電話を切りなさい

公開日: 本当にあった怖い話

書斎(フリー写真)

会社の先輩(女性)が学生の頃に体験した話。

学校から帰ってみると、家に誰も居なかった。

先輩は特に気にすることもなく、父親の三畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべりを始めたのだが、その途中で電話相手の友達が

「何か音がしない?」

と言った。

「カチカチカチカチ」

と、ちょうど電話機のフックを連打する音に似たその音は先輩の耳にも聞き取れたが、

「混線でもしてるんじゃない?」

と、あまり気に掛けなかった。

そのカチカチ音も、30秒くらいの間隔で数回鳴り続けた後で止まった。

一時間くらい話した頃、玄関を開ける音がし、廊下にドサッと買い物袋を置く音がした。

『母親が帰宅したのかな?』と思いつつ、それでも喋っていると、背中のすぐ後ろの扉が

「ドンドンドンドン!」

と凄い勢いでノックされた。

「うるさいなあ!もう!」

先輩はノックの主は長電話嫌いの母親だと思っていたので、扉をドカッと蹴り返した。

ノックの音は止まった。代わりに女の声がした。

「でーーーーんわーーーーを切りなさい」

『でんわ』のところまでは、伸びたテープのような低い声。

しかし『切りなさい』は、逆にテープを早回ししたような甲高い声。

異常に気付いた先輩は怖くなり、友達に頼んで暫くそのままおしゃべりを続けてもらった。

日も暮れかけた頃、再び玄関を開ける音がし、廊下にドサッと買い物袋を置く音がした。

廊下に小走りの足音が響く。

「ドンドンドンドン!」

先輩はもう喋ることも出来ず震えていた。扉の向こうで声が上がる。

しかし今度は正真正銘、母親の声だった。

「お父さんが倒れて運ばれたんだよ。こっちは必死にあんたに伝えなきゃと思って電話してたのに!」

関連記事

真っ黒い影

まだ私が高校生だったころ、町に不思議な家があったの。見た目は普通の家なんだけど、その家に引っ越してくる人たちは、どの人もすぐに出ていてしまっていて、6ヶ月以上続けて住んだ人はい…

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…

オノ

大学一回生の夏。私たちの間で心霊スポット巡りが流行っていた。その日も友人A(女)と、Aの彼氏Bとその友人C(男)と4人で、関西で心霊スポットとしてはかなり有名な、U病院という廃…

とある物件

今から8年くらい前のITバブルと呼ばれていた頃の話です。私が学校を卒業し、新卒でとある自称IT関係という会社Aに就職いたしました。当時私は就職活動を適当にしていたため、3月くら…

カーテン(フリー写真)

少年とテレビ

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。そこは店からだいたい車…

後悔の念

俺は過去に二度、女の子を中絶させたことがある。一度目は完全に避妊ミス。17歳の若かりしころ。二度目は、23歳の時。2年程付き合った彼女なんだけど、俺は結婚を意識してた。…

夜の窓(フリー写真)

声魂

私自身が体験した怖い話です。今からちょうど十年前、私がまだ大学生だった頃のことです。当時、私には一つ年下の彼女が居ました。彼女は霊感の強い子で、それまでにも様々…