炭鉱跡の亡霊

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

山(フリー写真)

小学5年生の時に体験した話。

当時は学校が終わってから友達4人で、よく近所の炭鉱跡の山で遊んでいた。

山の中腹の側面に大きな穴が開いていて、覗くと深さは5メートル位だった。

ある日、穴に入ってみようということになり、ロープとライトを持って山へ行った。

そして俺が一番に穴に入ることになった。

ロープを木に結び降りていたら、何かに足を掴まれた気がして、驚いた俺は足を滑らせて底に落ちてしまった。

俺は全身擦り傷、左足捻挫、右腕はパックリと8センチほど切れ、血まみれだった。

両方の掌は、落ちる時にロープを握っていたから、酷い擦過傷で火傷のように熱かった。

パニックになりながらライトを点けると横穴があり、奥で何かがゆらゆらと揺れていた。

「大丈夫か?」

と訊く友達。俺は強がって、

「大丈夫!早くみんな降りて来いよ」

と言った。

その声は激痛と恐怖で震えていた。

本当は叫びたかったが、友達が逃げ出して穴の中に一人取り残されるかもしれないと思ったから、必死に我慢した。

「お前、顔血だらけやんか!早く上がって来い!」

と言いながらも降りては来ない友達。

「解った!上がる。でも頼むから、俺をずっと見とってくれ。どこにも行かんでくれ!」

と半泣きな俺。

友達3人は、交代しながら俺を見ていてくれた。

もうロープを握る事が出来ない俺は、底にある岩を血まみれの手で階段状に積み上げて行った。

1メートルほど積み上げたところで、日が暮れ始めた。積み上げは止めることにし、必死で這い上がった。

やっと友達の顔が近くに見えた時、俺は安堵感からか、激痛と疲労で動けなくなった。

それでも友達3人が俺の腕を引っ張り上げてくれ、もう少しで出られると思った時、

「うわぁああ!」

と2人が叫び、走って逃げて行った。

また落ちそうになったが、1人だけ俺を引っ張り出してくれた。

「ありがとな」

とその子を見ると、その子は俺の後ろを目を見開いたまま見ていた。

俺は怖くて振り向くことが出来なかった。

その子に肩を借り、急いで山を降りた。

何を見たのか訊くと、

「血まみれのおっさん…もう居らん」

と言った。

家に帰ると、もう19時を過ぎていた。

血だらけの俺を見た両親が、どこで何をしていたのか訊くので全て話した。

そしたら母が俺を外に出し、全身に塩をかけまくった。傷に塩が滲みて地獄だった。

昔、その炭鉱では事故で何人もの死者が出たのだと、後で母から聞いた。

嫌がらせ

心霊とは関係ありませんが、かなり恐かった話です。 彼の元カノに嫌がらせをされていました。 着歴が毎日100件を越えるほどで、警察にも相談に行きましたが、相手にされませんでし…

夜の窓(フリー写真)

声魂

私自身が体験した怖い話です。 今からちょうど十年前、私がまだ大学生だった頃のことです。 当時、私には一つ年下の彼女が居ました。 彼女は霊感の強い子で、それまでにも様々…

コンサートホール

某コンサートホール

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。その時の体験を話そうと思います。 初めに気が付いたのは、来客総数を試算するチケット・チェックの場所でした。 私たちはもぎった…

トンネル(フリー写真)

友達だよな

ある日、数人の大学生が飲み会をしていた。 彼らは全員高校の時からの友達同士で、話題には事欠かなかった。 そして段々と盛り上がって来て、ちょっと肝試しに行こうという話になった…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。 常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。 故に深夜ビル…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。 名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。 ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。 と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。 オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。 東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

イケモ様

昔ばあちゃんの家に預けられてた時、後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。 ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く、行く所も無かったから、その祠の近くにある池でよくじいち…

話しかけてきた人影

私の祖母は、亡くなるまでに何度もこの話をしていた。それは、私の父がまだ赤ん坊だったときのこと。 ロンドンが空襲に遭い、住む家を破壊されてしまった祖母は、友人の家に身を寄せることに…