押し入れの右下

公開日: 心霊体験

日本家屋(フリー写真)

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。

祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。

それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだが。

祖母は物が捨てられない性質で、家には物が溢れ、収納出来る所にはそれらが詰め込まれていた。ただ一箇所を除いて。

納戸にある押し入れの右下には、絶対に物を詰めないのだ。

理由を聞いても教えてくれなかった。

そんな祖母が5年前の夏、突然倒れてそのまま亡くなった。

私達家族と叔母夫婦で、葬儀のため家を片付けていた時、叔母が例の押し入れの右下に物を詰めてしまった。

その日の夜、私達家族だけが祖母の家に泊まった。

深夜、弟が部屋を出て行くのを感じた。

トイレだろうと思いまた眠ろうとすると、弟が駆け戻って来た。

「1階の廊下に変なのが居る」

「変なの? 虫とか?」

「違う。でも、どうせこういうのって、違う人が見に行くといないんだよ」

弟のその言葉で、幽霊の類を見たのだと思った。

私は弟と一緒に部屋を出て、階段に向かった。

弟が無言のまま私の腕を引いた。階段に居たのだ。髪の長い、着物を着たモノが。

階段を這い上がろうとしているらしい。

私の足が置いてあった台に当たってしまい、ガタッと音を立てた。

階段に居た女が顔を上げ、長い髪の間から私達の方を見た。

私は弟の手を掴み、部屋まで走って戸を閉めた。

「さっきのが廊下に居たの?」

弟が頷く。私達は黙り込んで暫く佇んでいた。

廊下を這っている衣擦れの音がする。音は廊下を何度か往復し、やがて消えた。

私と弟は黙ったまま、朝まで眠れなかった。

明け方の5時になってから私達は1階に降りた。

そして、納戸の押し入れの戸が開いているのを見つけたのだ。

戸の内側には、爪で引っ掻いたような痕が、古いものから新しいものまであった。

やはり押し入れの右下には、物を詰めてはいけなかったのか。

押し入れから物を出したことで私と弟は叱られたが、その理由を話す気にもなれなかった。

押し入れの上部には、古い御札が貼ってあった。

式に来てくれた、祖母の幼少期からの友人に、それとなく聞いてみると教えてくれた。

祖母がまだ十代の頃、病弱で伏していた姉が、押し入れで謎の死を遂げたというのだ。

何故祖母の姉が押し入れに入ったのかは判らない。

押し入れの戸を爪で引っ掻いたのは、発作か何かで苦しかったからなのだろうか。

恐らくは、私と弟が見た女が祖母の姉なのだろう。

式に来てくれたお坊さんには供養をしてもらった。

現在祖母の家は、近所の子供達にオバケ屋敷と呼ばれているらしい。

苦しげな呻き声が聞こえることがある、というのだ。

祖母の家は近日中に取り壊されることが決まっている。

あの押し入れももちろん壊される訳だが…。

関連記事

深夜の研究室

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をし…

四国のホテル

怖くないかもしれないけど、俺が昔体験した話。子供の頃、四国に家族旅行へ行った時、泊まっていたホテルで黒い着物姿の女に手招きされる夢を見た。夢の中で、俺はふらふらと抵抗す…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。ところが、何故かどこもかしこも…

不倫はダメ

叔母さんが東京で友達とアパート暮らししてた時の話。友達と服飾を目指し勉強中だった叔母は、友達とも毎日帰宅が深夜だった。今では珍しくなった木造で、外側にカンカンと音が出る…

ハイハイ

学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。 …

ヨット(フリー写真)

赤い目

親父が酒の席で怖い話となると毎回話す体験談を一つ。今から25年程前、親父が30代前半の頃の話。※親父はヨットが趣味なのだが、当時はまだ自分のヨットを持っておら…

窓(フリー写真)

霊道

私は山奥の田舎に住んでいるのですが、子供の頃に体験した話をしたいと思います。小学生も低学年の頃は親と一緒に寝るのが当たり前ですが、高学年になってくると、やはり自分の部屋が欲しく…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

医療器具(フリー素材)

謎のカルテ

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした…

5ミリ

ある大学生が自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、なにやら背後に視線を感じる。どうしても気になりふと振り返ると、背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男…