楽しそうな笑み

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

ビーチ(フリー写真)

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。

俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。

その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んでいた。奄美に住んでいる叔父や従弟達も一緒だった。

そして遊び疲れて叔父の家へ帰り、みんなでそのビデオを見たんだよ。

最初から身の毛がよだつ映像だった。

映像の真ん中ぐらいだったかな。裸の女の人がぼんやり映っていたんだよ。

髪がとても長くて、でも顔ははっきり表情まで見えた。

ぼんやり映っていたのに、表情まではっきり見えたというのは矛盾しているかもしれないけど、マジでそう見えた。

心霊映像などであるような、睨んでいるという表情ではなく、笑っていたんだよ。

しかも楽しそうに。何が楽しいのかは解らないけど。

家族全員、何かに取り憑かれたようにテレビに見入っていた。

5分ほど経ってからだったかな。その女の人が徐々にカメラに近付いて来ている事が判ったのは。

もう全員、顔が真っ青だった。

でもある瞬間、おかしな事に気付いた。

その女の人の前を従弟が通り過ぎた。通り過ぎたはずなんだよ。なのに、女の人はビデオに映ったままだった。

解り難いかもしれないけど、従弟が女の人の前を通り過ぎたら、普通は従弟の影に隠れて女の人は見えなくなるだろ?

でも、女の人はずっと映り続けていた。

その時に少なくとも俺と叔父は気付いた。

ビデオに映っているのではなく、画面に映っているのだ。つまり、そいつは俺達の背後に。

叔父は思わず振り向いたんだろうな。

叔父の悲鳴が聞こえて、俺達は一斉に散り散りに逃げた。

テレビの横がリビングと廊下を繋ぐ扉になっていたのが助かった。後ろを振り向かずに済んだのだから。

外はもう暗かったが、叔父の家の前に全員飛び出した。

みんな顔が真っ青だったが、叔父が一番顔色が悪かった。

親父が叔父に「何が居たんだ?」と聞いても、震えて口を開こうとしない。

問い詰めても結局、叔父は口を開かなかった。

今となっては、あの現象が何だったのかは判らない。

あのビデオを再び見たが、女の人は映らなかったからだ。

やはり俺達の背後に居たらしいんだな。

しかしあの叔父の怯え方は、女の人を見ただけとは思えなかった。

何故なら、叔父はこれまでも幾度となく心霊現象を体験したらしく、そういうものは全く怖がらないのだ。

その叔父が何故あそこまで怯えたのか、それも今となっては判らない。

叔父はその四日後、風呂場で溺れて亡くなったからだ。

そして一番の疑問は、どうやって女の人はテレビ画面に映ったのか、という事だ。

俺達は全員『テレビの前に』座っていた。つまり、女は俺達に遮られてテレビの画面に映る事は出来ないはずなんだよ。

これは四年前、俺の身に起きた実話。

俺は今だにあの女の楽しそうな笑みを忘れる事が出来ない。

関連記事

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。 無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。 入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

山道

窓側を見てはいけない

ある夜、会社員のAさんは残業で遅くなり、タクシーを拾いました。タクシー内では運転手さんと様々な話題で盛り上がっていました。やがて、タクシーは山の中の暗い道を走り始めました。周囲はうっ…

心霊スポット巡り

今から約10年くらい前の話だ。 当時俺は大学2年で、夏休みに田舎に帰省していたんだ。俺の田舎は観光地ではあったが、地元民向けの遊びスポットって少なかったんだよね。 夜に遊ぶ…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。 俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。 文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。 竹林になる前、明治・…

廃ホテル(フリー写真)

廃墟旅館の噂

うちの地元に、ある旅館があった。 その旅館は、いわゆる高度経済成長の時代、レジャーブームに乗って出来たものだった。 そして80年代後半に入ると、レジャーの多様化、海外旅行ブ…