声魂

夜の窓(フリー写真)

私自身が体験した怖い話です。

今からちょうど十年前、私がまだ大学生だった頃のことです。

当時、私には一つ年下の彼女が居ました。

彼女は霊感の強い子で、それまでにも様々な体験をしていました。

妙な音を聞く、街中でおかしな人影を見る、金縛りにもよく遭っていたようです。

特に嫌な場所(彼女が言うには、空気が淀んでいるらしい)の側に行くだけで、頭が痛くなるほどでした。

その日、いつものように僕は彼女の家に泊まりに行っていました。

場所は渋谷区笹塚にあるワンルームマンションで、甲州街道を渡り、商店街を抜けて左に折れて暫く行った所にある白い建物です。

僅か四畳半ほどの狭い部屋で、入り口を入ると左側にキッチン、右側にはユニットバスという、よくある間取りです。

部屋には窓が二つありました。

一つはバルコニーに面した大きな窓、そしてもう一つ、問題の小さな窓が左側の壁面、エアコンの真下に、ちょうど人の胸の高さの所にありました。

その日はいつもより早く就寝し、大きな窓に添うように置いてあるベッドで二人寝ていました。

時間は覚えていません。僕はふと目が覚めたのです。

頭の上にある窓とエアコンの辺りから、

「パシン、パシン」

という音が聞こえて来て目覚めたのでした。

妙な目覚めの良さで、頭がすっきりしていたことを覚えています。

季節は冬ということもあり、部屋の内装の乾燥による音だと思って、暫くエアコンを見つめていました。

それが起きたのは、次の音が鳴り響いた時です。

突然、隣に寝ていた彼女が

「ううぇ」

と何度も唸り始め、体を硬直させながら震え始めたのでした。

悪い夢に魘されているのだと思い、すぐさま彼女を起こそうと、僕は彼女の体を揺り動かしました。

彼女は虚ろな、どこにも焦点の合っていないような目で天井を見つめたまま、こう言い始めたのです。

「おぉ、女の、中年の女の声が…。

『お前の子供が6才になったら、海で溺れ死にさせてやる』

と言っている」

僕は何故か咄嗟に思いました。

さっき自分の聞いた音は、乾燥による建材の音ではなく、ラップ音なのだと。

訳も解らず僕は彼女を抱き寄せて、お腹の中で叫んだのでした。

ただ頭の中にあったのは、テレビで聞いた『声魂』でした。

霊に襲われそうになった時、声にならずとも腹の底から叫べば霊を追い払う事ができる、というものでした。

「彼女のところに来るんじゃない!来るのなら俺のところへ来てみろ!」

二度ほど叫んだと記憶しています。

二度目を言い終わったと同時に、最後の音が同じ窓の所から響きました。

「パシンッ」

次の瞬間、彼女がこう言ったのです。

「女が『クソッ、チクショウ』って言った…」

彼女はこの部屋に越して来てから何度か妙な体験をしていましたが、僕にはそれを話していませんでした。

霊の通り道というのをどこかで聞いたことがありましたが、彼女は何度かそれをこの部屋の中で体験していたのでした。

霊感の強い人間と一緒に居ると、影響されるとも聞きます。

それまでの僕には、こうした体験は一度もありませんでした。

興味深いのは、彼女が一ヶ月ほど前に見てもらった占いの中で、

「あなたの彼は、あなたを救う星の位置にあります」

と言われていたことです。

現在、その白いマンションはまだ存在しています。

関連記事

相乗り

僕が小学の低学年の時に、親におつかいを頼まれました。 おつかいを済ませて、オートロック式の自宅マンションの暗証番号を押し扉を開けて、エレベーターホールに向かい、エレベーターが降り…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。 「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」 父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。 落ち込んでいる父の姿を見て、…

三つの墓標

俺の高3の時の生物の担当の話。 自分が実際に体験した訳じゃないけど、ある程度現場視点で話します。 先生は某国立大学の出で、その大学は山にあって、昔は基地として使われていたら…

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。 夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。 姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

河川敷(フリー素材)

昔の刑場

俺のおふくろは戦前、満州から北朝鮮の辺りに開拓移民で居たのだが、夕暮れ時に街角の十字路で1メートルを超える人魂を見たことがあると言っていたな。 ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時…

山(フリー写真)

炭鉱跡の亡霊

小学5年生の時に体験した話。 当時は学校が終わってから友達4人で、よく近所の炭鉱跡の山で遊んでいた。 山の中腹の側面に大きな穴が開いていて、覗くと深さは5メートル位だった。…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。 県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。 でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。 「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。 特に用事もなかったけど、俺は断った。 でも、しつこく誘って…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。 利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。 二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…