ここにいたあ

bb0

13日に田舎の墓参りに行ってきた。

毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。

お経も終わり墓参りも終わって、寺の座敷でみんなくつろいでいたとき、俺は東京のことをいろいろ聞かれて、うざいなあと思いつつ受け答えしてた。

見ると、Dの奴が何か元気ない。どうしたのかと思い話し掛けると、Dはこんな話しをした。

昨晩Dが寝ていると、なにか布団の周りで気配がする。目を開けると、寝ている自分のまわりを何者かがグルグルと回っている。

びっくりしたDが目をこらしてよく見ると、鬼みたいのが小走りに回っていたそうだ。Dは金縛りに遭い声も出ない。

しばらく恐怖に凍りついていると、頭の左側にお坊さんが二人座っていて、お経を唱えている。

すると、走り回っていた鬼がピタッと止まり、Dをまたいで「ここにいたあ、ここにいたあ」と言って、覆い被さってこようとした。

「ぎゃーっ!」

そして翌日、つまり墓参りの日の朝に目が覚めた。あれは夢だったのかどうか分からないが、自分としては間違いなく現実だと思う。

俺はちょっと薄気味悪く思ったが「夢なんじゃない」とか言っていた。

そうしているうちに、座敷にはお坊さんも参加して、お酒とか飲んで盛り上がっていた。俺も参加し始めて、しばらく飲んでいた。

すると、ちょっと顔を赤くしたお坊さんが、すーっとDに近寄って「申し訳ないが、どうしようもない…」と、両肩に手を置いてシクシクと泣き出した。

突然のことにみんな驚いたが、酔っ払ったんだろうということでお開きになった。俺は実家に泊まり、翌日にはバイトがあったので東京に帰ってきた。

バイトが終わり部屋に帰ると、留守電に母親の声で『Dが亡くなったから電話くれ』と入っていた。

パニックになりながらも電話すると、Dが部屋で突然倒れ、病院に着く前に死んだということだった。脳内出血だろうとのこと。

翌朝一番で田舎に帰ると、昨日の深夜に寺のお坊さんも亡くなったということだった。こちらは心筋梗塞。

なんでまた…と思ったが、両親たちも「呼ばれたのかも」とかなんとか言っていた。俺にはDが言っていた話が、どうにも気になってしょうがない。

お坊さんもいない今、何かの因縁なのかどうか聞くことはできないが、調べてみようかとも思っている。

今日の夕方に東京に戻ってきたが、今ネットとかでいろいろ調べてます。俺にとってはマジに洒落にならない話なんです。

関連記事

さまようおっさん

オレは結構、日常的に金縛りに遭うんだよね。あと、変なもん、いわゆる幽霊って奴の姿もたまに見る。『あ、出るな』って時の感覚も、敏感に感じちゃうわけ。ある日の朝、オレはいつものよう…

玄関(フリー写真)

住職さんへの相談

友達の母さんが運転中、前の車にぶつけてしまった。保険屋を通しての賠償は勿論、直接相手の元へ出向いたりと誠心誠意、謝罪をした。しかし、このぶつけてしまった相手というのがね…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

ある番組のお蔵入りになったテープの話

20年程前の事なのですが、当時私は番組制作会社のADをしていました。女性アイドルと霊能力者が、心霊スポットを検証する番組の収録の時の事ですが、そのアイドルが現場で突然白目になっ…

部屋の灯り

北海道の知床の近くにある○○という町に友人と行った時のこと。知床半島の岬を観光するにはその町からバスに乗る必要があったんだけど、田舎なだけにバスが3時間に一本で、面倒臭くなって…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

襖をひっかく音

僕の親友の小学校時分の話。今から二十年も前のある日。両親が共働きだった彼は、学校から帰ると一人、居間でテレビを見ていた。しばらくすると玄関の引き戸が開く音がするので、母…

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…