もじいちゃんが死んだ年の盆に、じいちゃんの夢を見たとか言い出して…。

三人の夢は下記の通り。

弟は、うちの前を通過するじいちゃんの夢。

母は、じいちゃんが角を曲がる夢。

私は、じいちゃんが私の部屋の軒下を歩いている夢。

夢を繋げたら、じいちゃんが母屋である自分の家に向かって歩いているという一つのシーンになった。

しかも三人共通して、じいちゃんの服装まで当てた。

初盆にじいちゃん帰って来たんだね。

10年経ったがジーンと来たよ。

あと、もう一つ。

次は、ばあちゃんの夢。

死んだばあちゃんが家に来た夢を見た。

私は、

「死んだばあちゃんが帰って来た」

と大騒ぎ。

ばあちゃんはおもむろに家の物置小屋に入って、漬け物をほじくり出した。

「ばあちゃん、天国でも漬け物漬けとるんか?」

と聞いたら、

「当たり前だ」

と返事が。

そこで夢は終わったのだが、気になって気になって弟とゴミやら何やらで溢れ返っている物置小屋に入ってみた。

実は家の大掃除をした時、ここだけ掃除しなかったのだ。

ばあちゃんが漬け物をほじくり出していた所の粗大ゴミを掻き分けたら…出て来てしまった。

縄で縛られた、漬け物を入れていた小さな樽が。

開けたらウリの漬け物、腐ってたよ。

ばあちゃん、気になっていたんだね。

ごめんね、貰った時点で食べれば良かったのに。こんなに粗末にしてしまって…。

お母さんとお父さんの前で泣いたよ。

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。 私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。 一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

アマヒメ様

その山村には、奇妙な言い伝えがあった。 寛政年間(18世紀終盤)のある年、雲一つ無いよく晴れ渡った空から、にわかに雨が降った。 おかしな事もあるものだと村人が空を見上げてい…

ひよこ(フリー写真)

変り種の相棒

12年前、近所の社の祭でヒヨコを釣ったんだわ。体が歪んでいて、少し変わった形をしていた。 それでも懸命に俺の後を付いて来る姿がいじらしくて、散々甘やかし、可愛がって育てた。 …

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。 友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…

月の虹(フリー写真)

夢枕に立つ友人

五年前、幼稚園時代からの幼馴染だった親友のNが肺炎で死んでしまった。 そいつはよく冗談交じりに、 「死んだらお前の枕元に絶対に立ってやるからな」 と言っていた。 …

台所(フリー写真)

おばあちゃんの料理

十年以上寝たきりで、最後の方は痴呆になってしまっていたおばあちゃん。 帰省してお見舞いに行った時、私の名前も分からなくなった祖母の傍にいるのが辛くて、 「もういいよ」 …

寮

オッサン管理人

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。 ※ 10年くらい前の話。 当時、友人は会社の社員寮や…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。 この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。 当然…

ラーメン屋

ある大学生が買い物の帰り、小腹が空いたのでたまたま目についたラーメン屋に入った。 特に期待はしていなかったのだが、これが意外と美味くて彼はご機嫌だった。 帰り際に「おばちゃ…

渓流(フリー写真)

一人で泳ぐ男の子

去年の梅雨の終わり頃、白石川に渓流釣りに行った時の事。 午前4時くらいに現地に到着し準備を終え、さあ川に入ろうとした時に、川の方から子供の声が聞こえるんです。 薄明るくなり…