地図に無い土地

公開日: ほんのり怖い話

山道(フリー写真)

仕事場へ行くのに便利な山道があり、そこをバイクで通っていた時の話。

山道の途中に小さな集落があって、暫く行くとこんもりとした丘上になっている山があった。

何気に山道からその丘を見上げてみると、鬱蒼とした木々の間から何か建物が見えた。

丘の頂上付近にボロボロの民家らしきものがありそうなので、一度どうなっているか見に行った。

その山をグルリと360度回ってみたが、そこへ繋がる道も獣道すら無かった。

俺は竹が生い茂る山の斜面を登って行った。民家らしきものには生活感があった。

新聞が紐で縛って置いてあり、風雨に晒された感じは無く新しく感じた。

誰かこんなところに住んでいるのか…と思い、俺は引き返した。

家に帰って住宅地図で確認したのだが、俺の持っている地図には記載が無かった。

どうして道が無いのだろうと気になっていたので、後日またその場所へ行ってみた。

絶対にあの家に行く道、と言うか通る場所があるはずだと思い、バイクを停めて丘の周辺をグルリと歩きつつ、斜面を駆け上がってみた。

暫く斜面を横に移動していると、木々の中に開けた小さな場所(三畳くらいの大きさ)があった。

近付いて行くと、祠とでも言うのかな、道祖神かお地蔵様のような小さな石仏があって、花が飾ってあるのだ。

『こんな場所に何故?』と思うと余計に知りたくなる。

開けた場所の奥に何かある…近付いてみた。

一枚50センチ角くらいの石が鱗のように組み合わせられて、まるで古墳の跡みたいな横穴があった。

地図にも無いし、この辺りに古墳があるなんて当時聞いたことがなかったので、かなり不気味だった。

その古墳みたいな場所からはまた鬱蒼とした木々があって急斜面になっている。そこをまた駆け上がってみた。

するとあの民家らしい建物が近くに見えた。

人の気配がしたので、怖くなって必死に引き返したのだが、途中で目に入ったのが、古墳らしき場所の横にある木に青い新聞受けがあった。

これは確実に誰か住んでいると確信したので、逆に恐怖が過って帰宅した。

それからあの場所には行っていないが、気になっていたので、後日地元の年配の方にそれとなく聞いてみた。

どうやら、地図には記載されていないのだが、地元ではあの辺りを『小金(こがね)』と呼んでいるらしい。

元々は山道途中で目に入る集落から分かれて誰かが住みついたのではないか、との見解だった。

古墳、お地蔵様、小金(読み替えると『黄金』)というキーワードから『もしかしたら何かあの丘には埋まってるのか?』と疑いを拭い切れない。

それから山道を走る新聞配達のバイクと何回か擦れ違っている。

あの新聞配達の人に聞けばあの民家の得体が判っただろうし、集落の人も何か知っているだろうと思う。

話してくれそうもないけどね。

もう十年近くも前の話だ。

関連記事

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に「イトウって知ってる…

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。「若いの、女はまだ出来んのか?」「うるさ…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

葛飾北斎(フリー浮世絵素材)

カゴカキ

昔から続く怪異。愛知県○○市。その昔、少なくとも200年以上前の話。岡崎城の城下町は、天下を二分するほど賑わっていたらしく、駕籠を担いで人を運ぶ『カゴカキ』と呼ばれる人…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

変わった妹

高校生の頃、いつも喧嘩してた妹がいた。喧嘩といって他愛もない口喧嘩で、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引く。ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような、軽い喧嘩だっ…