炭鉱跡の亡霊

山(フリー写真)

小学5年生の時に体験した話。

当時は学校が終わってから友達4人で、よく近所の炭鉱跡の山で遊んでいた。

山の中腹の側面に大きな穴が開いていて、覗くと深さは5メートル位だった。

ある日、穴に入ってみようということになり、ロープとライトを持って山へ行った。

そして俺が一番に穴に入ることになった。

ロープを木に結び降りていたら、何かに足を掴まれた気がして、驚いた俺は足を滑らせて底に落ちてしまった。

俺は全身擦り傷、左足捻挫、右腕はパックリと8センチほど切れ、血まみれだった。

両方の掌は、落ちる時にロープを握っていたから、酷い擦過傷で火傷のように熱かった。

パニックになりながらライトを点けると横穴があり、奥で何かがゆらゆらと揺れていた。

「大丈夫か?」

と訊く友達。俺は強がって、

「大丈夫!早くみんな降りて来いよ」

と言った。

その声は激痛と恐怖で震えていた。

本当は叫びたかったが、友達が逃げ出して穴の中に一人取り残されるかもしれないと思ったから、必死に我慢した。

「お前、顔血だらけやんか!早く上がって来い!」

と言いながらも降りては来ない友達。

「解った!上がる。でも頼むから、俺をずっと見とってくれ。どこにも行かんでくれ!」

と半泣きな俺。

友達3人は、交代しながら俺を見ていてくれた。

もうロープを握る事が出来ない俺は、底にある岩を血まみれの手で階段状に積み上げて行った。

1メートルほど積み上げたところで、日が暮れ始めた。積み上げは止めることにし、必死で這い上がった。

やっと友達の顔が近くに見えた時、俺は安堵感からか、激痛と疲労で動けなくなった。

それでも友達3人が俺の腕を引っ張り上げてくれ、もう少しで出られると思った時、

「うわぁああ!」

と2人が叫び、走って逃げて行った。

また落ちそうになったが、1人だけ俺を引っ張り出してくれた。

「ありがとな」

とその子を見ると、その子は俺の後ろを目を見開いたまま見ていた。

俺は怖くて振り向くことが出来なかった。

その子に肩を借り、急いで山を降りた。

何を見たのか訊くと、

「血まみれのおっさん…もう居らん」

と言った。

家に帰ると、もう19時を過ぎていた。

血だらけの俺を見た両親が、どこで何をしていたのか訊くので全て話した。

そしたら母が俺を外に出し、全身に塩をかけまくった。傷に塩が滲みて地獄だった。

昔、その炭鉱では事故で何人もの死者が出たのだと、後で母から聞いた。

関連記事

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…

夜の病院(フリー背景素材)

深夜病棟の見廻り

3年程前の話です。私は地方の総合病院で看護師をしていました。準夜勤で消灯の準備をしていた時のことです。消灯の前には病室だけでなく、病棟全体を見廻る決まりでした。…

夜の窓(フリー写真)

声魂

私自身が体験した怖い話です。今からちょうど十年前、私がまだ大学生だった頃のことです。当時、私には一つ年下の彼女が居ました。彼女は霊感の強い子で、それまでにも様々…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。辺りも薄暗くなってき…

海沿いの崖(フリー写真)

無数の手

昔、趣味で釣りによく行っていた時の話。海釣りと言っても沖の方に出るのではなく、磯や岩場で釣る方だ。その日も朝早くから支度をして車で出掛けた。今回選んだ場所は、…

ジャングルジム(フリー素材)

不幸の言葉

下駄箱に手紙が入っていたことがあります。不幸の手紙です。「この手紙を24時間の内に同じ文で5人に送らなければ、お前に不幸が訪れる」と書いてあったので、家にあるコ…

ビル(フリー画像)

やっぱり連れて行かれたんだな…

この話は私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。そのビルは警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いて…

海(フリー写真)

赤旗が出る日

地元は海の前の漁師町(太平洋側)の話。ここ数年は少なくなったが、幼少の頃から海女さんの真似事をしてアワビやサザエを採ったり、釣りをするのが子供の遊びだった。朝に堤防まで…