声魂

夜の窓(フリー写真)

私自身が体験した怖い話です。

今からちょうど十年前、私がまだ大学生だった頃のことです。

当時、私には一つ年下の彼女が居ました。

彼女は霊感の強い子で、それまでにも様々な体験をしていました。

妙な音を聞く、街中でおかしな人影を見る、金縛りにもよく遭っていたようです。

特に嫌な場所(彼女が言うには、空気が淀んでいるらしい)の側に行くだけで、頭が痛くなるほどでした。

その日、いつものように僕は彼女の家に泊まりに行っていました。

場所は渋谷区笹塚にあるワンルームマンションで、甲州街道を渡り、商店街を抜けて左に折れて暫く行った所にある白い建物です。

僅か四畳半ほどの狭い部屋で、入り口を入ると左側にキッチン、右側にはユニットバスという、よくある間取りです。

部屋には窓が二つありました。

一つはバルコニーに面した大きな窓、そしてもう一つ、問題の小さな窓が左側の壁面、エアコンの真下に、ちょうど人の胸の高さの所にありました。

その日はいつもより早く就寝し、大きな窓に添うように置いてあるベッドで二人寝ていました。

時間は覚えていません。僕はふと目が覚めたのです。

頭の上にある窓とエアコンの辺りから、

「パシン、パシン」

という音が聞こえて来て目覚めたのでした。

妙な目覚めの良さで、頭がすっきりしていたことを覚えています。

季節は冬ということもあり、部屋の内装の乾燥による音だと思って、暫くエアコンを見つめていました。

それが起きたのは、次の音が鳴り響いた時です。

突然、隣に寝ていた彼女が

「ううぇ」

と何度も唸り始め、体を硬直させながら震え始めたのでした。

悪い夢に魘されているのだと思い、すぐさま彼女を起こそうと、僕は彼女の体を揺り動かしました。

彼女は虚ろな、どこにも焦点の合っていないような目で天井を見つめたまま、こう言い始めたのです。

「おぉ、女の、中年の女の声が…。

『お前の子供が6才になったら、海で溺れ死にさせてやる』

と言っている」

僕は何故か咄嗟に思いました。

さっき自分の聞いた音は、乾燥による建材の音ではなく、ラップ音なのだと。

訳も解らず僕は彼女を抱き寄せて、お腹の中で叫んだのでした。

ただ頭の中にあったのは、テレビで聞いた『声魂』でした。

霊に襲われそうになった時、声にならずとも腹の底から叫べば霊を追い払う事ができる、というものでした。

「彼女のところに来るんじゃない!来るのなら俺のところへ来てみろ!」

二度ほど叫んだと記憶しています。

二度目を言い終わったと同時に、最後の音が同じ窓の所から響きました。

「パシンッ」

次の瞬間、彼女がこう言ったのです。

「女が『クソッ、チクショウ』って言った…」

彼女はこの部屋に越して来てから何度か妙な体験をしていましたが、僕にはそれを話していませんでした。

霊の通り道というのをどこかで聞いたことがありましたが、彼女は何度かそれをこの部屋の中で体験していたのでした。

霊感の強い人間と一緒に居ると、影響されるとも聞きます。

それまでの僕には、こうした体験は一度もありませんでした。

興味深いのは、彼女が一ヶ月ほど前に見てもらった占いの中で、

「あなたの彼は、あなたを救う星の位置にあります」

と言われていたことです。

現在、その白いマンションはまだ存在しています。

関連記事

右腕と右足

自分がまだ中学生だった数年前に、近所の古本屋で漫画の単行本を数冊買って帰ったんです。その時はある漫画のシリーズを5〜8巻まで通しで買ったので、家に帰って旧いのから順番に読み始め…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

風呂の蓋

これはある女性がOLとして働きながら、一人暮らしをしていた数年前の夏の夜の話である。彼女が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバス。ある夜、沸いた…

沖縄の夕日(フリー写真)

霊感のある生徒

これから話すのは高校の先生から聞いた話。先生が初めて担任を持った時、いつも窓の外を見ている生徒が居たらしい。その生徒が関わる幾つかの体験をお話します。 ※ まずは何…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

窓ガラス(フリー写真)

お通夜を覗く女性

15年程前、不思議な体験をしました。当時は福井の田舎に住んでおり、高校生の僕は、友人の母親のお通夜へ行きました。崖崩れか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。 …

踊り狂う血まみれの女

すっげー昔のガチ話な。俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。生まれる前だったんで人から聞いた話。場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学…

小さな手

学校に付き物の怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。わたしが転勤した学校での話です。美術を教えているわたしは、作家活動として自ら油絵も描いていました。住まいは…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。しかし、…