楽しそうな笑み

ビーチ(フリー写真)

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。

俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。

その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んでいた。奄美に住んでいる叔父や従弟達も一緒だった。

そして遊び疲れて叔父の家へ帰り、みんなでそのビデオを見たんだよ。

最初から身の毛がよだつ映像だった。

映像の真ん中ぐらいだったかな。裸の女の人がぼんやり映っていたんだよ。

髪がとても長くて、でも顔ははっきり表情まで見えた。

ぼんやり映っていたのに、表情まではっきり見えたというのは矛盾しているかもしれないけど、マジでそう見えた。

心霊映像などであるような、睨んでいるという表情ではなく、笑っていたんだよ。

しかも楽しそうに。何が楽しいのかは解らないけど。

家族全員、何かに取り憑かれたようにテレビに見入っていた。

5分ほど経ってからだったかな。その女の人が徐々にカメラに近付いて来ている事が判ったのは。

もう全員、顔が真っ青だった。

でもある瞬間、おかしな事に気付いた。

その女の人の前を従弟が通り過ぎた。通り過ぎたはずなんだよ。なのに、女の人はビデオに映ったままだった。

解り難いかもしれないけど、従弟が女の人の前を通り過ぎたら、普通は従弟の影に隠れて女の人は見えなくなるだろ?

でも、女の人はずっと映り続けていた。

その時に少なくとも俺と叔父は気付いた。

ビデオに映っているのではなく、画面に映っているのだ。つまり、そいつは俺達の背後に。

叔父は思わず振り向いたんだろうな。

叔父の悲鳴が聞こえて、俺達は一斉に散り散りに逃げた。

テレビの横がリビングと廊下を繋ぐ扉になっていたのが助かった。後ろを振り向かずに済んだのだから。

外はもう暗かったが、叔父の家の前に全員飛び出した。

みんな顔が真っ青だったが、叔父が一番顔色が悪かった。

親父が叔父に「何が居たんだ?」と聞いても、震えて口を開こうとしない。

問い詰めても結局、叔父は口を開かなかった。

今となっては、あの現象が何だったのかは判らない。

あのビデオを再び見たが、女の人は映らなかったからだ。

やはり俺達の背後に居たらしいんだな。

しかしあの叔父の怯え方は、女の人を見ただけとは思えなかった。

何故なら、叔父はこれまでも幾度となく心霊現象を体験したらしく、そういうものは全く怖がらないのだ。

その叔父が何故あそこまで怯えたのか、それも今となっては判らない。

叔父はその四日後、風呂場で溺れて亡くなったからだ。

そして一番の疑問は、どうやって女の人はテレビ画面に映ったのか、という事だ。

俺達は全員『テレビの前に』座っていた。つまり、女は俺達に遮られてテレビの画面に映る事は出来ないはずなんだよ。

これは四年前、俺の身に起きた実話。

俺は今だにあの女の楽しそうな笑みを忘れる事が出来ない。

関連記事

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

田舎で起きた事件

これは実際に起こった事件にまつわる話。今から15年前、俺は当時10歳だった。俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。 …

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルの調査

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

宿

『コ』の字の家

私の家は都市から少し離れた町にあり、日本家屋が立ち並ぶ場所にありました。近所の噂では、元女郎宿を改築した家らしいです(改築したとは言え、かなり古い家でしたが)。その家は…

民家

さしあげますから

もう10年以上前の大学時代の事。当時、実家の近所にある小さな運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 …

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。今は多少綺麗に並んで…

車のテールランプ(フリー写真)

白装束の女性

初めて変な経験をしたのが5歳の頃。もう30年以上前の話をしてみる。父親は離婚のため居らず、六畳一間のアパートに母親と二人暮らしだった。風呂が無く、毎晩近所の銭湯に行って…