ここにいたあ

bb0

13日に田舎の墓参りに行ってきた。

毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。

お経も終わり墓参りも終わって、寺の座敷でみんなくつろいでいたとき、俺は東京のことをいろいろ聞かれて、うざいなあと思いつつ受け答えしてた。

見ると、Dの奴が何か元気ない。どうしたのかと思い話し掛けると、Dはこんな話しをした。

昨晩Dが寝ていると、なにか布団の周りで気配がする。目を開けると、寝ている自分のまわりを何者かがグルグルと回っている。

びっくりしたDが目をこらしてよく見ると、鬼みたいのが小走りに回っていたそうだ。Dは金縛りに遭い声も出ない。

しばらく恐怖に凍りついていると、頭の左側にお坊さんが二人座っていて、お経を唱えている。

すると、走り回っていた鬼がピタッと止まり、Dをまたいで「ここにいたあ、ここにいたあ」と言って、覆い被さってこようとした。

「ぎゃーっ!」

そして翌日、つまり墓参りの日の朝に目が覚めた。あれは夢だったのかどうか分からないが、自分としては間違いなく現実だと思う。

俺はちょっと薄気味悪く思ったが「夢なんじゃない」とか言っていた。

そうしているうちに、座敷にはお坊さんも参加して、お酒とか飲んで盛り上がっていた。俺も参加し始めて、しばらく飲んでいた。

すると、ちょっと顔を赤くしたお坊さんが、すーっとDに近寄って「申し訳ないが、どうしようもない…」と、両肩に手を置いてシクシクと泣き出した。

突然のことにみんな驚いたが、酔っ払ったんだろうということでお開きになった。俺は実家に泊まり、翌日にはバイトがあったので東京に帰ってきた。

バイトが終わり部屋に帰ると、留守電に母親の声で『Dが亡くなったから電話くれ』と入っていた。

パニックになりながらも電話すると、Dが部屋で突然倒れ、病院に着く前に死んだということだった。脳内出血だろうとのこと。

翌朝一番で田舎に帰ると、昨日の深夜に寺のお坊さんも亡くなったということだった。こちらは心筋梗塞。

なんでまた…と思ったが、両親たちも「呼ばれたのかも」とかなんとか言っていた。俺にはDが言っていた話が、どうにも気になってしょうがない。

お坊さんもいない今、何かの因縁なのかどうか聞くことはできないが、調べてみようかとも思っている。

今日の夕方に東京に戻ってきたが、今ネットとかでいろいろ調べてます。俺にとってはマジに洒落にならない話なんです。

関連記事

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。 んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

長袖の下に

小学校の時に転校してきた奴で、少し変わった奴がいた。 家はやや貧乏そうで、親父さんがいないみたいだった。 お袋さんは2、3回見たことがあるけど優しそうで普通に明るい人だった…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。 友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。 その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。 当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。 市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

今日でお別れかな

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。 結婚を考えていた女性がいた。 ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシ…

ビーチ(フリー写真)

楽しそうな笑み

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。 俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。 その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んで…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。 父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。 これは年末の深夜の話。 祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

硫黄島の星条旗(フリー写真)

硫黄島の心霊体験

私が二年前、自衛隊基地の施設建設の為、硫黄島へ半年赴いた時の話。 数ヶ月も島に閉じ込められると、自然と顔見知りの隊員さんが出来る。 色々と話すうちに、よく硫黄島にまつわる…