カナエちゃん

公開日: ほんのり怖い話

習字道具(フリー写真)

友人のカナエちゃんの話です。

彼女は、小学校時代に習字教室に通っていました。

そこは子供の居ない老夫婦が二人でやられていた教室で、近所の小学生が多く通っていました。

中でも彼女は取り分け先生ご夫婦に気に入られ、可愛がられていたそうです。

ある土曜日、いつものように教室へ行き、2時間の指導を終え道具を片付けていると、旦那さん先生に、

「カナエちゃん、明日暇だったらドライブ行こうか? 何か欲しい物があったら買ってあげるよ」

と誘われたそうです。

今までにない申し出に疑問を持ちながらも、奥さん先生の方を見るとにこにこして、

「是非おいで。パフェを食べに行きましょう」

と言います。

友人は食い気と物欲に負け、

「はい!」

と返事をしたそうです。

「じゃあ明日の午後2時にね」

と奥さん先生と約束し、その日は帰りました。

親に話すと、人様にご馳走になったり物を買ってもらったりするのは許される訳がないと思い、内緒にしていたそうです。

翌日、彼女は近所に住むユキちゃんとマミちゃん(私)を誘って、習字教室へ向かいました。

先生夫婦は当然彼女が一人で現れると思っていたせいか、とても驚いていました。

気に入られている立場を自覚している彼女は、

「せんせー、友達もパフェ食べたいって。一緒に行ってもいい?」

と、当然のように聞きました。

先生夫婦は少し困り顔で、どうしようか、大丈夫かしらと、こそこそお話していたのですが、そこに急にユキちゃんが、

「お腹痛い、おうち帰りたい」

とぐずり出しました。

姉御肌のカナエちゃんは『何? そいつは見捨てちゃおけねえなあ』とばかりに、

「先生、ごめん!ちょっとユキちゃん連れて帰って来るから。ドライブはまた今度」

と言うと、彼女と私とでユキちゃんを両側から挟む形で支えました。

すると奥さん先生が車から降りて来て、

「じゃあ、またね」

と、カナエちゃんを涙混じりにきつく抱き締めました。

私は『大袈裟だなあ。でもカナエちゃん、そんなに何でも買ってもらうくらい好かれてるなんて羨ましいなあ』と思ったのを覚えています。

カナエちゃんは、

「また今度ね~」

とユキちゃんを支えながら、去って行く車に手を振っていました。

結局、またの機会は訪れませんでした。

先生ご夫婦はその日の夕方に、某岸壁から車ごと身投げし、帰らぬ人になったのです。

警察が先生宅を捜索したところ、綺麗に片付けられたご自宅兼教室の先生の教卓の上には、大変達筆に書かれた遺書と、カナエちゃんのご両親に宛てられた手紙があったそうです。

遺書には、旦那さん先生が回復の見込みのない病であること、奥さん一人残すのは辛いので、話し合った結果、お二人と最愛の生徒であるカナエちゃんを連れて旅立つ事が書かれていました。

また、カナエちゃんのご両親に最大限の陳謝と、ささやかながら残る全財産をお譲りする旨が書いてあったそうです。

カナエちゃんは、お父さんお母さんに黙ってドライブに行こうとしていたことをこっ酷く怒られたそうです。

ユキちゃんは、トイレに行ったらケロっとしていました。

もしあの時、ユキちゃんが「お腹痛い」と言わずに「トイレ行きたい」と言っていたら、と思うとほんのり怖くなります。

ユキちゃんありがとう…カナエちゃんのいけず。

関連記事

呼び寄せられた仲間

僕が大学生のころ。あれは確か昭和63年12月の出来事でした。同じ高校の友達と2人で神戸三宮に出ていたら、別の高校卒業以来の友達と出くわした。 「おお、久々じゃないか」となって…

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に「イトウって知ってる…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

住宅街(フリー写真)

ヤクルトをくれるお婆さん

あれは俺が小学4年生の時でした。当時、俺は朝刊の新聞配達をしていました。その中の一軒に、毎朝玄関先を掃除しているお婆さんが居ました。そのお婆さんは毎朝、俺が …

俺が薪を嫌悪する理由知らない?

俺ね、物心ついた時から“薪”がどうしてもダメだったんです。あの木を割った棒きれが。どうダメだったかと言うと、例えば『北の国から』などのドラマで薪が出ると、物凄い嫌悪感というか吐…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …