真っ黒い塊

ホテルの部屋(フリー写真)

2年程前の話です。

広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。

そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階がフロントで、そこから上がまた客室という変わった造りのホテルだった。

チェックインを済ませた私に渡されたのは、4階の2号室の鍵。

4階に降りた私が自分の部屋を探してフロアをウロウロしていると、一枚のドアに目が留まる。

その扉には部屋番号のプレートが付いていた跡はあるのだが、肝心のプレートが付いていない。

部屋の配置図を見ると、やはりそこは15号室らしい。

一部屋も無駄に出来ないその手のホテルで、折角の部屋が潰してあるのだから、きっと客室でどなたかがお亡くなりになられて使えないのだろうと思った。

私は自分の部屋を探して入った。

翌朝も早起きしなければならず一刻も早く眠りたかったので、23時前にはベットに潜っていたのだが、どうにも寝付きが悪い。

部屋の空調を調整しても、何をしても眠れない。

テレビを点けてボーッと眺めて時間を潰していたら、午前3時半頃にウトウトし始め、いつの間にか眠りに就いていた。

少しするとパッと目を覚ましてしまった。

起き上がろうとするも体が動かない。金縛りだった。

それと同時に耳元で誰かが

「アハハ。アハハ」

と笑っている声が聞こえた。

声の方を向こうとするが、金縛りのせいで体が動かない。

何とか眼球だけ動かせる事に気が付いた。

声のする方へゆっくり目を向けると、そこで笑っていたのは真っ黒い塊だった。

寝るためにメガネを外していたのではっきりとは見えなかったが、私にはそれが人の頭のように見えた。

その笑い掛けてくる人の頭のような真っ黒い塊は、スゥーッと天井近くまで上がって左右に揺れながら、私に向って

「アハハ。ハハ。アハハ」

と笑い続けていた。

恐怖で声の出ない私は、その揺れながら笑う塊を見続けていた。

何とかこの場を逃げ出したい私は、ありきたりだが心の中で必死にお経を唱えた。

するとスッとその塊は消え、金縛りも解けた。

後日判ったのですが、そのホテルでは私が宿泊する一ヶ月程前に、同じ4階で男性が焼死体で発見される事件があったそうです。

そしてその方が焼死されたのは、私の誕生日と同じ9月7日だったそうです。

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。 夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。 姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

パワーショベル

3人だけの秘密

この話は今から約20年前、私がまだ中学生だった頃の出来事です。 夏休みも後1週間程となった8月の終わり。ろくに宿題も終わっていないにも関わらず、友人2人と近所の市営プールに遊びに…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。 暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。 ところが、何故かどこもかしこも…

運転注意

先日、父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話。 その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。 入り口まで着き、…

ホテル

アンケートの忠告

私が某会員制リゾートホテルに勤めていた時、ある老夫婦に書いて頂いたアンケート用紙の内容です。 表面は通常のよくある普通のアンケートの回答でした。ホテルの従業員の対応や施設の使用感…

棲家

9歳の時引っ越した私の家には何かが居た。 主に私の部屋で、金縛りはしょっちゅう起きるし、色んな人の声もする。 壁の中からだったり、寝ている自分の上や枕元、ベッドの下からなど…

秘密基地

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。 当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。 そこには面白い物やまだ使えそうな物が…

人身事故

6月の中旬頃の話。 当時俺はバイクを買ったばかりで、大学が終わるとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。 その日も特にする事がなかったので、次の日が休み…

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。 文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。 竹林になる前、明治・…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。 メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。 昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…