声魂

夜の窓(フリー写真)

私自身が体験した怖い話です。

今からちょうど十年前、私がまだ大学生だった頃のことです。

当時、私には一つ年下の彼女が居ました。

彼女は霊感の強い子で、それまでにも様々な体験をしていました。

妙な音を聞く、街中でおかしな人影を見る、金縛りにもよく遭っていたようです。

特に嫌な場所(彼女が言うには、空気が淀んでいるらしい)の側に行くだけで、頭が痛くなるほどでした。

その日、いつものように僕は彼女の家に泊まりに行っていました。

場所は渋谷区笹塚にあるワンルームマンションで、甲州街道を渡り、商店街を抜けて左に折れて暫く行った所にある白い建物です。

僅か四畳半ほどの狭い部屋で、入り口を入ると左側にキッチン、右側にはユニットバスという、よくある間取りです。

部屋には窓が二つありました。

一つはバルコニーに面した大きな窓、そしてもう一つ、問題の小さな窓が左側の壁面、エアコンの真下に、ちょうど人の胸の高さの所にありました。

その日はいつもより早く就寝し、大きな窓に添うように置いてあるベッドで二人寝ていました。

時間は覚えていません。僕はふと目が覚めたのです。

頭の上にある窓とエアコンの辺りから、

「パシン、パシン」

という音が聞こえて来て目覚めたのでした。

妙な目覚めの良さで、頭がすっきりしていたことを覚えています。

季節は冬ということもあり、部屋の内装の乾燥による音だと思って、暫くエアコンを見つめていました。

それが起きたのは、次の音が鳴り響いた時です。

突然、隣に寝ていた彼女が

「ううぇ」

と何度も唸り始め、体を硬直させながら震え始めたのでした。

悪い夢に魘されているのだと思い、すぐさま彼女を起こそうと、僕は彼女の体を揺り動かしました。

彼女は虚ろな、どこにも焦点の合っていないような目で天井を見つめたまま、こう言い始めたのです。

「おぉ、女の、中年の女の声が…。

『お前の子供が6才になったら、海で溺れ死にさせてやる』

と言っている」

僕は何故か咄嗟に思いました。

さっき自分の聞いた音は、乾燥による建材の音ではなく、ラップ音なのだと。

訳も解らず僕は彼女を抱き寄せて、お腹の中で叫んだのでした。

ただ頭の中にあったのは、テレビで聞いた『声魂』でした。

霊に襲われそうになった時、声にならずとも腹の底から叫べば霊を追い払う事ができる、というものでした。

「彼女のところに来るんじゃない!来るのなら俺のところへ来てみろ!」

二度ほど叫んだと記憶しています。

二度目を言い終わったと同時に、最後の音が同じ窓の所から響きました。

「パシンッ」

次の瞬間、彼女がこう言ったのです。

「女が『クソッ、チクショウ』って言った…」

彼女はこの部屋に越して来てから何度か妙な体験をしていましたが、僕にはそれを話していませんでした。

霊の通り道というのをどこかで聞いたことがありましたが、彼女は何度かそれをこの部屋の中で体験していたのでした。

霊感の強い人間と一緒に居ると、影響されるとも聞きます。

それまでの僕には、こうした体験は一度もありませんでした。

興味深いのは、彼女が一ヶ月ほど前に見てもらった占いの中で、

「あなたの彼は、あなたを救う星の位置にあります」

と言われていたことです。

現在、その白いマンションはまだ存在しています。

関連記事

新宿地下道

3ヶ月程前の出来事。新宿の某百貨店の地下道を通って某大型書店へ通じる地下道があるのだが、その道を歩いていた時の事。通路に入って暫らく歩いていると、床と壁の間くらいのところに人間…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので、TVの前で…

別荘

人の塊

2年前の話を。この話は一応口止めされている内容のため、具体的な場所などは書けません。具体的な部分は殆ど省くかボカしているので、それでも良いという方だけお読みください。 …

前世

僕が15才だったとき、3才の妹が洗面台に置いてあった緑色の除光液を、マウスウォッシュだと間違えて飲んでしまったんだ。すぐに近所の薬局の人に、誤飲用の薬を持ってきてもらって、妹に…

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

着信あり

自分なりに恐かった体験を書いてみようと思う。もう4、5年は経ったし、何より関係者全員が無事に生きてる。恐い思いをしただけで済んだのだからいいやと思う反面、やっぱりあれは…

深夜のコンビニ

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、…